あの鬼才、ゴードン・マーレーが作るスーパーカーは既存ブランドと何がどう違うのか!?


 ゴードン・マーレ―氏が代表を務める、GMA(ゴードン・マーレーオートモーティブ)が2台のスーパーカーの発売を発表したところ、わずか数日で両車とも完売となったという。価格は億超えと超高額のスーパーカーがなぜ売れるのか? そこにはマーレー氏が培ってきた技術やノウハウが21世紀にも充分通用する証かもしれない。GMAの2台のスーパーカーの凄さに迫ってみる。

文/西川 淳写真/GMA、LCC

【画像ギャラリー】ゴードン・マーレーが奇才と言われる訳。これまでの名作を振り返ってみる(21枚)画像ギャラリー

■ブラバムF1黄金期を築いた名デザイナーだった

ゴードン・マーレー氏。F1マシンのデザイナーとして1970~80年代に数々の名(と、たまに迷)車を世に送り出した。1990年代以降はロードカーのデザイナーとして活躍中である

 今、スーパーカーオーナー界で最もホットな話題のひとつが、ゴードン・マーレーの会社、GMA(ゴードン・マーレー・オートモーティヴ)発表した「究極の2台」だ。

 1台は2020年に発表されて3日で限定100台を売り切った(オーダーベース)、T.50。もう1台が2022年1月末に発表され、これまた限定数の100台を正味5日で完売したT.33である。前者は4億円弱、後者でも2億円強という値札を掲げていたことを思い出せば、世界には金持ちがたくさんいるという事実よりも、この2台がどうしてそこまでクルマ好きのビリオネアを狂喜乱舞させたのか、そちらのほうが気になるというものだ。

 いずれのモデルもGMAの完全オリジナル開発である。その概要を記す前に、ゴードン・マーレーの凄さについて振り返っておこう。

 ブラバムの黄金期を築いた名F1デザイナーであり、マクラーレンに移ってからはホンダとのコラボレーションで最高傑作との呼び声も高いMP4/4の開発にかかわった。F1マシンの開発者人生で5度のチャンピオンシップを両チームにもたらした鬼才だ。

 F1で最高峰を極めたのち、キッパリとその職から離れて今度はロードカーの開発に勤しんだ。3シーターのマクラーレンF1やロケットといった名車を生み出している。マクラーレンF1はいまだスーパーカー界の頂点に君臨する名車中の名車であり、今では20億円近くで取り引きされるまでになっている。

  ゴードンはその後、自らのデザイン会社、ゴードン・マーレー・デザイン(GMD)を設立。日本の東レやヤマハといくつかのコラボレーションを発表したから、そちらの記憶のほうが鮮明な方も多いことだろう。

 スポーツカーのコンセプトも続けつつ、カーボンファイバーを巧みに活用したマイクロカーのアイデアを多数輩出するなど、実用から趣味まで幅広くカバーする才能を見せつけていた。

■自身の開発したマクラーレンF1を凌駕するモデルとして開発されたT.50

GMA製T.50。自身が90年代に開発したマクラーレンF1を凌駕するモデルとして開発したもの。3.9L V12エンジンは663psを11500回転で発揮するハイパーーカーだ。価格もハイパーな約4億円!!

 そんなゴードンがスーパーカーの世界に戻ってくるきっかけとなったのは、自身のキャリア50周年を祝うプライベートイベントで複数のカスタマーから、「スーパーカー界ではマクラーレンF1を超えるモデルが30年間登場していない」、という話を直接聞いたことだったらしい。

 ゴードン自身も最近の「パワー重視で重く派手」なスーパーカーのあり方には疑問を抱いていた。そして決意したのだ。自身の50周年を祝う50番目のプロジェクトはマクラーレンF1を超えるスーパーカーを作ることにしよう、と。そうして生まれたのがT.50である。

 T.50は、F1級クォリティのフルカーボンモノコックボディをもち、ミドにはコスワースと共同開発した3.9LV12自然吸気エンジンが積まれ、何とマニュアルトランスミッションのみのセンターシーター(3人乗り)で、そしてブラバムF1を彷彿とさせるファンカーでもあった。

 ポルシェケイマンくらいのボディサイズで、車両重量は1トン以下。V12エンジンは1万2100回転まで回る超高回転型ユニットで663psを発揮するというから、スーパーカーマニアであればあるほど興奮する内容だ。

次ページは : ■T.33も見た目こそ控えめだが、マーレー氏のロードカーへの想いが詰まったモデルだ

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ