一時消滅も復活を果たしたシエンタが今や看板車種に!! 快進撃成功のワケ

一時消滅も復活を果たしたシエンタが今や看板車種に!! 快進撃成功のワケ

 今やトヨタの看板車種ともいえるシエンタだが、かつて一時生産終了となり、市場から姿を消していた時期もあった。

 その後にまったく同じカタチで復活を果たし、今や大ヒットを記録するという、かなり変わった歴史を歩んできたクルマでもある。

 一体なぜシエンタはここまで人気車種になれたのだろうか!?

文/青山尚暉、写真/トヨタ、ホンダ、ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】シエンタ人気のワケは5人乗り仕様にアリ!? その車内は文句なしのデキ(12枚)画像ギャラリー

■超人気のシエンタは一時生産終了していた!? 後継モデル不発で再販の歴史

ミニバンに積極的なトヨタにあって王道のアルファードやノア/ヴォクシーと共に売れ続けているシエンタ

 トヨタはミニバンにも積極的だ。現在では上からアルファード、ヴェルファイア、グランエース、ノア&ヴォクシー、シエンタがあり、過去にはエスティマ、プリウスα、イプサム、マークX ZIO、ウィッシュ、アイシスなど多くのヒット作が存在した。

 今ではミニバンの王道はアルファードやノア&ヴォクシーのようなボックス型が主流になっているが、その中でもがんばって売れ続けているのがトヨタ最小ミニバンのシエンタだ。

 初代シエンタは日本の一大ミニバンブームの真っ只中の2003年に登場。5ナンバーボディ、女性好みのやさしいエクステリアデザイン。3列目席を「片手でポン」のシートアレンジで、女性の細腕でも簡単に格納できるなど、商品力の高さはさすがトヨタ……という感じであった。

 しかし、登場から7年目の2010年10月、販売を”いったん”終了することになったのだ。

 その背景には、2008年にトヨタ・パッソセッテ、ダイハツ・ブーンルミナスというやはり5ナンバーのリヤヒンジ式ドアのコンパクト3列シートミニバンの登場がある。

 トヨタとしては7年間も販売した初代シエンタの後継車として、シエンタより廉価な価格帯のパッソセッテをとらえていたはずだが、しかし、タイミング的にエコカー減税の導入もあり、エコカー減税の対象にならなかったパッソセッテの販売はいまひとつ盛り上がらなかったのだ。

■再販の初代シエンタはまさかのヒット……現行モデルで人気は不動のモノに

写真の「DICE」グレードを新設定して復活したシエンタ。一度ラインナップから消えたシエンタの復活に人気は再燃した

 そこで、休眠中だった!? シエンタを2011年6月に、エコカー減税対象のマイナーチェンジモデルとして復活させ、「大きすぎないミニバン」というキャッチコピーで再販売することになったのである。

 それもただシエンタを復活させただけでなく、アクティブな外観を持たせた「DICE(ダイス)」グレードを新設定。ないものねだり……ではないけれど、一時なくなったシエンタの復活ということもあって、シエンタ人気は再燃。

 その勢いのまま、2015年の夏に登場したのが2代目シエンタだ。初代に対して全長で135mm、ホイールベースで50mm延長した新型は5ナンバーサイズを守りつつも、より使える、3列目席に大人がしっかり座れるパッケージング、そして待望のHVモデルを手に入れ、進化したのである。

 今でも印象に残っているのは、トレッキングシューズをイメージしたという、初代とは異なるユニセックス的なエクステリアデザイン。派手なアクセントカラー=フレックストーン(ブルーメタリック、ブラウンパール)を選ぶこともでき、さながら「都会を走る熱帯魚」と筆者に評させたぐらいであった。

 無論、ライバルはホンダ・フリード。その存在があってこそ、両車によってコンパクトミニバンのプチブームを呼び寄せたはずである。くどうようだが、扱いやすさ抜群の5ナンバーボディにして、ライバルに比べ、3列目席の実用性ははるか上で、人気が出ないはずはなかったのである。

次ページは : ■マイチェンでダメ押しの一手! 車中泊にも最適なパッケージングがキモ

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ