お手頃な200万円台から狙える! 軽キャンパーオススメ5選

お手頃な200万円台から狙える! 軽キャンパーオススメ5選

 日本車ならでは魅力・・・。壊れない、燃費がいい、かゆいところに手が届く使い勝手の良さ。輸入車と比較した際の維持のしやすさ。全国各地に張り巡らされたディーラー網。数え上げればキリがないほどあるだろう。

 そんな数ある日本車の美点をこれでもかと詰め込んだカテゴリーがある。それは「軽キャンパー」だ。

 いま、軽自動車をベースに、キャンピングカー仕様にカスタマイズされたクルマが注目を集めている。

 メインカーとしてはもちろんのこと、置き場所や予算が許されるなら、セカンドカー、サードカーとしても魅力的な選択肢になりうる「200万円台で買える5台の軽キャンパー」をご紹介したい。

文/松村透
写真/ベストカー編集部、AdobeStock(Voyagerix,Andrey Armyagov,Fabio,simona,Paylessimages,Joaquin Corbalan)

【画像ギャラリー】お手頃な200万円台から狙える! 軽キャンパーオススメ5選(16枚)画像ギャラリー

■ズバリ、軽キャンパーの魅力とは?

お手頃な200万円台から狙える! 軽キャンパーオススメ5選
テレビやYouTube、雑誌やweb記事など「ここに行ってみたい!」と思った場所に出かけられるのが、キャンピングカーおよび軽キャンパーの魅力だ

 これはキャンピングカー全体にいえることだが「思い立ったが吉日、とりあえず着替えを持って出掛けられる」点だろう。

 朝起きて突然「旅行に行こうか」と思い立ったとする。友人・知人の家に泊まるアテがあったり、自身で別荘でも所有していれば話は別だが、宿を確保しなければならないケースが大半だろう。

 つまり、旅行をする以上、その多くは宿泊先を含めてどこかしら「事前に目的地を決める必要がある」のだ。大型連休やお盆、年末年始であればなおさらだ。

 その点、キャンピングカーであれば自由気ままだ。チェックインの時間を気にする必要もなければ、旅行に行きたいけれど、既にどこも満室で宿の予約ができない!と途方に暮れることもない。

 時間の許す限り、自分の思うがままに行動することができるのだ。つまり、自由だ。

お手頃な200万円台から狙える! 軽キャンパーオススメ5選
軽キャンパーでも4人就寝が可能なモデルも多い。今年の夏休みは軽キャンパーで目的地を決めずに旅をすれば、家族の良い思い出となりそうだ

 食事やトイレ、シャワー(お風呂)は出先で見つければいい(トイレやシャワーを装備するキャンピングカーも少なくない)。まさに着の身着のままで出掛けられる点が大きな魅力だ。

 さらに、軽キャンパーのようなコンパクトなクルマであれば、ドライバーが疲れた時点でちょっと空いているスペースを見つけて停めて休むスペースを確保しやすい(もちろん、他人の迷惑にならない場所であることが大前提だが)。

 ズバリ、軽キャンパーの魅力とは、さまざまなカテゴリーのなかでも、もっとも「自由」という時間を手に入れられるのがキャンピングカーであり、軽キャンパーかもしれない。

次ページは : ■軽キャンパーのメリットとデメリットとは?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ