これぞ、エンジョイ&エキサイティング! ワイルドなハイパワースポーツピックアップモデルの愉悦

これぞ、エンジョイ&エキサイティング! ワイルドなハイパワースポーツピックアップモデルの愉悦

 北米の車両販売において常にトップ3を独占するのが、フルサイズピックアップである。そのピックアップだが、2020年代に入ってもさらにモンスター化は止まらない。そんななかベンツの名門チューナーでさえ、ハイパワーピックアップをアメリカ市場に投入するなどホットな話題には事欠かない。

 そこで、日本にあまりなじみのないディープな北米フルサイズピックアップの実態や魅力について触れていきたい

文/石川真禧照写真/フォード、GM、ステランティス、トヨタ

【画像ギャラリー】北米の定番!! ワイルドでハッピーなスポーツピックアップモデル大集合!(15枚)画像ギャラリー

■ ブラバスからはメルセデスAMG Gクラスベースのピックアップが登場

ブラバス800XLP。Gクラスをベースにピックアップトラックにしただけにとどまらず、エンジンから内装まですべてにスペシャルに仕上げられたモデルだ。さまざまな派生モデルも存在する
ブラバス800XLP。Gクラスをベースにピックアップトラックにしただけにとどまらず、エンジンから内装まですべてにスペシャルに仕上げられたモデルだ。さまざまな派生モデルも存在する

 主にメルセデスAMGのクルマをベースにさらにチューニングしたスーパースポーツを製作しているブラバスが、AMG G63をベースにスーパーピックアップを発表した。Gクラスといえば、オフロードSUV。ワゴン形状のクルマだが、ブラバス800XLPはリアドアのうしろからボディを切り、荷台としている。つまりトラックにしたのだ。

 AMGをベースにしたトラック? といぶかる人もいるかもしれない。しかし、実は乗用ユースを目的としたピックアップトラックは世界的なマニアが存在するカテゴリーなのだ。

Gクラスワゴンのボディ後部の屋根と車体を切り取って荷台にしてしまうなんて、カワイイもの。グーグルで「ロールスロイスのピックアップ」と検索すれば新旧ロールスロイスのトランク部分やリアシート部分からトラックの荷台に改造したクルマがゴロゴロ出てくる。

■北米市場での売り上げ上位はフルサイズピックアップモデルの独壇場なのだ

 ロールスロイスだけではない。フェラーリやベントレーにもピックアップは存在している。それだけピックアップマニアが多いということなのだ。

 ベースになるピックアップだって、「リアに荷台を付けたトラックなんて、マイナーな存在」と悔ってはいけない。

 例えば、北米市場の販売台数ベスト5を調べてみると、2021年は1位がフォードF150で72万6004台、2位はダッジラムで56万9788台、3位はシボレーシルバラードで52万9765台。これがベスト3。4位にはトヨタRAV4、5位にホンダCR-Vが入っている。RAV4とCR-Vは日本でもおなじみのSUVということはわかる。

 では1位のフォードF150や2位のダッジラム、3位のシボレーシルバラードというのはどのようなクルマなのだろうか。

次ページは : ■北米での熾烈な販売競争が、ピックアップトラックの超絶進化をもたらしている

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!