これぞ、エンジョイ&エキサイティング! ワイルドなハイパワースポーツピックアップモデルの愉悦


 北米の車両販売において常にトップ3を独占するのが、フルサイズピックアップである。そのピックアップだが、2020年代に入ってもさらにモンスター化は止まらない。そんななかベンツの名門チューナーでさえ、ハイパワーピックアップをアメリカ市場に投入するなどホットな話題には事欠かない。

 そこで、日本にあまりなじみのないディープな北米フルサイズピックアップの実態や魅力について触れていきたい

文/石川真禧照写真/フォード、GM、ステランティス、トヨタ

【画像ギャラリー】北米の定番!! ワイルドでハッピーなスポーツピックアップモデル大集合!(15枚)画像ギャラリー

■ ブラバスからはメルセデスAMG Gクラスベースのピックアップが登場

ブラバス800XLP。Gクラスをベースにピックアップトラックにしただけにとどまらず、エンジンから内装まですべてにスペシャルに仕上げられたモデルだ。さまざまな派生モデルも存在する

 主にメルセデスAMGのクルマをベースにさらにチューニングしたスーパースポーツを製作しているブラバスが、AMG G63をベースにスーパーピックアップを発表した。Gクラスといえば、オフロードSUV。ワゴン形状のクルマだが、ブラバス800XLPはリアドアのうしろからボディを切り、荷台としている。つまりトラックにしたのだ。

 AMGをベースにしたトラック? といぶかる人もいるかもしれない。しかし、実は乗用ユースを目的としたピックアップトラックは世界的なマニアが存在するカテゴリーなのだ。

Gクラスワゴンのボディ後部の屋根と車体を切り取って荷台にしてしまうなんて、カワイイもの。グーグルで「ロールスロイスのピックアップ」と検索すれば新旧ロールスロイスのトランク部分やリアシート部分からトラックの荷台に改造したクルマがゴロゴロ出てくる。

■北米市場での売り上げ上位はフルサイズピックアップモデルの独壇場なのだ

 ロールスロイスだけではない。フェラーリやベントレーにもピックアップは存在している。それだけピックアップマニアが多いということなのだ。

 ベースになるピックアップだって、「リアに荷台を付けたトラックなんて、マイナーな存在」と悔ってはいけない。

 例えば、北米市場の販売台数ベスト5を調べてみると、2021年は1位がフォードF150で72万6004台、2位はダッジラムで56万9788台、3位はシボレーシルバラードで52万9765台。これがベスト3。4位にはトヨタRAV4、5位にホンダCR-Vが入っている。RAV4とCR-Vは日本でもおなじみのSUVということはわかる。

 では1位のフォードF150や2位のダッジラム、3位のシボレーシルバラードというのはどのようなクルマなのだろうか。

■北米での熾烈な販売競争が、ピックアップトラックの超絶進化をもたらしている

フォードF150は北米のベストセラー車である。V6 2.7L~3.5LのターボエンジンとV8 5Lの自然吸気エンジンをラインナップ。2022年モデルよりEVも追加された

 実はこの3車は荷台付きのピックアップトラックなのだ。つまり、北米で売れているクルマの上位3車は、ピックアップトラックということになる。しかも、この3車は全長が5.9m、全幅2.5m、全高2mという超ビッグサイズなのだ。アメリカのユーザーはこういうクルマに好んで乗っている。EVやHVが話題になっているのはごくかぎられた試乗なのだ。

 日本にはこの3車は正規輸入されていないが、熱心なピックアップファンは存在する。ボディサイズは小さいが、トヨタハイラックスサーフや一時期逆輸入されていた三菱トライトンというピックアップもある。

 最近ではジープが、グラディエーターというジープラングラーをベースにした4ドアのピックアップを日本市場に投入。輸入、販売していたが、ローンチ時の販売価格770万円、400台限定が、発表から3カ月で完売してしまった。

 このクルマも全長5.6m、全幅1.9m、全高1.85mのピックアップだ。エンジンはV6の3.6L、284psのガソリン仕様だが、ジープを生産するステランティスは、3月に450psを発生する「ハリケーン」というハイパフォーマンスエンジンを発表している。

 スーパーエンジン投入の理由は、ライバルたちへの対抗策。ピックアップトラックの世界は超絶なパワー競争になっているのだ。

次ページは : ■ブラバスは800ps、対するアメリカ勢もどんどんハイパワーモデルを発売して迎え撃つ

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ