テスラ1強後退? 世界で最も売れたEVメーカーは? 技術系最新ニュース6選

テスラ1強後退? 世界で最も売れたEVメーカーは? 技術系最新ニュース6選

 本誌『ベストカー』にて、毎号技術系の最新情報や気になる話題をお届けしている「近未来新聞」。

 今回は日経新聞発表の2021年のEV販売世界ランキング、大阪万博で注目される空飛ぶクルマ、ロシアのウクライナ侵攻で変動する中古車相場などの話題をお届けします!

※本稿は2022年4月のものです
文/角田伸幸、写真/TESLA、ベストカー編集部、AdobeStock(トップ画像=navee@AdobeStock)ほか
初出:『ベストカー』2022年5月10日号『近未来新聞』より

【画像ギャラリー】各トピックを20秒でチェック! テック系最新ニュースをギャラリーで見る!!(6枚)画像ギャラリー

■EVの販売ランキング人気だったのはどこ?

昨年は93万台超を売り上げたテスラ。3月のベルリン郊外の新工場稼働で、年産200万台体制を実現
昨年は93万台超を売り上げたテスラ。3月のベルリン郊外の新工場稼働で、年産200万台体制を実現

 2021年に販売されたEVのメーカー別ランキングを日本経済新聞がまとめた。

 下がそのトップ5を抜粋したもの(TOP20については画像ギャラリーにて)。

●2021年のEV世界販売ランキング
・1位 テスラ(米)
2位 上海汽車集団(中)
3位 フォルクスワーゲン(独)
4位 BYD(中)
5位 日産・ルノー・三菱アライアンス(日・仏)

 販売台数を見るとかつてのテスラ一強のような状況は変わりつつあり、10万台超のメーカーが11社もある。

 それでもテスラは強い。昨年は93万台超を売り上げている。しかもその大半をモデル3とモデルYという2車種だけで達成したのだから凄い。

 2位の上海汽車集団だが、傘下の上汽通用五菱汽車が販売した「宏光MINI・EV」のヒットが大きい。日本でも話題となった50万円の激安EVだが、中国の地方や農村部で需要が高いようだ。

 5位には我らが日産・ルノー・三菱アライアンスが入った。リーフに加えて、ルノーが欧州で販売しているゾエの人気が効いた。今年はアリアとSAKURAも加わり、さらなる躍進を期待できる。

 躍進したのがフォードだ。昨年発売したマスタング・マッハEが欧米でヒットし、たった1車種で5.5万台を売り上げ、19位に入った。

 日産・三菱以外の日本勢はホンダが27位、トヨタが29位と精彩を欠く。bZ4X/ソルテラを皮切りに反攻に転じることを期待したい。

 EV市場はまだまだ激戦区。今年も思わぬ大波乱が起きるに違いない。

次ページは : ■空飛ぶクルマの幕開け!? 大阪万博の概要判明!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!