またもや中国車! 270万円EV 「元PLUS」とは? ANAが「空飛ぶタクシー」へ?? クルマ界近未来ニュース3選

またもや中国車! 270万円EV 「元PLUS」とは? ANAが「空飛ぶタクシー」へ?? クルマ界近未来ニュース3選

 本誌『ベストカー』にて、毎号テック系の最新情報や気になる話題をお届けしている「近未来新聞」。

 今回は270万円で充実装備のEV BYD製コンパクトSUV「元PLUS」とは? JAL&ANA、コロナ禍からの復活に向けて動き始めた航空業界の巨人たち、レース向け人工知能がレースゲームの世界王者たちに圧勝! などの話題をお届け!!!

※本稿は2022年3月のものです
文/角田伸幸、写真/AdobeStock、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年4月10日号『近未来新聞』より

【画像ギャラリー】テック系の最新情報が素早くわかる!!! 「近未来新聞」トピックをギャラリーでクイックチェック!(7枚)画像ギャラリー

■充実装備で270万円!! 中国製EVの激安ぶり

 お隣の中国ではお手頃なEVが続々と登場しているが、また1台、競争力のありそうなモデルが加わった。BYD(比亜迪汽車)の発売した「元PLUS」がそれだ。

 BYDとは広東省深セン(センは土へんに川)に拠点を構える民間の自動車メーカー。乗用車では中国の歴代王朝を車名にしたラインナップが主力で、「漢」「秦」「唐」「宋」「元」といったモデルを擁する。

「元PLUS」はそのなかの「元」から派生した電動コンパクトSUVで、4475mmという全長は日産リーフとほぼ同じ。バッテリー容量は50kWと61kWがあり、後者は公称510kmの航続距離を誇る。

BYD製のEV「元PLUS」

 装備も必要十分。ハイテク感のある車内には15.6インチの大型ディスプレイが備わり、4G通信やACC、車線維持、自動駐車といった高度な運転支援装置も搭載する。1クラス上の高級EVにも負けない装備内容なのだ。

 そして驚きなのが価格。これだけの内容を持ちながら、元PLUSの価格は50kWモデルが約14万元(約252万円)、61kWモデルが約15万元(約270万円)という爆安プライスなのだ。

 最近日本にも導入されたヒョンデ・アイオニック5でも感じたが、中韓勢のEVは品質も値付けも攻めている。日本メーカーは足をすくわれないように、要注意だ。

■ANAが「空飛ぶタクシー」実現へ!? JALはドローン物流を商用化???

 オミクロン株の流行で再び苦境に陥っている航空業界だが、ANAとJALが復活に向けて動いている。

 まずANAだが、アメリカの新興企業ジョビー・アビエーションと組んで、日本での「空飛ぶタクシー」実現に向けた運行サービスの検討を始めた。ジョビーは空飛ぶタクシーにおけるトップランナー企業のひとつであり、すでにトヨタが4億ドルを出資していることでも知られる。

 ジョビーが開発中の機体は5人乗りで、最大航続距離は240km。ANAはこの機体の運行管理はもちろん、パイロットの養成や法整備でジョビーと連携し、日本でのサービス実現を急ぐ考え。具体的には、現在クルマで1時間程度かかる関西空港〜大阪駅間を、15分で結ぶサービスなどを考えているようだ。

 一方JALだが、KDDIと組んでドローン物流の商用化に動き出した。

 ドローンについては航空法が改正され、いよいよ今年末から有人エリアにおける目視外飛行(レベル4飛行)が可能になる。JALとしてはそこから時間を置くことなく、翌2023年度にも商用サービスを開始するとのこと。

 これまで離島や山間部は、物流で大きなハンディを背負ってきたが、ドローン物流がその改善に大きく貢献することは間違いないだろう。

 まだまだ厳しい日本の空だが、明るい未来も見えている。期待しよう。

■トップゲーマーに圧勝! レース用AIの破壊力

 1997年にチェス。2013年に将棋。2016年に囲碁。これは、それぞれの分野でトッププロがAI(人工知能)に初めて敗れた年なのだが、その歴史に「2021年にレースゲーム」という項目が加わりそうだ。

 レースゲーム「グランツーリスモ」を手掛けるポリフォニー・デジタルが、ソニーAIなどと共同で発表したレース向け人工知能「グランツーリスモ・ソフィー(以下ソフィー)」。このAIが昨年、グランツーリスモの世界チャンピオンたちを相手にレースを行い、全戦全勝という快挙を成し遂げたのだ。

 その時の映像を見ると鳥肌が立つ。加減速からラインどりまで、すべてが人知を超えている。レースのマナーまで身に着けていて、追い抜きの際には対戦相手の走行ラインに考慮するといった器のデカさを見せる点もすごい。

 この神々しいレーシングAIの成り立ちなのだが、深層機械学習の一分野である強化学習という手法から生まれた。

 強化学習とはいわば「報酬がいちばん多くなるような行動を自分で発見しろ」という命令なので、今回の場合は「最も速いコースの走り方を見つけろ」ということになる。

 とはいえその試行錯誤には膨大な時間がかかるわけで、それを支えたのが多くのPS(プレイステーション)4による分散処理。世界各地にある1000台ものPS4にソフィーの分身を作り、それぞれが異なる走り方を試みることで、効率的な学習が可能になったのだそうだ。

 ソフィーが今後に及ぼす影響だが、ソニーが開発を進めるEVに、ドライバーを助けるエージェントとして実装される可能性は高いだろう。

 しかしそれよりも衝撃的なのは、スポーツドライビング自体を塗り替えてしまいそうなことだ。いまや多くの棋士がAIから囲碁、将棋を学んでいるように、近い将来トップドライバーがソフィーからドライビングを学ぶことはあり得る。未来のフェルスタッペンやハミルトンは、AIが生み出すのかもしれない。

次ページは : ■そのほかの近未来系ニュースを20秒でチェック!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ