スカイライン後継にかつての「スカイラインクロスオーバー」が再登場!?


 かつて日産はカッコいいSUVのフルラインメーカーだった。ところが最近の日産は世界的なSUV全盛のなか、ちょっと元気がない印象だ。そんななか得意の電動化技術「e-POWER」をひっさげSUV市場での巻き返しを図ろうとしているとの情報がある。そのひとつが「スカイラインクロスオーバー」だという。かつての同モデルにふれつつ、本当に復活があり得るのか検証してみたい。

文/遠藤 徹写真/日産自動車、インフィニティ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】日産のSUV栄枯盛衰記……トレンドセッター奪還なるか、頑張れ日産!(20枚)画像ギャラリー

■かつての日産はフルラインSUVメーカーだったが……

「スカイラインクロスオーバー」。北米では「インフィニティEX」として販売。日本でほどよいサイズ感で売れるはずだったが、V6の3.7Lをメインとした高級化の販売戦略が仇となり売れなかった

 日産はこのほどスカイライン、フーガ、シーマの各ハイブリッドカーの生産中止を明らかにした。スカイラインターボは当面継続するが、フーガとシーマは全車モデル廃止となる。

 販売店筋によると、「スカイラインもいずれは生産中止し、日産は国内のセダン市場から全面撤退するようだ。」といった見方が強まっている。国内のセダンマーケットが極端に縮小し、販売を継続することが難しくなっているためである。

 ただ、「名車スカイラインのブランドは継続すべきだ」という販売店や既納日産ユーザーの声は根強い。そこで囁かれているのが「スカイラインクロスオーバー」の再登場である。

 日産はかつて上級クロスオーバーSUVとして「スカイラインクロスオーバー」や「ムラーノ」を生産販売していた。10余年ほど前の当時、SUV市場はそれほど拡大していなかったが、当時のカルロス・ゴーン社長は「これからはSUVの時代だ。」と断言してSUVラインナップの強化を主導した。

 この結果、ジューク、デュアリス、エクストレイル、ムラーノ、そしてスカイラインクロスオーバーまでのコンパクト、ミディアム、アッパーミディアム、ラグジュアリーまでのフルラインナップを完成させ、国内では一時クロスオーバーSUV市場のトップメーカーにのぼり詰めたものだった。

■初代が売れても2代目は改良レベル、売れなければ即廃止の悪循環でSUV王国はあっけなく崩壊

 ところが、これらのSUVラインナップはその後トーンダウンし、売れゆき不振に見舞われ、相次いで生産中止に追い込まれてしまった。現在継続しているのはエクストレイルとジュークの後継モデルであるキックスの2車種にとどまっている。

 最近はグローバル規模でSUV時代が到来しており、トヨタをはじめ各社は相次いで幅広いクラスの新型車を投入し、同マーケットは隆盛の時代を迎えようとしている。特に最近になってSUVのラインナップを強化しているのはトヨタのほかマツダ、ホンダ、スバル、三菱、ダイハツ、スズキの各社で、国産乗用車メーカーのほとんどが戦略ニューモデルを投入しつつある。

 特に今後力を入れることが予想されるのはアッパーミディアムやラグジュアリークラスである。マツダはラグジュアリークラスでCX-60やCX-80を今年末から2023年に投入、ホンダも今秋にはアッパーミディアムの新型クロスオーバーSUVを発売する。

 日産もこうした流れのなかでアッパーミディアムクラスの「新型スカイラインクロスオーバー」の開発を進めるべく商品企画を立案しつつあることが濃厚となっている。従来のような3.7LのV6モデルではなく、新開発のe-POWERユニットを搭載する可能性が強い。

次ページは : ■SUV+e-POWERが日産のキラーコンテンツとなるのか?