【ムラーノ、デュアリス、スカイラインクロスオーバー…】日産製SUVの消えた事情と復活可能性


 日産が倒産の危機だった1990年代末、カルロス・ゴーンCOO指揮の下大規模なリストラと車種整理を行った日産は、2000年を迎えた頃から多くの新型SUVをラインナップに加えていった。

 エクストレイル(2000年)、ムラーノ(2004年)、デュアリス(2007年)、そしてスカイラインクロスオーバー(2009年)など、それまでセダンやワゴンが中心だった日産が、SUVを続々と発表したのだ。

 しかしながら、これらのSUVの半数以上が、現在日本では販売されてない。日産のSUVが続々と消えていった事情とは何なのか。元自動車メーカーのエンジニアだった筆者が、その理由と“復活の可能性”について考察する。
文:吉川賢一


■なぜ消えていったのか?

 今回は、デビュー当時非常に話題となった「ムラーノ」、「デュアリス」、「スカイラインクロスオーバー」の3台をピックアップするが、それぞれが「消えていった理由」は少しずつ異なる。
 以下、それを一台ずつ見ていこう。

■ムラーノ(2004-2015年、二世代で消滅)

 ムラーノは、当時ティアナにも使われていたFF-Lプラットフォームを使用した高級SUVである。2002年から主戦場の北米で販売されていたが、そのデザインのよさに国内市場から販売熱望の声が上がり、2004年に日本でも発売となった。

 伸びやかなモダンアートデザイン、コンセプトは2代目であるZ51型ムラーノにも受け継がれ、現在もその美しいデザインをもって北米市場で3代目Z52型ムラーノが健在である。北米のみならず中国やロシアなどで、「NISSANのスタイリッシュなSUV」として、世界的に認知されており、海外では今なお好評を得ている。

初代ムラーノは2002~2008年、2代目は2008~2015年まで日本で販売していた。現在北米市場では3代目が販売されており、好調に売れている

【ムラーノが消えたワケ】
 国内市場で最後となった2代目「ムラーノ」には、直4、2.5LとV6、3.5Lエンジン、4WDとFFも用意し、価格を抑えた仕様も用意はされていたものの、新車価格で297~499万円とかなり高額であり、販売台数は徐々に伸び悩んでいった。

 また、北米市場でのヒットを契機に、2代目はボディサイズも一回り大きくなったことも、道路事情が狭い日本で人気が落ちる要因となり、国内では在庫終了した2015年で販売終了となった。

次ページは : ■デュアリス(2007~2014年、一世代で消滅)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ