レガシィ、ハリアーなど 日本車らしからぬ個性を発揮したコラボ車5選


■時代に先駆けて生まれた日米合作クロスオーバー「トヨタ ヴォルツ」

 トヨタとGMのコラボから2002年に誕生したのが「ヴォルツ」だ。企画とデザインは、トヨタとGMが共同で行い、設計・評価をトヨタ、生産はトヨタとGMの合弁会社であったアメリカのNUMMIにて行われた。海外で生産され日本車として輸入販売されたクルマだ。

2002年8月、日本ではネッツ店でスプリンターカリブの後継として販売されたトヨタ ヴォルツ。販売は思うように伸びなかった

 ユニークだったのは、そのコンセプトだ。ミニバンのような広い室内空間を持つSUVテイストのスポーツユーティリティワゴンと名乗った。今であればクロスオーバーという呼び方をするだろうが、なにせ2002年当時は、今ほどSUVが増えていたわけではない。

 また、日本だけでなくアメリでも販売されることから、サイズが微妙に大きかった。1.8Lエンジンを搭載しつつ、全長4365×全幅1775×全高1605mmというサイズは、当時の日本車としては幅が大きすぎ。同じアウトドアテイストのワゴンである「スプリンター カリブ」の全長4360×全幅1695×全高1505mmと比べると、8cmも幅広かったのだ。

 案の定、「ヴォルツ」の売れ行きはいまひとつで、1世代でその生涯を終えることになる。ただし、SUV全盛の現代であれば、また違った結果になったはず。20年ほどデビューが早かったのではないだろうか。

【画像ギャラリー】万人受けなんて気にしない! 自動車業界の個性派コラボ車を画像でチェック!(12枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ