レガシィ、ハリアーなど 日本車らしからぬ個性を発揮したコラボ車5選


 ファッション業界をはじめ音楽業界、果てはお菓子にまである「コラボ」。異なる個性が力を合わせることで、新たな魅力を生み出す手法だ。

 そんな「コラボ」は、当然、自動車業界にも存在する。過去にあった個性派コラボを紹介しよう。

文/鈴木ケンイチ
写真/TOYOTA、MODELLISTA、スバル、三菱

【画像ギャラリー】万人受けなんて気にしない! 自動車業界の個性派コラボ車を画像でチェック!(12枚)画像ギャラリー

■家電や化粧品、印象メーカーとの異色コラボ「Will Vi」

 21世紀を目前とした1999年、トヨタは異業種合同プロジェクト「Will(ウィル)」に参加した。これはトヨタ、アサヒビール、花王、近畿日本ツーリスト、松下電器産業といった業種の異なる5社がコラボして、「遊びゴコロと本物感」を兼ね備えた新商品を生み出そうというもの。

 最近は、電動化によって「クルマが家電化するのでは?」と心配する人がいるけれど、20年も前に、トヨタが率先して家電メーカーなどとコラボしていたのだ。

 そこで生まれたトヨタのコラボ製品が「Will Vi(ウィル ヴィアイ)」だ。プロジェクト発表の翌2000年1月に発売された、1.3Lエンジンを搭載するFFの4ドアコンパクトカーだ。

『シンデレラ』のカボチャの馬車をモチーフ」としたというトヨタ Will Vi

 このクルマの特徴は、斬新なデザインにある。ボンネットもルーフも見事に丸くなっており、まるでカボチャを切った断面のように見えた。当時も今も、そのデザインは、実用車というよりもオモチャそのものに思える。異業種とのコラボということで、振り切ったデザインが採用されたのだ。

 しかし、そんな超個性派のクルマでも発売1カ月で目標の3倍となる約4500台を受注したというから、トヨタの販売力は恐るべきものがある。ただし、その後の販売は尻つぼみとなり、翌2001年12月に生産を終了。

 しかし、ここでプロジェクトが終わらない。なんと、2001年に「Will VS」、2002年には「Will サイファ」とプロジェクトによる新型車が続々と登場したのだ。

 とはいえ、最終的に「Will」は消え去る。正直、「Will」プロジェクトはビジネス的に成功とは言えなかったが、それでも新型車を3台も続けられたこと自体が、トヨタの懐の深さ、余裕の大きさを示しているだろう。

■スバル×ポルシェのコラボで大人気シリーズに! 「レガシィ・ブリッツェン」

 スバルのイメージカラーといえば青。WRCで活躍したラリーカーを筆頭にスポーティなモデルは、ほぼすべてブルーがイメージカラーとなってきた。そんな中で、正反対の赤をまとったのが「レガシィ・ブリッツェン(BLITZEN)」。

人気車だった3代目と4代目モデルに設定されたブリッツェン。グリルはレガシィの標準車に比べるとシンプルなデザインで、ブリッツェン専用色となるレッドのインパクトも強かった

 スバル(当時は富士重工業)とポルシェ・デザイン社のコラボで生まれた特別仕様車だ。最初のモデルの発売は2000年2月。機能美の追求をテーマに、オリジナルの前後バンパーとフロントグリル、リヤスポイラー、アルミホイール、フロントヘリカルLSD(MT車のみ)を装着。

 また、専用色プレミアムレッドを設定して、従来のスバル車とは一線を画す存在となったのだ。

 「ブリッツェン(BLITZEN)」はドイツ語で「稲妻が輝く」を意味し、「稲妻のように走る過ぎる」光景をイメージして名付けられたという。

 スバル×ポルシェのコラボということもあってか、「ブリッツェン」は人気モデルとなり、2002年3月に「ブリッツェン2002モデル」、同年8月に「ブリッツェン6」、2003年1月に「ブリッツェン2003モデル」、2005年1月に「ブリッツェン2005モデル」、2005年12月に「ブリッツェン2006モデル」と毎年のように発売されることになる。

 スバルのスポーティなイメージを高めた、大成功コラボと言えるだろう。

次ページは : ■優等生的なハリアーがイタリアン・デザインでアグレッシブに! 「ハリアー・ザガート」