祝トヨタ ル・マン5連覇!! 平川初優勝!! “口数少ない若武者”平川亮の真価と進化

祝トヨタ ル・マン5連覇!! 初出場で初優勝!! “口数少ない若武者”平川亮の真価と進化

 2022年6月12日、フランス、サルトサーキットでWEC第3戦、ル・マン24時間レースが行われた。

 トヨタの5連覇、さらに昨年同様1-2フィニッシュで幕を閉じた2022年のル・マンは、平川亮の健闘が光ったレースでもあった。

 寡黙な若きサムライ、平川亮のル・マンでの戦いを段純恵氏がレポートする。

文/段純恵、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】ベテラン・ブエミが思わずキス!! 初参戦で優勝を味わった寡黙な若きサムライ平川亮のル・マン2022(14枚)画像ギャラリー

■ル・マン24時間2022 トヨタ盤石の5連覇

2022年のル・マン24時間レースを制したGR010 HYBRID 8号車(ドライバー:セバスチャン・ブエミ、ブレンドン・ハートレー、平川亮)

 トヨタが盤石(に見える体制の構築には様々な苦労があったが、それはまた別の稿で)の1-2フィニッシュで5連覇を飾った今年のル・マン24時間レース。その表彰台で起きたあるシーンに筆者は思わず「シェーっ!」とはしたない声を上げてしまった。

 優勝した8号車のセバスチャン・ブエミ、平川亮、ブレンドン・ハートレーが中央の台に上がった時、トヨタの最年長ドライバーであるブエミがすぐ隣の平川をやおら抱きしめ、若き同僚の頬に熱いキスを贈ったのである。

 驚いたのは「コロナ禍なのに」といったしょーもない了見ではなく、ブエミが沸き上がった思いを人目も憚らず相手にぶつけるタイプとは知らなかったからだ。

 もちろん彼が『熱い』ドライバーであることは知っていた。WECで念願のドライバーズ選手権を獲得した翌年、カーナンバー1を背負って臨んだ2015年のル・マンでトヨタは大苦戦。当時のマシンが実はドライバーにとって超乗り辛かったと言えば理由は想像できるだろう。

 総合8番手で最後のステアリングを任されたブエミは無線で何度も「この状況は将来のためにあるんだ! ここからが新しいスタートなんだ!」とチームにむけて叫んでいたという。

 トヨタのWEC活動を黎明期から支えてきた最後のドライバーであるブエミが、盟友・中嶋一貴に替わるドライバーとして日本から送り込まれた平川にどういう印象を抱いたか。それまでにも日本の若手が何度かテストやル・マンで走ったが、ブエミに限らずチームの面々に強い印象を残すには至らなかった。

 F1でもWECでも世界選手権クラスのトップチームでは、親会社の国籍に関係なく、スタッフは多国籍が当たり前だ。そんな職場で働きを認められるには、実力、コミュニケーション能力、そして人柄がモノを言う。

 特にドライバーの場合、困難にぶつかってもそれを乗り越える鋼のメンタルが必須で、流暢な英語よりも、どんなに厳しくとも物事に正面から向き合う勇気こそが求められる。

■初参戦の無口な若武者がル・マンを制した

2位でフィニッシュしたのはGR010 HYBRID 7号車(ドライバー:マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス)。昨年に続いての1-2フィニッシュとなった

 筆者が初めて平川に会ったのは2016年WEC開幕戦、同業の先輩に誘われて行った同時開催のヨーロピアン・ルマンシリーズのパドックでだった。

 言葉数の少ない真剣な表情の若者の第一印象を正直に言えば「クラい子やなぁ」だった。ただその言葉の端々に思考の確かさと誠実さが感じられ、かなりの頭脳の持ち主という印象が強く残った。

 その翌年スーパーGTの現場で話をしていたトヨタとライバル関係にあるメーカーのエンジニアが「あいつはいいよ」と指差した先を、前年シルバーストンで少し話をした若者が歩いていた。それが史上最年少でその年のSGT王者に輝いた平川だったことは言うまでもない。

 2021年秋、WECで中嶋の後任話が持ち上がった時、平川も内心の動揺はあったが、ほどなくそれは闘争心に変わったという。

「決まるまでがプレッシャーでした。中嶋さんの後任はなかなか重いものがあるし、それにレースもチームのレベルも高い。そこに自分が対応できるのかどうか。

 でも自分ではなく自分を認めてくださった方々の判断を信じて、スポンサーやファンのためにもしっかり結果を出していこう、自分が世界で活躍できることをみせていくことが日本の若手ドライバーの目標になるだろうし、日本人への評価にもつながる。

 そう考えてから、思い切ってやってやろうと気持ちが切り替わりました」。

 開幕前のアラゴンやポールリカール、そしてセブリングで行われたテストの時から、平川の走りにチームの誰もが一目置いた。

 速さはあるけど大きなミスはない。路面状態に関わらずラップタイムを淡々と刻み、不測の事態が目の前で起きても素早く正しい判断をする。

 使用言語が英語に替わっても言葉数は変わらないが、GR010HYBRIDという複雑なマシンの理解に努力を惜しまず、欧州各国の複雑な事情を勉強しそれぞれの国民性を推し量りながらも、日本人としてのアイデンティティを感じさせる平川の佇まいに、スタッフはかつて短期間チームで走った日本の若者とは異なる『若きサムライ』の姿を見た。

次ページは : ■若きサムライの闘いは続く