なんでタクシーは未だにフェンダーミラー!? もういい加減変えてもいいんじゃね?


 世界的に見て日本はドアミラー化はかなり遅かった。当時の法規制などが最大の要因であったが、今や自家用車のほとんどがサイドミラーを採用している。だが、タクシーは別でほぼすべての車両が未だフェンダーミラーなのだ。

 30型セドリックやコンフォートならまだしも、JPNタクシーですら同様なのだ。もう21世紀になって20余念も経つのに一体なんでよ……。

文:永田恵一/TOYOTA

【画像ギャラリー】現在もフェンダーミラー仕様のJPNタクシーを画像でチェック(13枚)画像ギャラリー

■もはや絶滅危惧種!! 新車で買えるフェンダーミラー車はJPNタクシーだけ

 ドアミラーの解禁が遅かった日本だが、それでも1990年代になるとフェンダーミラー車を見ることほとんどなくなっていた。あるとすれば1980年代前半までのクルマか公用車&タクシーくらいになり、現在はセダンのタクシーでもフェンダーミラーは減る一方だ。

 しかし、その中でもトヨタのタクシー専用車である2017年登場のJPNタクシーは未だフェンダーミラーを採用しているのだ。

いまだにフェンダーミラーを採用しているJPNタクシー

 ここでは2年ほど前までフェンダーミラーの先代センチュリーに乗っていた筆者がミラーの移り変わりを振り返り、フェンダーミラーの○と×やJPNタクシーが採用した意義をを考えてみた。

■欧米と日本は20年も差が! とにかくドアミラー解禁が超絶遅かった

 自動車黎明期の後方確認用ミラーはフェンダーに装着されていたが、欧米では1960年代からドアミラーが主流となっていた。しかし、日本の法規ではフロントノーズのない1BOXカーやトラック以外、ドアミラーはなかなか認められなかった。

 それでも日本でドアミラーが認められないのは海外メーカーから「非関税障壁だ」という批判があったこともあり、輸入車では1977年頃からドアミラーが解禁。日本車も1983年からドアミラーが認可されるようになった。

 ドアミラーが認可されると1983年5月登場の日産パルサーエクサターボを皮切りに、ドアミラーを想定していた既存車を含め一気に普及した。

 ドアミラーの解禁後もフェンダーミラー仕様を設定するモデルはあったが、それも徐々に減り、オーナーカーで設定があったのは2000年登場のトヨタセルシオの3代目モデルや2001年登場の日産シーマの4代目モデルあたりが最後となった。

 その後フェンダーミラー仕様はトヨタコンフォートや日産セドリックセダンといったタクシーに使われるモデルと2代目モデルまでのトヨタセンチュリーに残ったくらいで、現在フェンダーミラー仕様があるのはJPNタクシーだけである。

■【性能比較】やっぱりドアミラーが機能的にイイ!? フェンダーミラーのメリットは少ない

 筆者は2年前まで2代目センチュリーのフェンダーミラー仕様に乗っていたのだが、視線移動が少ないのは楽であった。この点はミラーの確認のために助手席側を見ることがなくなるのにもつながるので、タクシーや公用車で助手席に人が乗った際には好都合だと感じている。

 そして全幅の広いクルマだとフェンダーミラーのほうが実質的な小さくなるという点だ。実際に運転してみるとフェンダーミラーは視線の先に設置されているために、全幅の目安にもなるため運転しやすい面があるのだった。

 ミラーtoミラーに関しては全幅1890mmの2代目センチュリーでもコンパクトカー並の2000mm以下に抑えられ、全幅1695mmのJPNタクシーも1865mmと、同じ全幅でドアミラーのシエンタの2040mmに対し大幅に小さくなるのである。。

 一方ネガティブな面も多々あったのも事実である。まずは情報量の少なさだ。遠くに小さなミラーが付くフェンダーミラーと近くに大きなミラーが付くドアミラーとを比較すると、やはりフェンダーミラーから得られる後続車両などといった情報量はドアミラーに対し劣る傾向にあるのだ。

 ちなみにフェンダーミラーの多くが、ドアミラーのように自在に鏡面を操作できないものが多く、だれしもが安全に使えるシロモノではないという面もあるのだ。

フェンダーミラーから得られる後続車両などといった情報量はドアミラーに対し劣る傾向にある

 フェンダーミラーの大きなメリットは一般ユースではほぼなく、タクシーや公用車でも助手席側を覗き込むようなことがなくなることだけだろう。それだけにフェンダーミラーがドアミラーに移行したのは、ちょっと考えただけでもよく分かる。

次ページは : ■それでもJPNタクシーはフェンダーミラーを使い続けるべきなのか