10年故障なしは日本車では当たり前と侮ることなかれ! 最低限のメンテで車齢が変わる 新車から10年以上長く乗るための5つのターニングポイント

10年故障なしは日本車では当たり前と侮ることなかれ! 最低限のメンテで車齢が変わる 新車から10年以上長く乗るための5つのターニングポイント

 昭和から平成初期にかけてのクルマは5万kmも走るとトラブルが出始め、10万km手前ともなるとそこそこ手を入れる必要が生じた。

 このため、10万km超えての使用にはかなりの覚悟が求められた。ところが、現在のクルマは各部の耐久性が格段に向上し、10万kmは単なる通過点。20万kmを余裕で走りきれる耐久性を有している。

 とはいえ、クルマはあくまで機械だ。壊れにくくなったとはいえ、油断しているとトラブルに見舞われることがあるのは当たり前。日常的な点検やメンテナンスは必要だ。

 ということで、新車で購入してから10万、20万kmと長くつきあっていくために最低限、注意すべき点をピックアップした。

文/鈴木伸一
写真/ベストカーweb編集部、Adobe Stock(トビラ写真/Panumas@AdobeStock)

【画像ギャラリー】10年長く乗りたいなら最低限すべきメンテナンスはこれだ!(8枚)画像ギャラリー

■10年以上乗るためのターニングポイント1/新車納車時

 新車で購入した場合、1ヵ月経過すると「無料点検の案内」が届く(もしくは事前に説明がある)。新車特有の「1ヵ月点検」と呼ばれる初回点検の案内で、あくまで任意。断ることもできるが素直に受けることをお勧めする。

 精密機械でもあるクルマは、購入した直後に不具合が起きる「初期不良」が、希に発生する。つまり、新車だから「絶対に安全」という保証はなく、万が一にもそんな不具合をかかえたままの走行は危険でもある。

 点検の目的は「転ばぬ先の杖」。整備に不慣れな素人には気付けない、そんな「不具合の芽を詰む」という目的があるからで、それこそがプロの存在意義でもあるのだ。

 また、機械にはスムーズかつ快適に動作できる「適温」というものがある。エンジンであれば冷却水の温度が「80~90℃」の範囲で、昭和モデルの車両では走り出す前の儀式として、水温が上がるまでアイドリングさせる「暖気運転」が必須であった。

 ところが、電子制御燃料噴射による燃料供給が一般的な現代のクルマは、コンピューターが燃焼状態をチェックすることで常に最適な混合気を供給してくれる。このため、基本的に上記の暖機運転は不要。エンジン始動後、すぐに走り出してOKだ。 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 04f3d52e7ef32a7cecbc7ff9f9972549-600x400.jpg
キャブから電子制御燃料噴射に代わり、エンジン安定稼働という目的での暖気運転は不要になった。が、機械寿命観点では、水温や油温が安定するまでは軽い負荷で運転した方がいい。EVもその例には漏れていないので、冷間始動後すぐの全開走行は控えよう

 しかし、「エンジン始動後すぐ全開運転OK」という訳ではない。水温が安定するまで、エンジンに無理な負荷をかけることなくゆったり走らせることが肝心だ。

 冷却水が適温まで暖まらないとエンジン内部の各部が熱膨張を考慮した適正なクリアランス(隙間)とならないため、無理に回そうとしても回転が重く、異音を発したりする。そんな状態で無闇に回転を上げると摺動面(金属が擦れ合っている面)にダメージを与える可能性があるからだ。

■10年以上乗るためのターニングポイント2/定期点検

弊社所有のハスラーの12カ月点検をした時の整備記録簿。他メーカーの12カ月定期点検記録簿もほぼ変わらない内容だ

 普通、クルマの各部は使用期間や扱い方に応じて劣化が進み、性能が低下する。そのまま放置しておけば不慮の事故や故障、燃費の悪化を招き、しいてはクルマの寿命を縮めることにもなる。そこで、必要となってくるのが使用期間に応じて行う「定期点検」で、道路運送車両法によってユーザー(使用者)に実施が義務付けられてもいる。

 つまりドライバーには「適正な管理」が義務付けられており、クルマの安全はユーザーの責任において確保する必要があるのだ。

 そしてこの「定期点検」は、ユーザー自らが目視等で確認する「運行前点検」と、法律で定められている「法定点検」の2つがある。

 前者は日々の安全を確保するため走行距離や運行時の状態などから判断したとき、走り出す前に実施する目視確認主体の、一般ユーザーにも無理なく実施可能な全15項目の点検。メカに自信がなければ行きつけの整備工場のプロに依頼して点検方法をレクチャーしてもらうなどして、自身で行えるようにしておきたい。

 さて、後者は車検と車検との間に行う「法定1年点検(12ヵ月点検)」と、2回目以降の車検と同時期に行う「法定2年点検(24ヵ月点検)」の2つがある。

 一般的に、「24ヵ月点検」は「車検」と同時に実施するため、未点検になることはないが、「12ヵ月点検」は何かと怠りがち。車検切れで公道を走ると重い罰則・罰金があるのに対し、法定点検は義務ではあるものの受けなくても罰則が無いからだ。

 しかし、「12ヵ月点検」を怠ったことによって生じた整備不良が原因の「故障」や「事故」を起こしてしまった場合、事故時の保険金の金額に影響。新車のメーカー保証は「12ヵ月点検」を行っていることを前提としているため、場合によってはメーカー保証が受けられなく恐れも。プロに点検を依頼すれば費用はかかるが、水と安全はタダではない。くれぐれも注意したい。

次ページは : ■10年以上乗るためのターニングポイント3/24ヵ月点検・車検