【スープラ、GT-R、NSX…】 伝説の90年代スポーツを伝説の脇阪寿一が試乗!! どれが一番胸躍る!?


 スポーツカーは万能という言葉からは最も遠い存在だ。低い車体は乗降性が悪く、後席の居住性も期待できない(それどころか後席がないものもある)。走りの気持ちよさ、楽しさだけを追求したのがスポーツカーなのだ。

 そんな一点突破型の性能を持つスポーツカーが最もパワフルで最も魅力的だった時代が1990年代だ。各社からキラ星のごとく強い魅力を放つモデルがリリースされ、クルマ雑誌もこぞって比較記事を掲載していた。本当に熱い時代だった。

 …なんて感傷に浸っていたら、プロドライバーの脇坂寿一さんがA80スープラの中古車を購入したというニュースが編集部に舞い込んできたではないか。おお、あの名車中の名車、そして全日本GT選手権(JGTC)優勝時の相棒を脇坂さんが!! しかしなぜ今?

 今回は、脇坂さんにその真意を聞くとともに、同時代に活躍した1990年代のスポーツカーフラッグシップモデル3台を集結させ、“ミスターGT” いま再びのインプレッションを行ってもらった!

※本稿は2018年4月のものです
文:ベストカー編集部/写真:平野学
初出『ベストカー』2018年5月26日号
脇阪寿一…全日本GT選手権(JGTC)、SUPER GTで活躍したレーシングドライバー。2016年にSUPER GTを引退、同時にTeam Le Mansの監督に就任。奈良県奈良市出身、1972年生まれ。


■エンジンも駆動方式もバラバラ。でもそれぞれ魅力的 1990年代フラッグシップスポーツ3

●JZA80 スープラ

 国内におけるスープラとしては2代目。2JZ-GTEエンジンは頑丈で、チューンベースに最適だった。 [SPEC] 全長4520×全幅1810×全高1275mm/車両重量=1510kg/エンジン=直6 2997㏄+ツインターボ/出力=280ps/46.0kgm

BNR34 スカイライン GT-R

 R32型に始まる第2世代GT-Rの最終モデル。8000回転以上回る高回転型のRB26DETTエンジンが魅力。 [SPEC] 全長4600×全幅1785×全高1360mm/車両重量=1560kg/エンジン:直6 2568㏄+ツインターボ/出力=280ps/40.0kgm

●GH-NA2 NSX

 取材車両は1997年のマイチェンを受けた2型。エンジン排気量は3.2Lで、ミッションは6MT。 [SPEC] 全長4430×全幅1810×全高1160mm/車両重量=1340kg/エンジン=V6 3179cc NA/出力=280ps/31.0kgm

■脇阪寿一はなぜ、スープラを買った?

編集 どもども、お疲れ様です。しかしこれまた、えらいキレイなスープラですね。さっそくですが、まずはA80スープラを購入しようと思ったきっかけを教えてください。

脇阪寿一(以下、脇阪) まわりに普段お世話になっているクルマ好きの方が多くいて、その方たちから「最新型もいいけど古いクルマもいいよ」と聞かされていたというのが、まずありますね。で、その方たちから「寿一君もクルマに携わった仕事をしてきて、ここまできたんだから、これからはクルマに対する恩返しもあっていいんじゃないか」と言われたんです。

編集 クルマに対する恩返し、ですか。

脇阪 いろいろやり方はあると思いますけど、たとえばオリジナルのクルマを手に入れたならば、それをお金かけてキレイな状態をキープして、次の世代に届ける、というようなことですね。歴史的に貴重なクルマ、意義のあるクルマっていうのはありますから。

編集 フムフム。

脇阪 そう考えた時に、じゃあ何を買おうかってなって、そりゃやっぱりJGTC時代に乗って、人気が出るきっかけとなってくれたスープラだろうとなったわけです。

3Lの直6ツインターボを積むスープラに3.2LのV6NA搭載のNSX、そしてGT-Rは2.6Lの直6ツインターボを搭載する。駆動方式もスープラ=FR、NSX=ミドシップ、GT-R=4WDと、まさに3車3様

編集 なるほどー。で、レースで乗ってたマシンと市販車ではかなり印象が違うと思いますが、ベースとなったオリジナルスープラはどうです?

脇阪 確かにレースカーとは違いますが、運転席から見る景色とかハンドリングの特性とか、イメージをリンクさせる部分はありますね。エンジンはまったく別物ですが、それでも息吹は感じます。

編集 なるほどなるほど。さて今回、脇阪さんがスープラを買われたということで、1990年代に活躍したスポーツモデルとしてR34型スカイラインGT-RとNSXを用意しました。20年近い時を飛び越えて、ぜひ各車のインプレをいただきたいと思います。

脇阪 楽しみですね。

次ページは : ■まずは知りたい。コックピットの印象

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ