唯一無二の実力と個性で愛される! デリカD:5が特殊な層に支持される6つの理由


 デリカD:5が三菱車のなかでは、新型のアウトランダーに続き2位の好調さを見せている。

 オフロードに強い、SUVにも負けない4WDシステムを搭載したラージミニバンとして、唯一無二の地位を確立しているデリカD:5。マイチェンでディーゼルエンジンに一本化され、安いとは言えない価格(391万3800~448万9100円)であっても、支持され続ける理由はなんだろうか?

 三菱のシェアから考えれば、SUV人気のなかにあって絶好調と言えるデリカD:5の強みについて考察していきたい。

文/渡辺陽一郎
写真/三菱、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】唯一無二の地位を確立しているデリカD:5を画像でチェック(7枚)画像ギャラリー

■ヴォクシー、セレナに比肩する堅調な販売を見せるデリカD:5

 今はクルマの売れ行きが下がった影響もあり、フルモデルチェンジの周期が6~8年に長引いている。それでも10年を超えると、飽きられて売れ行きを下げる。一部の悪路向けSUVや商用車を除くと、生産を終える車種も増える。

 ところが三菱のミニバン、デリカD:5は違う。2007年に発売され、すでに15年を経過したが、今でも堅調に売られている。直近の2022年5月の登録台数を見ると、三菱の小型/普通車では、アウトランダーに次ぐ2位であった。

三菱のミニバン、デリカD:5。発売からすでに15年を経過したが、2022年5月の登録台数はアウトランダーに次ぐ2位である

 2021年度(2021年4月から2022年3月)は、1カ月平均で約1180台が登録され、三菱の小型/普通車では最多販売車種になっている。

 1カ月平均で約1180台の登録台数は、決して多くないが、三菱は国内の販売店舗数も約550箇所と少ない。トヨタの約4600箇所、ホンダの2200箇所、日産の2100箇所を大幅に下まわる。

 従って1店舗当たりのデリカD:5の登録台数は、トヨタのヴォクシーや日産のセレナと同程度だ。発売から15年を経過しながら、好調な売れ行きを保っている。

■デリカD:5が持つ強み[1] 『外観がSUV風でカッコイイ』

 デリカD:5が今でも注目される背景には、6つの強みがある。まずはミニバンでありながら、人気の高いSUVの特徴を併せ持つことだ。

 三菱はもともとSUVが得意なメーカーで、デリカD:5も外観が野性的だ。2019年に実施されたマイナーチェンジでは、フロントマスクを今の三菱車に共通するダイナミックシールドのデザインに仕上げ、野性味をさらに強めて人気も高まった。

■デリカD:5が持つ強み[2] 『悪路走破力もSUV並みでミニバンのNo.1』

 デリカD:5は悪路の走破力も高く、全車が搭載する4WDシステムには、多板クラッチの締結力を強めるロックモードが備わる。

 最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)にも185mmの余裕があるから、デコボコを乗り越えやすい。悪路走破力が最も強いミニバンとなる。

■デリカD:5が持つ強み[3] 『ミニバンでは数少ないディーゼル搭載で高性能かつ低燃費』

 現在のデリカD:5は、2.2L 直列4気筒のクリーンディーゼルターボのみを搭載している。最高出力は145ps(3500rpm)、最大トルクは38.7kgm(2000rpm)だから、実用回転域の駆動力は3.5Lのガソリンエンジン並みに高い。

 そのいっぽうでディーゼルは、燃料消費量が少なく、軽油価格もレギュラーガソリンに比べて1L当たり20円ほど安い。そのために燃料代は、2Lのガソリンエンジンを搭載するミドルサイズミニバンの4WDと同程度だ。

 このようにデリカD:5のディーゼルは、実用回転域の駆動力が高く、燃料代は安いため、高速道路を使った長距離の巡航が多いユーザーにはピッタリだ。ミニバンでディーゼルを搭載するのは、デリカD:5とグランエースのみだから、大切な特徴になっている。

次ページは : ■デリカD:5が持つ強み[4] 『全長が4800mm以下のミニバンでは居住性が最も快適』

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ