【デリカD:5、アテンザ…】あのコンセプトカーを斬る! PART2

 「市販車になるわけねぇ〜」と述べたばかりだが、そのコンセプトを脈々と受け継ぎ市販車になったモデルもある。多くの場合、「コンセプトカー時代のほうが格好よかった」という印象だが、ホントにそうなのか!?

 清水草一氏に、コンセプトカーから市販車になった国産車のなかで、デザインの視点で印象に残り、「ひと言いいたい!」というモデルを多数取りあげ、ズバッと斬ってもらった。

コンセプトカー 格好悪くなった・編

 「市販車になるとなんでこう格好悪くなるの?」というクルマのデザインを斬る。特別にランキング形式で紹介。写真は上がコンセプトカー、下が市販モデルで、写真の下にある点数は清水草一氏によるデザイン評価点だ。

ワースト5

ダイハツミライース

 ■第41回(’09年)のショー

 コンセプトモデルの印象は、「悪くないけど、こんなの売れるわけない」でした。あんな居住性の低い2ドアモデルじゃ軽としてどうにもならなかった。

 で、市販車はそのあたりを全部やり直して断然実用的になったけど、デザイン的にはまったく後退して、ただの安い軽になった。その点コンセプトモデルは、それなりに端正なデザインだったので、ダメになった部類ということでワースト5。

2009年 イース1
コンセプトモデル(ダイハツミライース)
ミライース
市販デザイン(ミライース)

ワースト4

三菱コルト

 ■第35回(’01年)のショー

 これも、コンセプトモデルが非常にカッコよくて、テリー伊藤さんも「三菱は勝った!」と言ってたんだけど、実車を見て「勝ってなかったじゃん!」となってしまいました。

 コンセプトモデルがカッコよかっただけに、市販車も悪くはないんだけど、グリーンハウス上部の絞り込みを始めとして、すべてが常識的になっていた。「おお!」と思うところが皆無になっていましたね。

2001年 CZ3ターマック1

コンセプトモデル(三菱コルト)
コルト
市販デザイン(三菱コルト)

ワースト3

 ホンダCR-Z

 ■第40回(’07年)のショー

 故・前澤義雄さんが、「’07年のコンセプトモデルはよかったけれど、市販モデルはダメ」と言ったのが印象的だったので選出。前澤さんは、「フロントがまったく違う。

 ’07年の時は昔のフェラーリのようにグリルを筒のように見せていた。そこからしなやかに後ろへと続くラインがエレガントだった。が、市販モデルはエンジンの位置が高すぎる」とのことでした。難解です。

2007 東モcr-z
コンセプトモデル(ホンダ CR-Z)
cr-z
市販モデル(ホンダ CR-Z)

ワースト2

 三菱デリカD:5

 ■第39回(’05年)のショー

 これまた実車のデザインレベルはかなり高い。でもコンセプトモデルが抜群によかったんだよ! 路面とのクリアランスの大きさやフロントの無機質なデザインがすごくよかった。

 月面を走ってるみたいな非日常感があったんだよね! ところが市販車にはそれは薄く、かなり所帯じみた雰囲気に。「これじゃフツーのミニバンじゃんか!」とガックリ。悪くはないですが。

2005年 デリカD51
コンセプトモデル(三菱 デリカD:5)
デリカD5
市販モデル (三菱 デリカD:5)

ワースト1

マツダアテンザ

 ■第42回(’11年)のショー

 アテンザのデザインがワースト1というわけじゃ決してない! それどころかこの中でベストのデザインだ。

 でも、’11年のショーに出展されたTAKERI(雄)があまりにもカッコよくて、「これがほぼそのまま市販化される」と聞いていたので、期待値が極限まで上がり……、実物のアテンザを見てガックリしてしまいました。それでも充分高得点を付けられます!

2011年 たけり
コンセプトモデル(マツダ アテンザ)
アテンザ
市販モデル(マツダ アテンザ)

コンセプトカー 格好よくなった・編

 続いては右ページの逆、「コンセプトカーより市販車のほうが格好よくなった」クルマが登場。写真は上がコンセプトカー、下が市販モデルで、写真の下にある点数は清水草一氏によるデザイン評価点だ。

日産R35 GT-R

■第35回(’01年)のショー  

 最初のGT─Rコンセプトのデザイン、評判悪かったけど、私は「GT─Rはこの方向性しかない!」と確信した。ひたすら強そうな戦車のイメージね。妙にスリークにしたら埋もれるだけ。

 なので、方向性は全面肯定だった。で、実車はそこからしっかり進歩して、独自の世界を作り出していた! メチャすばらしいデザインとまでは言えないけど、世界に向けてGT─Rの個性のアピールはしっかりできているデザインなのだ!

2001年 GT-R
コンセプトモデル(
日産R35 GT-R)

デザイン評価点/82点  

GTR

市販モデル(
日産R35 GT-R)  

デザイン評価点/87点

レクサスLFA

■第39回(’05年)のショー

 LFAは、2度もモーターショーにコンセプトモデルが出品されたうえで市販化されたわけだけど、その2度ともデザインがまるでダメで、本気でその場でズッコケちゃうくらい。

 そして、その後、私はずっと「トヨタは本気なのか!?」と思い続けてきました。それに比べれば実車は断然イイ! 断然イイといってもスーパーカーとしてはまったく落第だけど、それでもなんとか見られるレベルにはなっていた。不幸中の幸い。

スクリーンショット(2016-01-13 11.49.01)

コンセプトモデル(レクサスLFA)

デザイン評価点/0点  

LFA
市販モデル(レクサスLFA)

デザイン評価点/50点  

トヨタ初代プリウス

 ■第31回(’95年)のショー   今改めて見ると……、コンセプトモデルってこんなんだったんだ! こりゃヒドイ! ’98年に登場した市販車はこれよりはずっといい。当時は未来感もあったし。とぼけた雰囲気が悪くなかったです。

1995年プリウス
コンセプトモデル(初代プリウス)

  デザイン評価点/50点  

初代プリウス
  市販モデル(初代プリウス)

  デザイン評価点/75点

マツダ3代目ロードスター

 ■第37回(’03年)のショー   3代目ロードスターって、上写真のようなコンセプトモデルがあったんだ! ’03年モーターショーの出品で。完全に忘れていた。これはスポーツカーじゃなくてコミューターでしょ! 市販車のほうがはるかにいい。

8 ロードスター
コンセプトモデル(マツダ 3代目ロードスター)

 デザイン評価点/60点

p03_ 335dpi 100% 150-0.7-0 ŠÈcat_ 89.8% 100% 150-0.7-0 nDM_ 46% 150-0.7-0
市販モデル(マツダ 3代目ロードスター)

デザイン評価点/86点  

コンセプトカー最初も最後もダメ・編

 手厳しいがコンセプトカー時代も、市販車や市販間近でも「ダメかな」というモデルを。写真、デザイン評価点は前項までと同じ扱い。

ダイハツコペンローブ

 ■第42回(’11年)のショー

 コンセプトモデルの段階でフォルムがドラム缶的にズン胴で、そのまま市販化されました。スポーツカーとしてフォルムの鈍重感が致命的。軽のサイズでFFじゃ、これが限界か?

2011年 ダイハツdx
コンセプトモデル(ダイハツ コペンロープ)
コペンローブ

市販モデル(ダイハツ コペンロープ)

ホンダ次期NSX

 ■第39回(’05年)のショー   上で挙げたLFAと経緯が似通っているんだよね。コンセプトモデルのデザインがダメで、ダメのまま市販化という。ただ、LFAは0点⇒50点なのに対して、次期NSXは50点⇒50点!

2005年 ホンダHSC

コンセプトモデル(ホンダ 次期NSX)
次期NSX


市販モデル( ホンダ 次期NSX)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ