どっちが広い? 安全? 使い勝手で優る!!? 新型ステップワゴン VS 新型ノア&ヴォクシー徹底比較!!

軍配はどちらに!? 新型ステップワゴン VS 新型ノア&ヴォクシー徹底比較!!

 2022年上半期には、トヨタから新型ノア・ヴォクシー、ホンダからは新型ステップワゴンが発売された。人気車種のフルモデルチェンジと相まって、話題がこと欠かない。ミニバンは、来年(2023年)以降も新型車への期待が高まるカテゴリーでもある。

 そこで、今回はライバル同士である新型ノア・ヴォクシーと新型ステップワゴンをさまざまな角度から比較していく。さらに10点満点の採点方式で評価もしていく。どちらに軍配があがるのか? それとも互角なのだろうか?

文/渡辺陽一郎、写真/西尾タクト、奥隅圭之、TOYOTA

【画像ギャラリー】自分に合うミニバンはどっち? ステップワゴンとノア&ヴォクシーの内外装を写真で比較(28枚)画像ギャラリー

運転のしやすさとシートアレンジは五分五分!? 使い勝手をチェック!!

独創的なフロントマスクを採用したヴォクシー。ボディサイズは全長4695×全幅1730×全高1895mm(2WD)、ホイールベース2850mm

 ミニバンは今でも人気のカテゴリーで、国内で売られる小型/普通乗用車の25%前後を占める。2022年は新型ミニバンが多く発売され、1月にはノア&ヴォクシー、5月にはステップワゴンが新たに登場した。格好のライバル同士だから、詳細に比べてみたい。

 ボディスタイルは両車とも水平基調だが、フロントマスクの印象は異なる。ステップワゴンは穏やかな雰囲気で、このデザインは、車両全体のコンセプトを反映させている。ノア&ヴォクシーは存在感を重視した。

 運転席に座って周囲を眺めると、ステップワゴンはボディの四隅が分かりやすい。その代わり全長は、エアーが4800mmでスパーダは4830mmだから、ノア&ヴォクシーの4695mmに比べて100mm以上長い。全幅もステップワゴンは1750mmだから、ノア&ヴォクシーの1730mmに比べて若干ワイドだ。

 つまりボディの四隅の分かりやすさと、サイズについては一長一短だ。最小回転半径はステップワゴンが5.4m(プレミアムラインは5.7m)、ノア&ヴォクシーは5.5mで、この点でも差が付きにくい。

採点(10点満点)
・ステップワゴン:5点
・ノア&ヴォクシー:5点

●内装の質感と使いやすさ比較

 内装の造りは両車とも上質だが、メッキパーツなどの使い方は、ノア&ヴォクシーが少し巧みだ。

 メーターの視認性やスイッチ類の操作性は同程度だが、ハイブリッドのATレバーには注意したい。ステップワゴンのe:HEVは、D/Bレンジをプッシュ式のスイッチで操作する。慣れの問題ともいえるが、操作しにくいので、複数の車両を併用するドライバーは気を付けたい。

採点(10点満点)
・ステップワゴン:5点
・ノア&ヴォクシー:7点

●居住性比較

 1列目のシートは、座り心地にさほど差はないが、ノア&ヴォクシーは少し柔軟に仕上げた。2列目は、ハイブリッド同士で比べると足元の形状が異なる。

 ステップワゴンe:HEVは、2列目に座る乗員の足が1列目の下に収まりやすいが、ノア&ヴォクシーは入りにくい。そのために身長170cmの大人6名が乗車して、2列目に座る乗員の膝先空間を両車とも握りコブシ2つ分に調節すると、ステップワゴンは快適でノア&ヴォクシーは窮屈だ。1列目の下に足が収まりにくいから、膝の持ち上がる姿勢になってしまう。

 3列目も異なる。2列目に座る乗員の膝先空間を両車とも握りコブシ2つ分に調節して、3列目に座ると、ステップワゴンの膝先には2列目と同じく握りコブシ2つ分の余裕ができる。ノア&ヴォクシーは、握りコブシ1つ半と狭い。

 しかもステップワゴンの3列目は、座面の長さ(奥行寸法)は2列目よりも約80mm短いが、背もたれを含めて十分な厚みを持たせた。座り心地はノア&ヴォクシーよりも柔軟だ。ノア&ヴォクシーの3列目は、座面がステップワゴンよりも10mmほど長いが、座り心地の柔軟性は乏しい。

 さらにステップワゴンは、サイドウィンドウの下端部分を乗員にしっかりと見せて、ノア&ヴォクシーよりも車内の水平基調を明確に表現している。車内の造りがシンプルだから、2/3列目に座る乗員が自然な感覚で車外の風景を眺められる。視覚的にもノア&ヴォクシーよりも快適だ。

採点(10点満点)
・ステップワゴン:9点
・ノア&ヴォクシー:7点

●乗り降りのしやすさ比較

 スライドドア部分における路面から床までの高さは、ノア&ヴォクシーが380mmで、ステップワゴンは390mmだ。この差はわずかだが、ノア&ヴォクシーは、電動スライドドアの作動に連動して外側へ出てくる機械式ユニバーサルステップ(サイドステップ)を3万3000円の低価格でオプション設定した。乗り降りのしやすさに配慮している。

採点(10点満点)
・ステップワゴン:6点
・ノア&ヴォクシー:7点

●シートアレンジの使い勝手比較

 7人乗りに採用されるセパレートタイプの2列目シートは、両車とも長いスライド機能を備える。ステップワゴンスパーダの場合、2列目の通常のスライド量は525mmだ。内側に寄せると、壁側のデコボコを避けて780mmスライドできる。

 ノア&ヴォクシーは、内側に寄せない通常の状態で745mmのスライドを可能にした。ステップワゴンに比べると、ロングスライドさせる時の内側へ寄せる手間を省いた。

採点(10点満点)
・ステップワゴン:7点
・ノア&ヴォクシー:8点

●荷室の使い勝手比較

 ノア&ヴォクシーでは、3列目シートに装着されたレバーを引くと、3列目が自動的に持ち上がる。次にサイドウィンドウ側へ押し付けると、ロックして固定される。3列目を片手で畳むことが可能だ。

 ステップワゴンは、3列目が床下格納だから、3列目の背もたれを前側に倒して、シート全体を手前に引くと床下に落ち込む。ノア&ヴォクシーに比べて、格納に手間を要するが、畳んだ3列目が荷室側へ張り出さない。そしてステップワゴンは、3列目を畳んだ時の荷室長(荷室の奥行寸法)がノア&ヴォクシーよりも長い。

 このあたりは一長一短だが、ノア&ヴォクシーは、手動式のリヤゲートでも任意の角度で止められる。電動式は、ボディ後方の側面に開閉スイッチが装着され、角度を調節しやすい。縦列駐車をしている時など、車両の後方が狭い場所でも、荷物を出し入れしやすい。リヤゲートの使い勝手はノア&ヴォクシーが勝る。

採点(10点満点)
・ステップワゴン:7点
・ノア&ヴォクシー:9点

次ページは : 動力性能と加速感の実力はいかに? 走行性能と安全装備をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ