水深10cmでも走行不能に! 頻発するゲリラ豪雨から命を守るために知っておきたい6つのこと

水深10cmでも走行不能に! 頻発するゲリラ豪雨から命を守るために知っておきたい6つのこと

 すでに全国的に猛暑となり30度を超える日が続いている2022年だが、こんな夏に注意したいのがゲリラ豪雨だ。ウェザーニュースの発表によると、2021年のゲリラ豪雨は全国でおよそ6万回、7月中旬~8月上旬に約半数が発生していたそうだ。

 毎年、冠水路に突っ込み、クルマが浮いている映像がニュースで流れるが、2022年もすでに冠水被害が多数報告されている。

 そこで、ゲリラ豪雨に遭遇した際に気を付けたいこと、冠水路がありそうな時に気を付けたいこと、知っておきたい6つのことをお届けしたい。命を守るためにぜひ知っておいてもらいたい。

文/高根英幸
写真/AdobeStock(トップ画像=lightmemorystock@AdobeStock)

【画像ギャラリー】全国で頻発する危険なゲリラ豪雨!! 猛暑の夏こそ覚えておきたい「命を守る6つのポイント」(6枚)画像ギャラリー

■車高の高いSUVだからと過信は禁物!! 全国で頻発するゲリラ豪雨

2021年のゲリラ豪雨は全国でおよそ6万回、7月中旬~8月上旬に約半数が発生していたそうだ(Paylessimages@AdobeStock)
2021年のゲリラ豪雨は全国でおよそ6万回、7月中旬~8月上旬に約半数が発生していたそうだ(Paylessimages@AdobeStock)

 これも気候変動の影響なのだろう、ゲリラ豪雨という言葉を聞いても驚きなど感じないほど、日常に馴染んでしまっているように思える。それもそのはず、2021年のこの時期は全国で1日に平均1000回前後もゲリラ豪雨が発生していたそうだ。

 そんなに多ければ最早ゲリラ豪雨とは言えないような気もするが、その降り方はやはりゲリラ豪雨と呼ぶに相応しいもので、突発的かつ局所的に激しく振って短時間で止んでしまう、もしくは雨の範囲が広がらずに移動していく。

 ちなみにゲリラ豪雨は気象庁が正式に使う用語ではないらしく、気象学会でも定義はハッキリと決まっていない。それは「数十分間で数十mmの積算雨量が観測された場合」なのだとか。実際には10分程度の豪雨でピタッと止んでしまう場合も多く、その場合は10分間で相当な降水があることになるのだ。

 最近はゲリラ豪雨が起こりそうな気象条件から予測されたり、雨雲レーダーが高性能になったことで、近辺でゲリラ豪雨が起こりそうな情報は掴みやすくなっている。

 それでもゲリラ豪雨によるクルマの被害はなかなかなくならない。それはドライバーがクルマの能力を過信していることも原因のひとつとして大きい。「豪雨でもクルマなら移動できる」と思い、土砂降りの中でも出掛けたり、帰るのを早める努力を怠ってしまうのだ。

 しかし、このような安易な判断が、被害を生んでしまうことになる。冠水している地点に遭遇しても、浅いようだからクルマで通り抜けられるだろうと、そのまま突っ切ってしまうドライバーがいるようだが、こうした甘い考えがクルマを傷め、ドライバー自身も危険に晒すのである。

 運よく通り抜けられればいいが、それは意外と難しい。クルマの走行圧力でバンパーの上まで水を被っている状態のクルマも報道の映像などで見かけるけれど、これは完全な危険水域。

 それどころか、クルマが安全に走行できるのはせいぜい水深10cmくらいまでで、その程度の水深でも速度を落とさずに冠水路に突入してしまうとバンパーやランプ類、エアコンのコンデンサーなどが破壊される可能性がある。

 クルマの修理代がかさむ程度ならまだいい。冠水路で立ち往生し。そのまま水没してしまって亡くなってしまうケースだってあるのだ。イメージでは窓の高さまで水深がなければ、ドアを開けて下りることができそうだが、実際には水深50cmでも水圧でドアは開けられなくなるのである。

 車高が高いSUVなら、少しは冠水に強い気もするが、それは10cm程度の差でしかなく、タイヤの大きいSUVだから大丈夫と、冠水路を通過しようとするのは絶対に止めるべきだ。その時点でも雨が降っていたり、再び豪雨がやってきて、一気に水かさが増すことだってある。

次ページは : ■ゲリラ豪雨から身を守るには、まず情報収集

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!