初代が絶頂期? それともまだまだ成長期? あの“平成生まれ車”は初代を超えたか!?


スイフト/2000年登場、現在4代目

 まず、初代をスイフトと認識してよいかどうかだが、海外ではイグニスだった初代はスズキ的にはカウントせず、グローバルで呼ぶようになってからがスイフトだとしている。ただし、日本では2000年発売モデルからスイフトと名乗っているので、これを初代としよう。

 いわば“Keiワイド”のような車だった初代と2代目では雲泥の差があって、そこから3代目、4代目と順調に2代目の延長上で正常進化していることはご存じの通り。あれを初代としてしまうなら、もはや4代目とは比べるべくもない。

 ただし、スイフトスポーツについては初代から「志」が極めて高かった。

 派手なエアロパーツをまとい、強化サスペンションやブレーキ、パフォーマンスロッドなどを身に着け、コクピットにもレカロシートや240km/hメーターをはじめ各部に数々の専用品が与えられていて、見るからにタダモノではなかった。

 高圧縮化やアルミ鍛造ピストンへの換装など専用にチューニングされたエンジンは、フィーリングも極めて刺激的。それを競技車両のようにガシッとしたシフトフィールのクロスミッションを操って味わうことができた。「特別」という意味では、いまよりも初代のほうが断然上だった。

 もちろん、2代目以降もしっかり作り込まれており、現行のスイフトスポーツも洗練されて高い完成度を誇るが、エキサイティングさでは初代スイスポが上回るといえそう。ほかにスポーツカーのないスズキにとって渾身の作だった。

 しかも、内容のわりに価格が控えめなのもスイスポのよき伝統だが、初代の車両価格は税別で119万円驚くほど安かったのも特徴だ。

初代スイフト(2000-2006)/全長×全幅×全高:3620×1650×1525mm、エンジン:1.5L直4(115ps/14.6kgm)、価格:119万円(スポーツ)

現行型スイフト/全長×全幅×全高:3890×1735×1500mm、エンジン:1.6L直4ターボ(140ps/23.4kgm)、価格:183万6000円(スポーツ、6MT)

アクセラ/2003年登場、現在3代目

 これはもう劇的に魅力度を増したのはいうまでもないだろう。こんなにスタイリッシュになって、走りもよくなって。

 初代と2代目は似たような感じで、「ハッチバック車としてはまずまずカッコ良いのかな」という感じだったところ、現行の3代目は「誰の目にもビューティフル!」になったのは明らか。

 乗り味にしても、もともと欧州テイストのフットワークを身に着けていたが、走りの質感という点ではそれほどでもなかったところ、とくにマイナーチェンジ後の現行モデルは心に響くほどの仕上がりになった。

 一方で、初代と2代目にはあった「マツダスピード」が3代目にはないことを惜しむ声はあるが、これはマツダの方針によるものなので仕方がない。

初代アクセラスポーツ/全長×全幅×全高:4485×1745×1465mm 、エンジン:2.3L直4(171ps/21.8kgm)、価格:195万円(23S)

現行型アクセラスポーツ/全長×全幅×全高:4470×1795×1470mm、エンジン:1.5L直4ディーゼルターボ(105ps/27.5kgm)、価格:244万800円(15XD プロアクティブ)

次ページは : レガシィ/1989年登場、現在6代目

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

特集 2030年 日本クルマ界大予測  地球環境問題、カーボンニュートラルのことを抜きに進んでいけな…

カタログ