煽られるのはアナタの運転が原因!?「煽られないために絶対してはいけない運転とは」

煽られるのはアナタの運転が原因!?「煽られないために絶対してはいけない運転とは」

 よほどの強面か、強面のクルマ、あるいは歴代の愛車が高級車ばかり・・・という人でないかぎり、1度や2度は煽り運転を経験しているかもしれない。

 煽る方に非があるのはもちろんだが、もしかしたら煽られた側にも原因があるかもしれない。その実態をまとめたみた。

文/松村透
写真/AdobeStock(Daniel Krasoń,show999,hin255,Dragana Gordic,Tomasz Zajda, maroke,One,beeboys,show999,Free1970
,waranyu)
※この情報は2022年9月20日現在のものです

【画像ギャラリー】煽られるのはアナタの運転が原因!? 「煽られないために絶対してはいけない運転とは」(7枚)画像ギャラリー

■全国のドライバーに「2022年あおり運転実態調査」を実施

チューリッヒ保険会社の調査によると、最新のデータではあおり運転をされた経験があるドライバーは51.3%だという
チューリッヒ保険会社の調査によると、最新のデータではあおり運転をされた経験があるドライバーは51.3%だという

 チューリッヒ保険会社が、2022年6月11日~6月13日に掛けて全国のドライバーに対して「2022年煽り運転実態調査」を実施した。今年で5年目となるこちらの調査は、全国のドライバー2,230人を対象としたものだ。

 調査結果を要約すると・・・

1.煽り運転をされた経験があるドライバーは51.3%と、2018年の調査開始時(70.4%)以降、減少傾向ではあるものの、依然として半数を占める結果に。

 近年の報道を受けて、あおり運転を受けないよう、以前よりも意識して運転しているドライバーは77.0%。

2.2020年6月末施行のあおり運転の厳罰化により、「危険運転が減少すると思う」ドライバーは63.0%。一方、減少しない理由としては、「危険な運転をする人の心理や行動は変わらないと思う」が最多に。

3.煽り運転被害は、「自動車に激しく接近し、もっと速く走るように挑発してきた」が75.0%と最多。被害を受けた際は「道を譲った」「何もしなかった」など、「やり過ごす」対応をとったドライバーが目立つ結果に。

4.煽り運転をされたきっかけは「車線変更をした」がもっとも多く24.4%。スピードや進路変更にまつわる行為をあおり運転のきっかけと感じるドライバーが多い結果に。

5.被害にあわないための工夫、上位は「周りを気遣い、刺激しない」運転。

煽られるのはアナタの運転が原因!? 「煽られないために絶対してはいけない運転とは」
チューリッヒ保険会社の調査によると、ドライブレコーダーの利用者は54.7%。前年の調査時より4.8ポイント上昇しているという

6.ドライブレコーダーの利用者は54.7%。前年の調査時より4.8ポイント上昇し、非利用者を上回る。

7.ドライブレコーダーの購入・買い替え頻度は、「直近1年以内の購入」が25.0%。

8.ドライブレコーダーを利用していないドライバーの68.5%が「購入したいがコストがかかるため」と回答。購入、設置検討の費用感は、本体購入10,000円以内、取付費用5,000円以内。

総括すると以下のようになる
●煽り運転をされた経験のあるドライバーは51.3%。2018年の調査開始時(70.4%)以降、減少傾向ではあるものの、依然として半数を占める結果に
●煽り運転被害は、「車体を接近させる挑発行為」が最多の75.0%
●今年はドライブレコーダーの利用者(54.7%)が増加し、非利用者を上回る

次ページは : ■罰則規定が強化された「煽り運転」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ