京都で中韓のEVタクシーが増加中?? 1年中使用可のスタッドレスタイヤとは!?? クルマ界近未来ニュース

京都で中韓のEVタクシーが増加中?? 1年中使用可のスタッドレスタイヤとは!?? クルマ界近未来ニュース

 本誌『ベストカー』にて、毎号技術系の最新情報や気になる話題をお届けしている「近未来新聞」。

 今回は京都のタクシー会社で採用が進む中韓EV、1年中履いていられる夢のスタッドレスタイヤ、運転のクセを改善する「KINTO FACTORY」の新たな試みなどの話題をお届けします!

※本稿は2022年8月のものです
文/角田伸幸、写真/TOYOTA、ベストカー編集部、AdobeStock ほか
初出:『ベストカー』2022年9月10日号『近未来新聞』より

【画像ギャラリー】クルマ界 最先端技術のニュースを時短でチェック!!(7枚)画像ギャラリー

■京都でBYD「e6」やヒョンデ「アイオニック5」のタクシーが増殖中

京都の都タクシーが導入したBYDのe6。商用モデルだが最新のブレードバッテリーを搭載している
京都の都タクシーが導入したBYDのe6。商用モデルだが最新のブレードバッテリーを搭載している

 中国BYDの乗用車発表は、あらたな「黒船」となりそうだが、そのBYDのクルマに一足早く乗れる町がある。京都だ。

 もともと京都は、2015年に日本で初めてBYDのEVバスが走った町。BYDにとって思い出深いその町で、今年春からBYDのEVタクシーが走っているのだ。

 導入したのは南区にある「都タクシー」。クルマは法人向けEVである「e6」だ。

 e6は2021年に中国でデビューしたワゴンタイプのEV。4695mmの全長に対しホイールベースが2800mmもあるので後席が広く、まさにタクシーにはうってつけの車両だ。

 バッテリーは71kWのリン酸鉄リチウムイオンを積み、航続距離も522kmと充分。しかしそれ以上に驚くのは価格で、なんと385万円という激安価格なのだ。

 タクシー会社としては、コストを抑えたうえで脱温暖化にも貢献できるとあって、魅力的な一台に違いない。

 京都で乗れるタクシーはBYDだけじゃない。同じ南区にあるMKタクシーは、ヒョンデのアイオニック5を50台導入すると発表した。

 同社はタクシー車両の電動化に熱心で、今年2月にはLPガスを使う車両を全廃したほど。現在はPHVなども運用しているが、脱炭素を加速させるためEVを増やすことになり、快適なキャビンを持つアイオニック5に白羽の矢が立ったというわけだ。

 同社は業界最速で電動化を進め、2030年までには全営業車両をBEV化すると言う。50台のアイオニック5が走ることは検証走行としても価値があるから、ヒョンデ側も喜んでいるはず。

 長い歴史を誇り、伝統を重んじる京都だが、ことEVに関しては積極的に新しいものを取り入れて好感が持てる。京都旅行の際には体験してみてもいいかもしれない。

次ページは : ■1年中履いていられる?? 夢のスタッドレスタイヤ登場

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ