ダイハツの主力軽ハイト、ムーヴはいよいよ2023年末登場へ! 新開発のEVやシリーズハイブリッドも設定!!

ダイハツの主力軽ハイト、ムーヴはいよいよ2023年末登場へ! 新開発のEVやシリーズハイブリッドも設定!!

 2022年6月にフルモデルチェンジしたダイハツ ムーヴキャンバス。このニュースでかなりの人が抱いた疑問は「あれ? ムーヴのモデルチェンジはまだなの?」だっただろう。

 弟分であるムーヴキャンバスに先を越されたダイハツ ムーヴだが、2023年末にはフルモデルチェンジされるようだ。さらに新開発の電気自動車やシリーズハイブリッドを設定するという。遠藤 徹氏が収集した情報をもとにムーヴのフルモデルチェンジとEV、HVの追加時期を予測する。

文/遠藤 徹、写真/DAIHATSU、NISSAN、MITSUBISHI

【画像ギャラリー】ムーヴキャンバスに続いて2023年末にフルモデルチェンジ!? ダイハツ ムーヴにEV&シリーズHV追加!?(10枚)画像ギャラリー

■なぜムーヴよりもムーヴキャンバスが先にフルモデルチェンジしたのか?

2022年6月にフルモデルチェンジしたダイハツ ムーヴキャンバス

 ダイハツは2023年末にもムーヴをフルモデルチェンジし、新開発の電気自動車やシリーズハイブリッドを設定、発売することが濃厚になった。現行モデルは2014年12月に登場したから、すでに7年半以上が経過している。

 姉妹車で両側スライドドアのムーヴキャンバスは2年後の2016年9月に発売したのに、今年6月にムーヴに先行させて2代目に世代交代してしまった。本来であれば兄貴分のムーヴが先にモデル一新するのが自然である。

 それが逆になったのは理由がある。冒頭のようにムーヴは電気自動車やシリーズハイブリッドの設定で攻勢をかける狙いがあり、開発に資金と時間がかかっているためと思われるからだ。

■ライバル同士ではあるが共有化されるEVのノウハウ

 電気自動車の商用車部門は先頃発表されたようにダイハツ、トヨタ、スズキ、CJPT(コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジーズ)との4社で開発を進め、2023年度に実証実験用の商用車を導入するとしている。ダイハツとスズキはこの車両をベースにした市販車を順次発売するとしている。

 商用車の場合はライバル車との共同開発でも、大半のユーザーが法人の業務用であり、長い間培われてきた販売ルートを別々に構築しているので、あまり問題は生じるケースは少ない。

 これに対して軽乗用車はフリーの一般ユーザーであり、日常的に激しいシェア争いを展開しているので、商用車とは異なる独自の開発ノウハウを保持している。したがってダイハツとスズキは各々ムーヴとワゴンRの次期型をベースとしたEV開発に取り組んでいるはずである。

 とはいえダイハツはトヨタの子会社であり、スズキもトヨタとは資本関係にあるから、モーターやバッテリーなど基本的なノウハウのベースは共通化する可能性がある。

次ページは : ■ダイハツサイドから見るEV開発

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ