やっぱり時代は巡るのか 平成レトロが大ブーム… 1998年~2008年の名車たちは何が魅力だったのか?

やっぱり時代は巡るのか 平成レトロが大ブーム… 1998年~2008年の名車たちは何が魅力だったのか?

 Z世代を中心に「平成レトロ」ブームがきている。厚底靴にミニスカート、へそ出しスタイルが人気で、ガラケー(携帯電話)に 新鮮さを感じる人もいる、という。

 Z世代は「ちょっと昔の感じがいい」「ちょっと古い感じが新しい」と口を揃える。年代でいうと1998〜2008年頃の10年間。

 ここでは流行が一周回って流れがきている、「平成レトロ」な名車たちを探してみたい。今の時代に何かヒントを与えてくれるかもしれない!?

※本稿は2022年9月のものです。
文/清水草一、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年10月10日号

【画像ギャラリー】尖ったコンセプトも適度なユルさもサイコーじゃない? 「平成レトロ」な名車たちをギャラリーでチェック!(12枚)画像ギャラリー

■今までにないものを作る そんなスピリットが旺盛だった時代

ホンダ HR-V(1998年)…大ヒットした元祖都市型SUV、CR-Vの弟分として登場。特に3ドアモデルはデザインが極めてシンプルで美しかった。ただ、あまりにもデザインが都会派すぎたのか、当時の日本では理解されなかったんだよなぁ
ホンダ HR-V(1998年)…大ヒットした元祖都市型SUV、CR-Vの弟分として登場。特に3ドアモデルはデザインが極めてシンプルで美しかった。ただ、あまりにもデザインが都会派すぎたのか、当時の日本では理解されなかったんだよなぁ

 1990年代中盤、「RVブーム」が巻き起こった!

 いまや「RV」という言い方は死語になっているけれど、「レクリエーショナル・ビークル」のことです。

 それまでのセダンを中心としたクルマの在り方やヒエラルキーが世の中に飽きられて、もっとカジュアルで実用的な、新しい形が模索され始めたのだ!

 RVブームは、パジェロに代表されるオフロード4WDブームから始まり、それがミニバンや都市型(クロスオーバー)SUVなどへと広がっていったのですが、当時は全部「RV」と呼ばれていました。

 1996年のゴレンジャー系戦隊ものは『激走戦隊カーレンジャー』!

 登場車両の多くがRVだったのだから、RVブームおそるべし。

日産 キューブキュービック(2003年)…キューブがベースの最小3列シートミニバン。しかもパッと見、普通のキューブとあまり見分けがつかないバランスのよさ!
日産 キューブキュービック(2003年)…キューブがベースの最小3列シートミニバン。しかもパッと見、普通のキューブとあまり見分けがつかないバランスのよさ!

 当時、自由な流れはどこまで拡大するか見当もつかず、可能性は無限大だった。

 よってエンジニアは、常にクルマの新しいカタチを考える必要があった。カーレンジャーの変身合体作戦のように!

 1998年から2008年にかけての10年間は、そういう潮流が一番強かった時期ではないだろうか。

 今までにないものを作ろう! というチャレンジスピリットが旺盛で、方向性としては、「実用的で生活の役に立つカタチはないか?」と模索していたように思う。

 鉱脈を掘り当てるためには、とにかく井戸をいっぱい掘る必要がある。

 だからメーカーは、リスクを冒していろんなところに井戸を掘った。その大半が失敗し、成功しても一時的にしか石油は出なかった。

 そしてリーマンショック以降、新しい流れはSUVに集約され、井戸掘り合戦はほぼ終了した。それが歴史の流れではないでしょうか。


次ページは : 【番外コラム01】「WiLL」なんてコラボもあった!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!