リアワイパーをつけるには寒冷地仕様にするしかない? おじさんを迷わせる複雑なオプション設定の謎

リアワイパーをつけるには寒冷地仕様にするしかない? おじさんを迷わせる複雑なオプション設定の謎

 新車を購入する際に一番悩むのはグレードと装着するオプションではないだろうか。自分の好みの装備が付いたクルマを、なるべく安く手に入れたいと思うからだ。

 しかし近年はセットオプションが多く、好みの装備を付けることで、あまり欲しくないものまでついてくることもある。もちろんその分価格も高くなってしまう。

 グレードの装備一覧とオプションのリストを眺めていると、そのうち頭がこんがらがってくるほどだ。これに加えて特定のオプションは半導体不足の影響で納車が遅くなってしまうなんてこともある。

 今回はマイチェンしたばかりのカローラの購入例を参考に、最近のオプション設定の難解さについて解説する。

文/小林敦志、写真/ベストカー編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】昭和ガンプラの抱き合わせ販売を思い出す!? セットオプションの不満と複雑なオプション設定(7枚)画像ギャラリー

■マイナーチェンジしたカローラを買う!!

筆者が購入した2022年10月に改良を行ったトヨタ カローラ(G 2WD)。写真のカラーはブルーメタリックだが、小林氏はシルバーメタリックをチョイス
筆者が購入した2022年10月に改良を行ったトヨタ カローラ(G 2WD)。写真のカラーはブルーメタリックだが、小林氏はシルバーメタリックをチョイス

 筆者は2022年10月に改良を行った、トヨタ・カローラセダンの1.5L直列3気筒ICE(内燃エンジン)を搭載する、“G”グレードを正式発売前の2022年9月に予約発注と言う形で契約した(納車は2023年1月予定)。

 トヨタ車全般の傾向としてはオプションの数が多めとなっている。国内販売台数でトップを誇るトヨタでは、トヨタ車を購入する客層も実に多彩になる。さらに一般の個人所有のほか、法人での仕事用のニーズなども多い。

 つまり、使い方に広がりがあるので、標準装備は抑えめとして、あとは購入者個々で判断して選んでほしいという流れになっていると聞いたことがある。

 筆者が選んだGグレードは、W×BとXグレードの中間に位置するグレード。装備内容は専用装備も含めW×Bの方が多いのだが、シルバーメタリックのボディカラーを選ぼうとしたら、W×Bには用意されていなかった。

 また専用装備も多いW×Bは魅力的なのだが、単純に最上級グレードと呼ぶには少々“クセの多い”グレードなのであえてW×Bは選ばなかった。

 Xグレードは昭和のころの表現では“スタンダードグレード”に近い簡素な装備内容となっており、社用車やレンタカー向きなのは明らか。オプションで装備を増やすのにも限界があるのでGグレードとなった。

 筆者は改良前の現行カローラセダンからの乗り換えとなるのだが、下取り予定車ですでに標準装備のアナログメーターをオプションのTFTカラー液晶を採用したデジタル計器盤に変更して乗っていた。

 今回もGではアナログメーターが標準装備なので、改良によりデザインは変わったが、Gでオプション設定されている7インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを選択した。このオプションは単体装着が可能となり、その価格は8250円(税込)である。

 筆者の周囲の人にこの話をすると、「8250円でオプション設定するのならば標準装備してもいいのではないか」と異口同音に返答してくれるのだが、トヨタとしてはGとXについては、あくまで“アナログメーターありき”となっているようである。

 ただし、W×Bでは7インチではなく、グローバルカローラシリーズでも採用されている12.3インチタイプのTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが標準装備となっている。

 セダンのハイブリッドや、ステーションワゴンのツーリングでもグレード体系は同じでメーターの設定も同じなのだが、3つしかグレードがないのに、メーターが3種類用意されているのは、“ぜいたく”とも表現できるが、あまり気にしない人ならば“めんどう”と感じるかもしれない。

 筆者としては、12.3インチもしくは7インチのカラー液晶ディスプレイタイプに統一してもいいのではないかと考えている。

次ページは : ■なかなかにややこしい近年のオプション設定

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ