チェーンは駆動輪に! 軽油は現地で! 絶対役立つクルマの冬支度7選

■タイヤチェーンは自宅で一度付けてみる

スタッドレスタイヤの進化で、タイヤチェーンを付けたことがない人も多い。タイヤチェーンを購入したら、豪雪地へ向かう前に一度装着して手順を確認する。何事もリハーサルは大切(JuliaNaether@AdobeStock)
スタッドレスタイヤの進化で、タイヤチェーンを付けたことがない人も多い。タイヤチェーンを購入したら、豪雪地へ向かう前に一度装着して手順を確認する。何事もリハーサルは大切(JuliaNaether@AdobeStock)

 次はタイヤチェーンだ。近年はスタッドレスタイヤの進化が目覚ましいので、たいていの雪道はこれで乗り切れそうだが、きつい上り坂などが凍結してしまうとお手上げという事態も起こり得る。出先で大雪が予想される場合は、タイヤチェーンを携行しておくほうがいいだろう。

 タイヤチェーンを購入したら、出発前に必ず装着テストをすること。現地での装着作業は寒い雪の中ということが多いので、そこでの不安を軽減するためだ。その際絶対に必要なのが軍手。できれば防水性があり、肘まで覆えるロングタイプが、衣類などを汚さなくておすすめだ。

 ちなみにタイヤチェーンをどのタイヤに履かせるかだが、駆動輪(エンジンパワーを路面に伝える車輪)に装着するのがルール。FFなら前輪、FRなら後輪だ。

 では4WDはどうするか。これはそのクルマの基本レイアウトによる。実用車のようなFFベースの4WDならば前輪に、スポーツカーのようなFRベースなら後輪に装着しよう。4WD車にはべースとなる2WD車があることが多いので、カタログでそのベース車の駆動方式を確認すればOKだ。

 雪による交通規制だが、通行止めのほかに2段階あることも覚えておきたい。まずは雪の降った高速道路などに広く出される「冬用タイヤ規制」。これはタイヤチェーンのほか、スタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤを装着していれば走行可能だ。

 もうひとつが「チェーン規制」。これは「大雪特別警報」や「大雪に対する緊急発表」が行われるような異例の大雪時に、区間を限定して行われる。これが発令されている区間は、たとえスタッドレスタイヤを履いていても、タイヤチェーンなしでは走れないので注意したい。

 ちなみに全国の高速道路では、この「チェーン規制」が行われる区間があらかじめ決まっている。事前にチェックしておくといいだろう。

■屋根に雪を載せて走っちゃだめ!

屋根に雪を載せたまま走るのは厳禁。走行中、後方に雪が落ちると後続車を事故に巻き込む可能性がある。出発前に落としておこう(kelly marken@AdobeStock)
屋根に雪を載せたまま走るのは厳禁。走行中、後方に雪が落ちると後続車を事故に巻き込む可能性がある。出発前に落としておこう(kelly marken@AdobeStock)

 最後に雪道運転の基本をまとめよう。まずドライブの計画は余裕をもって決めること。雪の路面は状況が刻々と変化するので、それまでの経験を鵜呑みにせず、ペースを抑えて走りたい。急ブレーキや急ハンドルなど「急」が付く操作は厳禁だ。

 雪道では多くのクルマが走った跡が轍となって残るが、この轍から外れて走ろうとするとハンドルを取られてヒヤっとすることがある。とはいえハンドルを始終握りしめていては疲れてしまうので、多少のふらつきは織り込んで、ハンドルを掌で遊ばせるような感覚で走るといいだろう。

 現地でクルマを駐めておくと、雪が積もって雪だるまのようになる。そんなときはまずドアと屋根の雪を払って車内に入り、ワイパーがオフであることを確認してエンジンをかけよう。雪が積もった状態でワイパーが動いてしまうと、ワイパーアームが折れたりモーターの故障に繋がるためだ。

 エンジンがかかったらフロントウィンドウの曇りを取るデフロスタとリアウィンドウの熱線デフォッガーを作動させ、じわじわ温めながらウィンドウ周りの雪を払う。

 ここで間違ってもウィンドウにお湯をかけたりしないこと。寒暖差の膨張にガラスが耐え切れず、最悪の場合割れてしまうこともある。なお屋根の雪を落とさずに走り出すことも絶対やめたい。不用意に雪が落ちると後続車の障害となり、事故の原因にもなるためだ。

 雪国では、ワイパーゴムがガラスと固着してしまうのを防ぐため、ワイパーを立てて駐車するのが基本。とはいえ「立てておいたら雪の重さでワイパーが曲がってしまった」という人もいるから、状況を見て判断したい。

 ワイパーに古新聞などを挟んで浮かせるだけでも効果があるし、ワイパーゴムを固着に強いスノーブレードに交換しておくという手もある。

 さて。いかがだったろうか。冬のレジャーは楽しいが、その楽しさを行き帰りのトラブルで台無しにしてはいけない。万全の準備で楽しいドライブを楽しみたい。

【画像ギャラリー】また冬がやってくる!! 雪の降らない場所で暮らす人が雪国に出かける時の注意点(5枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

あのパジェロもセリカも復活する!! 春本番に胸躍る! ベストカー4月26日号

花より団子。桜よりベストカーですよ~。胸躍る春の到来とともにお届ける「ベストカー4月26日号」の注目特集はベストカーの真骨頂、SCOOP企画。あの三菱パジェロとトヨタセリカの復活誕生をズドーンと掲載しています。クルマ購入お役立ち特集「アナタの最適解教えマス」、「鈴木利男に参りましたと言わせたい!」特集など、盛りだくさんです。

カタログ