いまディーゼル車を買うメリット・デメリットとは? 逆風だらけ? 数年先の下取りが不安??

こちらの記事でもご紹介している通り、日本では好調に売れているものの、世界的には逆風のなかにあるディーゼル車。そんなディーゼル車、数年後の状況や下取りを考えても「買い」なのだろうか?

日本で乗るディーゼル車購入のメリットとデメリット、そして今と数年後を、自動車ジャーナリスト国沢光宏氏は次のように考察する。

※本稿は2018年11月のものです
文:国沢光宏、桃田健史/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月26日号


■日本にしかないディーゼル車のメリットがある?

(TEXT/国沢光宏)

 やはり、ディーゼルのメリットといえば「燃費のよさ」である。顕著なのは重くて大きいクルマだ。最近ガソリンエンジンの熱効率が大幅に向上しているものの、ディーゼルのような高圧縮比を売りにしているマツダのSKYACTIV-Gですら、同じ車両のディーゼル搭載車と燃費比較したらお話にならない。「ガソリンエンジン使った最も熱効率のいいパワーユニット」であるハイブリッドだってディーゼルに届かぬ。

2018年11月のLAショーでついにお披露目となった新型アクセラ(MAZDA3)。ディーゼルの「SKYACTIV-D」は1.8Lのみとなる。2019年夏の発売を予定

ハリアーやCR-Vのハイブリッドとディーゼルエンジンを積むCX-5の実用燃費を比べると、チョイ乗り&都市部の激しい渋滞を除き基本的にディーゼル優位。大雑把なイメージでいえば車重1500kgあたりがハイブリッドとディーゼルのボーダーラインだと考える。それ以下の車重だとハイブリッドが優位。それ以上になったらディーゼルのほうが燃料コストで勝る(ガソリンと軽油だと燃料の価格も15%程度違う)。

ちなみにディーゼル唯一にして最大の弱点となっているのは「チョイ乗りを繰り返すとススが溜まり調子悪くなる」というもの。燃焼時に発生するススを処理するため、一旦『DPF』と呼ばれるフィルターでキャッチ。一定量溜まったら燃焼させ燃やす。されどチョイ乗りばかり繰り返したら、溜まったススを燃やす時間を確保できない。20分以内のチョイ乗りが続くと、やがてチェックランプがついて調子が悪くなります。

クリーンディーゼルはチョイ乗りを重ねるとススが溜まり、エンジントラブルを起こしやすい

発生したススは吸排気系にも溜まる。こう書くと「なぜ吸気系に?」と思うだろうが、クリーンディーゼルの場合、排気ガスをもう一度吸気側に戻す。これをEGRと呼ぶのだけれど、その通路にススがベッタリ張り付きトラブルを起こす。

エンジンが暖まるとススも乾き、強い空気の流れにより剥がされるものの、暖まるまでは水分を含みベタベタしている。溜まると空気の流れを阻害し、やはりエンジンの調子は悪化します。

そもそも短い距離しか乗らないのなら、あえてガソリンエンジンより高価なディーゼルを選ぶ必要もないと思う。逆に、年間走行距離が多いという使い方であれば、燃費がよくて太い常用回転域のトルクを出すディーゼルは日本の道路環境に合っている。何より日本の場合、軽油のほうがガソリンより圧倒的に安い。世界的に見るとガソリンと軽油はほぼ同額。軽油の安い日本でディーゼルに乗らないのは損だとすら考えます。

次ページは : ■下取りや数年先の人気を考えた時もディーゼル車は「買い」なのか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ