【バス、電車、船…】 超長期で活躍する乗り物たちの中古事情と新型導入事情


 今や“人間100歳時代”。まわりを見ればパワー溢れる中高年も多い現代。ふと乗り物に目をやると、昔から走っていそうな古めのバスや電車などが目立つ。人間同様、年月が経っても元気です。

「新車を導入して何年使っているんだろう」と思っていたら、最初から古いまま、つまり中古車を導入していりケースは珍しくないらしい。その業界に需要があるから中古モノが出まわるわけだが、でもなぜ中古を導入? その費用は?

 乗り物界の新型導入事情、探ってみようじゃないか。

※本稿は2019年2月のものです
文:末永高章、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月10日号


■バスの世界 ── 路線バスの60~70%は“もともと”中古車

 まずは身近なバス。実は担当、世間で走るバスはほとんどが新車から走りだしていると思っていた。が、さにあらず。業界の中古車の事情を弊社発行「バスマガジン」の末永高章編集長に語ってもらった。

*   *   *

 現在、日本を走っている路線バスのうち、全国的には60~70%ほどは中古車といえる。ただし都市生活者が目にする車両はほぼ100%が新車、地方で見る場合は80%ほどが中古車という分布といえる。

 大型で1台4,000万円以上という価格のバスは、いくらバス事業者とはいえホイホイと新車を導入するわけにはいかない。新車を計画的に導入できるのは、鉄道系事業者や公営など、多くの営業距離数を持つ大手だけだ。

 では、中小のバス事業者の車両導入は? というと、これはもう大手から流れる中古を買うことになる。それも乗用車のように中古車店で買うという場合は非常に少なく、多くの場合、大手A社と中小B社が協定関係を持っており、たとえばA社で導入した新車を6年後にはB社が中古導入する、というシステムになっている。バスの場合、これを“移籍”と呼んでいる。

茨城県に2つの鉄道路線と多くのバス路線を持つ関東鉄道の路線バス。こちらも中古車だ

 そしてもうひとつのパターンが大都市部から地方へと移籍されるケース。これも大手から中小へという事情もあるが、それとは別に排出ガス規制対応のためと、バリアフリー化のためという背景が。

 現在の日本の大型車に対する排出ガス規制は、世界一厳しい「ポスト・ポスト新長期規制」。これは大都市圏のみが対象で、地方ではまだ指定されていない。

東京・オノエン観光の観光バス。パッと見は新車のようだが、中古モデルが活躍している

 よって、かつて大都市圏を走っていた現在の規制対策車ではない(それ以前の排出ガス規制対策)バスは、法律上、大都市圏を走れないので、地方の事業者へ移籍させた方が、大手事業者としてもありがたいという図式となる。

 ノンステップ車など、スロープでクルマ椅子も乗車できるバリアフリー対策車も同じ理由。東京や大阪ではすでにステップのある大・中型バスは営業運行できないため、乗降ステップのある車両も同様に、地方の事業者へ移籍させるしかないのだ。

排ガス規制の関係で、大都市部から地方へ移籍する路線バスも多い。写真は北海道の函館バス

■鉄道車両の世界 ── 都会の車両が地方へ、世界へ

 お次は鉄道の中古車両事情、どんな感じなのか?

 鉄道車両はとにかく高価だ。大手私鉄企業ならば新車をどんどん購入できるけれど、地方の中小私鉄にとって新車購入は経営を大きく圧迫する。だから、大手私鉄でお役ご免となった車両が中古車として地方私鉄に譲渡されるのはごくごく普通のこと。

バス同様高価ゆえに新車導入は難しい鉄道業界。メンテナンスによりかなり古い車両がバリバリ現役で走る。これら写真の埼玉県・秩父鉄道も中古車両使用

 ちょっと前の鉄道車両は寿命40年程度に設定されていたから、メンテナンスをしっかりすればまだまだ使えるし、最近の車両よりも頑丈で壊れにくいという利点もある。

 関東だと埼玉県の秩父鉄道には元東急の8500系や8090系といったステンレスボディの近代的な車両が中古として走っている。都営三田線で走っていた6300系も走る。こちらは熊本電鉄にも譲渡されて今も現役だ。熊本電鉄には東京メトロ銀座線の01系も走っている。

秩父鉄道では古くは1972年製の車両も使われるが、走りは快調だ。写真は元東急6300系

 ちなみに秩父鉄道では、数年前まで元国鉄の通勤電車の代表車両101系も! 廃止直前には中央線のオレンジ色などに塗り直されて、懐かしいシーンを再現していた。

 京王電鉄の古い車両5000系が千葉県の銚子電鉄や山梨県の富士急行、四国の高松琴平電鉄や島根の一畑電鉄に譲渡されているケースもある。面白いのは、ほかのケースでは線路幅(軌間)が共通な路線同士での譲渡なのだが、京王電鉄は特殊な軌間を採用しているため、譲渡に際してわざわざ改造をしていたこと。丁寧な受け渡しだ。

田園風景を走る元東急8090系。地元に愛される足となっている

 最近では海外へ中古車両が輸出されるケースも多い。JR東日本武蔵野線の205系や東京メトロ有楽町線の7000系がインドネシアに輸出されている。日本の誇れる中古モデルが世界で活躍中だ。

次ページは : ■軽トラック ── クロカン走行のために購入されるケースも

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ