辛口評価で鳴らす「元GT-R開発ドライバー」がシビックタイプRを激賞! GRスープラとフェアレディZの評価はいかに!?

辛口評価で鳴らす「元GT-R開発ドライバー」がシビックタイプRを激賞! GRスープラとフェアレディZの評価はいかに!?

 日本レース界のレジェンドにして、R35GT-Rの元開発ドライバーとしても有名な鈴木利男氏は、走りの評価にはめっちゃ厳しい人。そう簡単には手放しで誉めるようなことはない。そんな利男氏が思わず「参りました!」と言ってしまうクルマを探すのがこの企画。今回は日本を代表する3台のスポーツカーに乗ってもらうことにした!

初出/ベストカー2023年6月26日号(内容、データはすべて掲載時のものです) 

PHOTO/奥隅圭之

<br>ハイブリッドが当たり前の時代に純ガソリンターボ、しかも3ペダルの6MT車ばかり。ここだけ時代が止まっているかのようなラインナップとなった今回だが、この手のスポーツカーなら利男氏の評価はとても重要。さぁ、どうなる!?

ハイブリッドが当たり前の時代に純ガソリンターボ、しかも3ペダルの6MT車ばかり。ここだけ時代が止まっているかのようなラインナップとなった今回だが、この手のスポーツカーなら利男氏の評価はとても重要。さぁ、どうなる!?

 レジェンドレーサーにして、元R35型GT-R開発ドライバーとしても名高い鈴木利男氏は、クルマの走りの評価にだけはものすごく厳しい。ちょっとやそっとのことでは「いいね!」しない人なのだ。

 逆にだからこそ、利男氏に「参りました」と言わせたいという願望からこの企画が始まったわけだが、過去4回で15台のクルマに乗ってもらって「参りました」はGRヤリスの1台のみ。実に打率は0割6分6厘で、とっても厳しい監督(←利男氏のこと)と、二軍に落とされそうな選手(←BC編集部のこと)という図式になってきてしまった。

 そこで5回目となる今回は、現時点で最強とも言える3台のスポーツカーを用意した。シビックタイプR、GRスープラ、フェアレディZ。すべて3ペダルの6速MTで、電動化のかけらもないターボ車ばかり。さぁどうなるか、試乗といこう!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号