燃費爆上げ確実! スバルのストロングハイブリッド第1弾[クロストレック]初公開!! [新型フォレスター]にも搭載へ!!!

燃費爆上げ確実! スバルのストロングハイブリッド第1弾[クロストレック]初公開!! [新型フォレスター]にも搭載へ!!!

 スバルは2024年5月28日、トヨタとマツダと3社共同でワークショップを実施し、そのなかでスバルの象徴ともいえる水平対向エンジンにトヨタのTHSIIを組み合わせたストロングハイブリッドを初めてメディアに公開。これが未来のスバルの源になる!

文:ベストカーWeb編集部・渡邊龍生/写真:ベストカーWeb編集部、スバル

■ついにトヨタのシステムを組み込んだ次世代e-BOXERを公開!

擬装が施された現行型クロストレックには次世代e-BOXERプロトタイプが搭載されていた
擬装が施された現行型クロストレックには次世代e-BOXERプロトタイプが搭載されていた

 都内で発表されたスバル、トヨタ、マツダの3社によるワークショップだが、会場内には擬装が施されているスバル車が置かれていた。それがボンネット内の搭載エンジンが丸見え状態となっていた現行型クロストレックだ。

 そう、このクロストレックこそスバルの次世代e-BOXERだ。今回のワークショップ開催に当たり、初めて実物の次世代e-BOXERが公開されたことになる。また、ユニット自体もプロトタイプが初公開された。

報道陣に初めてプロトタイプが公開された次世代e-BOXER
報道陣に初めてプロトタイプが公開された次世代e-BOXER

 展示車のクロストレックには、スバルロゴのカバーが装着された水平対向エンジンにトヨタのハイブリッドシステムであるパワーコントロールユニットが装着されていた。

 この日、技術説明を行ったスバルの藤貫哲郎CTOによれば、次世代e-BOXERはスバルらしさを継承するハイブリッドシステムとのこと。これまでの2Lマイルドハイブリッド、e-BOXER(インプレッサ、クロストレック、フォレスターが搭載)はパラレル式のハイブリッドだったため、燃費数値的にはあまり寄与しないものだった。

次世代e-BOXERがどのようなモデルになるのかをレクチャーするスバルの藤貫哲郎CTO
次世代e-BOXERがどのようなモデルになるのかをレクチャーするスバルの藤貫哲郎CTO

 マイルドハイブリッドのe-BOXERは小型のモーターとバッテリーを使っているため、モーターからのサポートが少なく、どうしても燃費性能をアップさせることができないままでいたからだ。

■2025年から次世代e-BOXERの生産開始へ

3社のワークショップ会場内で展示された次世代e-BOXERプロトタイプ
3社のワークショップ会場内で展示された次世代e-BOXERプロトタイプ

 これが次世代e-BOXERになると、エンジンからの動力はジェネレーターを介して効率のいいほうに分配されるシリーズ・パラレル方式に変更される。定評のあるTHSの効率の高さは実燃費性能の高さに表れているが、これがスバル車に採用されることでスバルのアキレス腱ともいわれる燃費性能は劇的に向上し、ひいては念願のCAFE(企業平均燃費)クリアが見えてくる。

 すでに2024年5月13日、スバルは2024年度3月期決算説明で、次世代e-BOXERを新型フォレスターだけでなく、クロストレックにも展開することをアナウンスしていた。

2024年秋から次世代e-BOXERのトランスアクスル生産が開始される
2024年秋から次世代e-BOXERのトランスアクスル生産が開始される

 次世代e-BOXER用のトランスアクスルについては2024年秋から生産開始することを明らかにしており、また2025年から次世代e-BOXER車を本工場と矢島工場で生産するとしている。

 公開された水平対向エンジン+THSのエンジン排気量が2Lなのか、2.5Lなのかは明らかにされていないが、燃費的には2Lを採用するのが妥当とも思える。いずれにせよ、筆者がディーラーサイドからキャッチしていた「現行型RAV4のシステムを流用する」との情報が正しかったことが証明された。

次ページは : ■クロストレック、新型フォレスターともに2024年秋発表か?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します