【同じ車種なのにタイヤが3種類!?】いったいどのサイズが適正サイズなのか?


 新車を買う時、同じ車種なのに、グレードによってタイヤサイズが2、3種類あったりして、グレード選びに迷ったりすることありませんか?

 いったい、どのタイヤサイズがその車種の適正サイズなのでしょうか? 

 またインチアップする時に注意すべきポイントや弊害はどのようなものがあるのでしょうか? モータージャーナリストの高根英幸氏が解説します。

文/高根英幸
写真/ベストカー編集部 ベストカーWEB編集部


その車種の適正サイズを見極めよう

シビックタイプRは、見た目にも薄い245/30ZR20サイズのタイヤを装着。太く薄いタイヤが近年のトレンドだがその車種に合った適正サイズのタイヤってどのサイズなのだろうか?

 夏はタイヤのパンクが多い季節だ。2019年7月のJAFの救援データを見ると、過放電バッテリー(1位:5万262件、全体の28.69%)に次いで、3万6719件で2位(全体の20.96%)となっているのが、タイヤのパンク、バースト、エア圧不足である。パンクに気付かず走行してしまい、タイヤ&ホイールをダメにしてしまうケースもある。

 その理由にはクルマの信頼性が向上したことで空気圧管理まで忘れがちになっていることや、乗り心地や操安性の向上でパンクや空気圧低下にドライバーが気付きにくくなったという部分もある。

 さらに、インチアップして低扁平タイヤを履かせたことでパンクや空気圧不足に気付かず走行を続けてしまうドライバーが増えていることがある。これはインチアップというカスタムのデメリットともいえるだろう。

 タイヤホイールは、クルマを楽しむオーナーにとって自分のこだわりが示せるアイテムだ。路面と接している最も大事な部分ながら、ホイールのデザインやブランド、タイヤのサイズや銘柄など、オーナーの好みが反映できる要素が大きいからだ。

 昔はまずクルマを購入したらアルミホイールを履き替えるのが定番(それ以外の改造が禁止されていたことも理由)だったが、純正のアルミホイールも軽量化、デザインの洗練が進み、今では純正にこだわる人も多いのも事実。

 それくらい純正のタイヤホイールは、自動車メーカーの開発エンジニアやテストドライバーがじっくりと試して、車種によっては専用タイヤまでタイヤメーカーと共同開発することもあるほど。チーフエンジニアや操安担当のエンジニアも、当然タイヤにはこだわっている。

 しかし純正タイヤでもサイズにバリエーションがあるクルマも多い。これはユーザーにとって、迷う原因の一つに違いない。けれども車種によって適正なタイヤサイズが存在するハズだ。

 そもそも純正のタイヤサイズはどうやって決まるかというと、車重やボディサイズ(ホイールハウスに使えるスペース)、エンジンのトルク特性、車両総重量状態でのブレーキ性能、乗り心地、燃費、操安性、コスト…など、さまざまな要素から、そのクルマを開発するチーフエンジニアが決定している。

(画像ギャラリー)【同じ車種なのにタイヤが3種類!?】いったいどのサイズが適正サイズなのか?

日産ノートの適正タイヤサイズは?

ノートe-POWERにはガソリン車よりも1インチ大きい 185/65R15タイヤ を装着している
ノートの標準ガソリン車に標準装備される185/70R14

 まず日産のノートを例に挙げると、ガソリンエンジン仕様のノートの標準タイヤは185/70R14だ。それに対してオプションで185/65R15が用意されている。

 そして、ノートe-POWERは185/65R15が標準タイヤだ。これはe-POWERのほうが車重が160~200kgも重く、走行中のタイヤに掛かる負担が大きくたわむ量も増えるので、ケーシング剛性の高い低扁平タイヤを選択しているのだ。

 またスチールホイールの場合、外径が大きいと重くなってしまうので、ガソリンエンジンのノートはコストも考えて14インチを選択しているという事情もあるだろう。

 こうした条件で考えると、組み合せるタイヤの銘柄にもよるが日産ノートの場合、最適なタイヤサイズは185/65R15で軽量なアルミホイールを組み合せた仕様と言えそうだ。

 もっとも乗り心地や走りの軽快感を優先して、ノートe-POWERのタイヤを後から、ノートのガソリン車に標準設定されている185/70R14タイヤに交換するのもアリと言えばアリだ。ただし、ノートe-POWERに185/70R14タイヤのオプション設定はない。

 ロードインデックス( タイヤ1本で支えられる、規定の条件下での最大負荷能力=最大耐荷重) は同じ(純正タイヤの場合)なので、強度的には問題ない。

 ちょっと個性的なアルミホイールを履いてインチダウンさせるカスタムの手法もあるし、タイヤのケーシング剛性(サイド剛性)が高いスポーティなタイヤを組み合せることで、より走りと燃費を両立させることもできるだろう。

 ちなみにノートではノートNISMOは195/55R16が標準で、ノートNISMO Sは205/45R17(NISMOにオプション設定)と、さらにタイヤホイールがインチアップされている仕様もある。

 これらは足回りやボディ補強などといった専用チューニングが施されており、タイヤホイールの剛性アップに足回りやボディが負けないため、タイヤ本来のパフォーマンスを発揮できるし、乗り心地も確保できている(といっても硬めではあるが)のだ。

スポーティなノートNISMOには、195/55R16タイヤが標準装備。NISMO Sは205/45R17(NISMOにオプション設定)が標準装備

次ページは : インチアップの功罪

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ