【同じ車種なのにタイヤが3種類!?】いったいどのサイズが適正サイズなのか?

 新車を買う時、同じ車種なのに、グレードによってタイヤサイズが2、3種類あったりして、グレード選びに迷ったりすることありませんか?

 いったい、どのタイヤサイズがその車種の適正サイズなのでしょうか? 

 またインチアップする時に注意すべきポイントや弊害はどのようなものがあるのでしょうか? モータージャーナリストの高根英幸氏が解説します。

文/高根英幸
写真/ベストカー編集部 ベストカーWEB編集部


その車種の適正サイズを見極めよう

シビックタイプRは、見た目にも薄い245/30ZR20サイズのタイヤを装着。太く薄いタイヤが近年のトレンドだがその車種に合った適正サイズのタイヤってどのサイズなのだろうか?

 夏はタイヤのパンクが多い季節だ。2019年7月のJAFの救援データを見ると、過放電バッテリー(1位:5万262件、全体の28.69%)に次いで、3万6719件で2位(全体の20.96%)となっているのが、タイヤのパンク、バースト、エア圧不足である。パンクに気付かず走行してしまい、タイヤ&ホイールをダメにしてしまうケースもある。

 その理由にはクルマの信頼性が向上したことで空気圧管理まで忘れがちになっていることや、乗り心地や操安性の向上でパンクや空気圧低下にドライバーが気付きにくくなったという部分もある。

 さらに、インチアップして低扁平タイヤを履かせたことでパンクや空気圧不足に気付かず走行を続けてしまうドライバーが増えていることがある。これはインチアップというカスタムのデメリットともいえるだろう。

 タイヤホイールは、クルマを楽しむオーナーにとって自分のこだわりが示せるアイテムだ。路面と接している最も大事な部分ながら、ホイールのデザインやブランド、タイヤのサイズや銘柄など、オーナーの好みが反映できる要素が大きいからだ。

 昔はまずクルマを購入したらアルミホイールを履き替えるのが定番(それ以外の改造が禁止されていたことも理由)だったが、純正のアルミホイールも軽量化、デザインの洗練が進み、今では純正にこだわる人も多いのも事実。

 それくらい純正のタイヤホイールは、自動車メーカーの開発エンジニアやテストドライバーがじっくりと試して、車種によっては専用タイヤまでタイヤメーカーと共同開発することもあるほど。チーフエンジニアや操安担当のエンジニアも、当然タイヤにはこだわっている。

 しかし純正タイヤでもサイズにバリエーションがあるクルマも多い。これはユーザーにとって、迷う原因の一つに違いない。けれども車種によって適正なタイヤサイズが存在するハズだ。

 そもそも純正のタイヤサイズはどうやって決まるかというと、車重やボディサイズ(ホイールハウスに使えるスペース)、エンジンのトルク特性、車両総重量状態でのブレーキ性能、乗り心地、燃費、操安性、コスト…など、さまざまな要素から、そのクルマを開発するチーフエンジニアが決定している。

(画像ギャラリー)【同じ車種なのにタイヤが3種類!?】いったいどのサイズが適正サイズなのか?

日産ノートの適正タイヤサイズは?

ノートe-POWERにはガソリン車よりも1インチ大きい 185/65R15タイヤ を装着している
ノートの標準ガソリン車に標準装備される185/70R14

 まず日産のノートを例に挙げると、ガソリンエンジン仕様のノートの標準タイヤは185/70R14だ。それに対してオプションで185/65R15が用意されている。

 そして、ノートe-POWERは185/65R15が標準タイヤだ。これはe-POWERのほうが車重が160~200kgも重く、走行中のタイヤに掛かる負担が大きくたわむ量も増えるので、ケーシング剛性の高い低扁平タイヤを選択しているのだ。

 またスチールホイールの場合、外径が大きいと重くなってしまうので、ガソリンエンジンのノートはコストも考えて14インチを選択しているという事情もあるだろう。

 こうした条件で考えると、組み合せるタイヤの銘柄にもよるが日産ノートの場合、最適なタイヤサイズは185/65R15で軽量なアルミホイールを組み合せた仕様と言えそうだ。

 もっとも乗り心地や走りの軽快感を優先して、ノートe-POWERのタイヤを後から、ノートのガソリン車に標準設定されている185/70R14タイヤに交換するのもアリと言えばアリだ。ただし、ノートe-POWERに185/70R14タイヤのオプション設定はない。

 ロードインデックス( タイヤ1本で支えられる、規定の条件下での最大負荷能力=最大耐荷重) は同じ(純正タイヤの場合)なので、強度的には問題ない。

 ちょっと個性的なアルミホイールを履いてインチダウンさせるカスタムの手法もあるし、タイヤのケーシング剛性(サイド剛性)が高いスポーティなタイヤを組み合せることで、より走りと燃費を両立させることもできるだろう。

 ちなみにノートではノートNISMOは195/55R16が標準で、ノートNISMO Sは205/45R17(NISMOにオプション設定)と、さらにタイヤホイールがインチアップされている仕様もある。

 これらは足回りやボディ補強などといった専用チューニングが施されており、タイヤホイールの剛性アップに足回りやボディが負けないため、タイヤ本来のパフォーマンスを発揮できるし、乗り心地も確保できている(といっても硬めではあるが)のだ。

スポーティなノートNISMOには、195/55R16タイヤが標準装備。NISMO Sは205/45R17(NISMOにオプション設定)が標準装備

インチアップの功罪

 タイヤホイールを交換しようとするなら、純正タイヤよりインチアップしたいと思うユーザーは多い。少々飽きがきたクルマも新しいホイールを履くことで新鮮味が取り戻せるものだ。

 ドライバーの好みもあるが、やはりクルマによってインチアップしても限度はある。ここでは適正なインチアップについて考えてみよう。

 前述の通り日産ノートe-POWERの標準タイヤサイズは185/65R15(ノートのガソリン車は185/70R14)だが、外径が少々大きくなるが、物理的には215/35R19まで履くことは可能だ。

 しかしタイヤハイトは極端に薄くなるため、3年程度で乗り換えてしまうような飽きっぽいユーザーならともかく、長く乗るならクルマのダメージを考えると、ホイール径は17インチまでにしておいたほうがいい。

 そうなると225/40R17を選ぶユーザーもいるだろうが、205/45R17を選んだほうがバネ下が軽く、タイヤ代も安くなる。扁平率が高いと見た目がカッコ悪くなると思う人もいるが、タイヤ幅が細いので実際のタイヤハイトはほとんど変わらない。

 タイヤが重く大きいとドタドタした動きになって、乗り心地も悪化する場合もあるのだ。接地面積がやや減るので、グリップ力を高めたいなら225だが、そこは銘柄でもカバーできる部分だ。

 ホイールの種類は限られるが、195/55R16や205/50R16のほうがボディやサスペンションには優しいので、乗り心地や軽快感も重視したいなら、ホイールの選択肢は限られる(16インチは種類が少ない)が1インチだけのアップも考えてみることをお勧めする。

 また、タイヤの外径は純正サイズとほぼ同等にするのがセオリー。これは外径が変わってしまうと変速機やホイールの回転から検出している車速信号が実際の車速とズレてしまい、スピードメーターや燃費計の数値に狂いが生じてしまうからだ。

 さらにADAS(先進運転支援システム)を装備しているイマドキのクルマは、車速信号が非常に大事なパラメータなので、衝突被害軽減ブレーキの確実な作動などを考えれば、無闇に外径を変更すべきではない。

 もっと言えば、同じタイヤサイズでも銘柄によって実際には外径やタイヤ幅が微妙に異なるので、そのあたりも注意してタイヤ選びをすることだ。

現行プリウスの適正タイヤサイズは?

見た目には17インチのほうがスタイリッシュに見えるのだが……
マイナーチェンジ後の現行プリウスに設定されている195/65R15タイヤ(左)と215/45 R17タイヤ(右)

 現行のトヨタプリウスの場合は195/65R15と215/45R17が標準タイヤサイズとして設定されている。具体的にはAプレミアム、A、S、Eグレードが195/65R15で、各グレードのツーリングセレクションが215/45R17となる。

 ちなみに195/65R15タイヤを装着したグレードのJC08モード燃費は37.2~39.0km/L(Eのみ)、215/45R17タイヤを装着したグレードは34.0km/Lとなっている。

 乗り心地も15インチと17インチタイヤでは違いがある。しなやかな15インチに対して、17インチでは路面から入力が大きく、荒れた路面ではゴツゴツ感がある。もちろんグリップ力、安定感、ライントレース性では当然17インチが優れている。

 やはり、プリウスはハイブリッド車という性格上、乗り心地や燃費のことを考えると、適正サイズは195/65R15サイズだろう。ただし、各グレードに標準設定されているタイヤサイズが決められていて、オプション展開はないため、最初からそのタイヤが装着されているグレードを選ばなくてはいけない。

 このように同じ車種でもグレードによってタイヤホイールのサイズが異なることは多いが、ベースグレードのクルマに上級グレードのタイヤホイールを装着しても、たいていの場合は足回りが共通なので問題はない。

 プリウスをインチアップするなら18インチがお勧めだ。ただし、15インチ装着車はスタビライザーなど、17インチのツーリングセレクションとは足回りが違うのでお勧めできない。すでに純正の17インチのツーリングセレクションでも45扁平でタイヤハイトは薄いので、225/40R18がサスペンションやボディの負担、乗り心地を考えると限度と考えよう。

足回りやボディの仕様が違えば、同じタイヤサイズでも乗り味は変わる

スープラSZのタイヤサイズはフロント225/50R17、リア255/45R17
SZ-Rのタイヤサイズはフロント255/40ZR18、リア275/40ZR18。アルミホイールは切削光輝+ブラック塗装仕様
RZのタイヤサイズはフロント255/35ZR19、リア275/35ZR19。アルミホイールは鍛造タイプ

 サスペンションの仕様がグレードによって異なる場合は、注意が必要だ。

 トヨタスープラの場合、ベースグレードのSZは17インチ(オプションで18インチ)でSZ-Rは18インチ(オプションで19インチ)、RZは19インチ(オプションで18インチ)となっている。

 しかし、SZ-R以上は電子制御のダンパーが入っているため、乗り心地も確保しやすいので19インチでも問題ないが、SZに19インチは履かせると乗り心地やハンドリングに悪影響が出る可能性は高い。

 スープラの場合、SZは17インチ、SZ-R以上は18インチが適正サイズと言えそうだ。

セレナの適正タイヤサイズは?

セレナe-POWERハイウェイスターG、ハイウェイスターG、ハイウェイスターV(2WD)に標準装備される195/60R16タイヤ
こちらがセレナe-POWERに標準装備される195/65R15

 日産セレナは、純正が195/65R15で、純正オプションが195/60R16(ハイウェイスターに標準)。

 NISMOでは205/50R17を履いているがノート同様、NISMOは専用のサスペンションだけでなくボディには補剛パーツが奢られている。

 セレナに限らずミニバンはボディ剛性が低めなので、セレナの適正サイズは標準の195/65R15だろう。見た目もそう大きくは変わらないし、ミニバンでハンドリングを求めることもあまりないのでこれが正解。

 また、通常グレードのセレナに17インチを履かせても、乗り味はNISMOと同じようにはならないだけでなく、ボディにダメージがおよぶ。

 17インチ以上のタイヤホイールを履かせるなら、せめてコンフォート系の車高調整式サスペンションとコンフォート系ミニバン専用タイヤを組み合せるべきだろう。

 インチアップしても乗り心地やハンドリングを両立させようとするのなら、サスペンションを減衰力調整式に交換したり、ボディに補剛パーツを追加するなどである程度はカバーできる。

 しかしキチンとセッティングできるショップと、求める乗り味をイメージできるドライバーでなければ、なかなか思うように仕上げることは難しい。それもクルマ趣味の楽しみと言えるのだが。

結論/適正サイズはどのサイズ?

 最後に紹介してきた車種以外の適正サイズの見極め方を説明しよう。標準装着タイヤは、コストも含めて実に練り込まれて決定されている。

 標準タイヤホイールがスチールホイールの場合、アルミホイールにすることで乗り心地やハンドリングの性能向上が見込まれる。

 だから基本は適正サイズはその車種に設定されている最も細い標準タイヤサイズ~1インチアップ(タイヤ銘柄やホイールでの性能アップ分を考慮して)だと考えよう。

 スチールホイールのサイズのままでもいいのだが、本来1インチアップが理想でもスチールではバネ下重量の問題から1インチダウンした選択も見受けられるからだ。

 そしてインチアップするなら純正+2インチまでと考えるべきだ。それ以上になると乗り心地の悪化、走行中にも穴やギャップに気を使う(ホイール破損を防ぐため)ことになるし、長い目で見てボディや足回りにダメージが蓄積することを覚悟して行なうしかないのだ。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ