【来春から東京都でも義務化!? 全国急増中!】「自転車保険」の中身とは?


 毎年、約6分8秒に1回(2018年)発生しているという自転車事故。自転車事故を起こして、当事者となり、相手をケガさせてしまったり、最悪の場合は死亡させてしまった場合には、刑事上の責任とは別に、民事上の損害賠償責任を負わなければいけない。その金額は数千万円から約1億円にも上ることもある。

 そうした万が一の高額な損害賠償金の支払いに備えるのが、「自転車保険」の個人賠償責任補償だ。自動車でいえば任意保険にあたるこの自転車保険、今、急速に全国の自治体で自転車保険の義務化が始まっている。

 兵庫県が2015年10月に全国の自治体としてはじめて自転車保険を義務化。2019年10月1日からは東京都豊島区や神奈川県が義務化し、さらに東京都は2020年4月の導入を目指している。

 さて、その自転車保険の内容はどのようなものか? いくらでどのくらい補償されるかなど、自転車保険の今を高根英幸氏が解説する。

文/高根英幸(自動車テクノロジーライター)
写真/Adobe Stock

(画像ギャラリー)東京都の自転車保険義務化の条例改正案、神奈川県の自転車保険義務化ポスター、TSマーク付帯保険の補償内容詳細


自転車といえども保険に入るべき

たかが自転車と軽んじることなかれ。いざという時のことを考えて自転車保険に入るべきだ

 自転車保険と聞いて、自転車に乗っている人が転倒などした際に治療費などを補償する保険なのか、と思う人もいるだろう。それは医療保険や傷害保険の適用範囲だ。

 もちろん自転車保険にも、自分の怪我による治療費などをカバーしてくれる傷害保険まで含まれているものもあるが、自治体が条例で加入義務化を進めているのは、自転車に乗車中の人が他人にケガをさせた場合の治療費や慰謝料などをカバーする、損害賠償保険だ。

 というのも自転車と歩行者の接触事故、自転車同士の接触事故などで相手を重症や死亡させてしまった場合、裁判で高額な賠償金を支払う判決が出たケースもある。

 そんな状況になってしまったら加害者家族、被害者家族のどちらも不幸になってしまうことを避けるため、せめて保険金が支払われるように備えておく、というのが加入義務化の目的だ。

 「自転車保険」と聞くと自転車専用の新しい保険商品のように聞こえるが、その内容は30年前からある個人賠償責任保険と同じものなのだ。個人賠償保険とは、他人にケガをさせてしまったり、店舗などで高額な商品を破損させてしまった場合に賠償費用を保険金として支払ってくれるもの。

 しかも1億~3億と高額な賠償にも対応できるほど、保険金の上限額は高くなっていて、それでいながら保険料は安い。

 その理由としては自動車事故に比べ損害の発生する確率が低く、一般的には損害額も低めということもあるのだろう。

毎月100円台、年間数千円で、3億円の賠償金までカバー

 自転車保険、という名前での保険商品が出回るようになったのは、ここ10年前後でのこと。件の自転車ブームやロードバイクブームなどがあり、自転車による交通事故に注目が集まったこと、高額な賠償金の判例が出たことがきっかけだったと思われる。

 自転車保険は、自転車での事故のみ賠償するものであれば、1カ月103円、年間1300円程度という低額から存在する。

自転車保険のネット申し込みランキング1位のau損保の場合。本人が加入する例を示したが、家族全員のタイプはブロンズが年間8090円、シルバーが1万4860円、ゴールドが2万2250円となる。詳細は保険会社にお問い合わせください

 自転車運転者本人のケガまでカバーする個人賠償保険でも、保険料は年間3000円前後、家族までカバーするタイプでも年間4500円前後からあるので、それを選んでもいい。  

 これには弁護士特約などの示談交渉サービスまで含まれていることも多く、生活トラブルにも利用できるケースもあるので、入っておくと安心だ。

 自治体などの条例で自転車保険の加入を義務化するのも、市民にとって負担が少なく、万一の時の備えとして充分な内容であるからだ。

 自転車屋さんで有料の安全点検を受けるとTSマークというシールが貼られ、それにも賠償責任保険が付いている。

 TSマーク(自転車向け保険)は自転車安全整備士が点検確認した普通自転車に貼付されるもので、このマークには傷害保険と賠償責任保険、被害者見舞金(赤色TSマークのみ)が付帯している。

 TSマークには、青色マーク(第一種)と赤色マーク(第二種)があり、賠償内容が違う。 死亡もしくは重度後遺障害(1~7級) の補償は青色TSマークが1000万円、赤色TSマークが1億円。

 傷害補償の死亡もしくは重度後遺障害(1~4級) 補償は青色TSマークが30万円、赤色TSマークは100万円。

 入院補償(15日以上)は青色TSマークが1万円、赤色TSマークが10万円となっている。肝心の保険料の目安は店の整備代金にもよるが青色TSマークが1500円、赤色TSマークが2500円ほどだ。

自転車屋さんで自転車を点検した際に料金を支払えば付帯保険に入ることできる。その際、貼られるがこのTSマーク。このマークには傷害保険と賠償責任保険、被害者見舞金(赤色TSマークのみ)が付いている(付帯保険)

 ただし、いざ保険金の支払を受ける時に手続きが面倒だったり、保険金が支払われる条件が狭かったりする可能性もあるので、単に保険料の安さだけで選ばず、保険の中身を見比べて選ぶことが大事だ。

 もっともクルマを持っていて自動車保険に加入しているドライバーなら、その自動車保険の特約として個人賠償保険を付けられる損保会社も多い。

 それなら同居の家族まで補償されて3000円前後で加入できるので、特約で加入することをお勧めする。もちろん弁護士特約などの示談交渉サービスの有無も確認して、選んでおくべきだ。

次ページは : 自転車事故の損害賠償、子供が当事者でも賠償金を支払う