ノートe-POWER 大ヒット快走中!! ナンバーワンの理由と盲点

 ノートe-POWERが登場したのは2016年の11月、もう3年近く経つ。

 ガソリン車のノートを含め、これまでノートは、2017年コンパクトカー販売台数ナンバー1、2018年登録車販売台数ナンバー1という、輝かしい成功を収めている。

 勝因は「e-POWERの成功にある」と日産は公言しており、ホームページ上でも「e-POWERが選ばれ続ける理由」を大々的に宣伝している。

 しかし、「売れている」と言っても、パーフェクトなクルマなんて世の中にはそうはなく、「弱点」は存在する。元ニッサン開発エンジニアの筆者が日産に忖度なく解説する。

文/吉川賢一
写真/NISSAN、編集部

【画像ギャラリー】ノートは3位にランクイン! 2019年8月度販売台数トップ6


■ノートe-POWERの魅力は本当に刺さっているのか?

【いい点1】素晴らしい出来のe-POWER Drive
  日産によると、「ノートe-POWERのキーポイントは、『踏んで驚く』、『緩めて驚く』、『離して驚く』という3度の驚きである」と説明している。幾度かノートe-POWERに試乗した筆者も、「いかにもその通りだ」と思う。

 e-POWERの「ワンペダルドライビング」は、センターコンソールのプッシュボタンで「ECOモード」か「Sモード」にすることで可能になる。

 アクセルペダルを踏む量によってクルマの加速度を調節し、アクセルペダルを戻すことで減速度を決める、という、シンプルでわかりやすい操作だ。

 アクセルペダルを完全にオフにすれば、停止直前ですっとブレーキを抜く、「上級者のブレーキ操作」を自動でしてくれる。自分で制動(位置)をコントロールするほうが、かえってギクシャクしてしまうかもしれない。

【いい点2】一向に減らない航続距離
 ガソリン満タン状態のノートe-POWERに乗り込むと、メーターの中央には航続可能距離650kmとの大きな表示。

 ところが、100km程度試乗したあとも、ガソリンメーターは、なんと1メモリも減らず、航続可能距離の表示はむしろ増えて、「690km」に。

 アクセル操作の仕方で、航続距離が延びることはよくあることだが、ガソリンが(実際は減っているのであろうが)見た目に減らないのは、不思議な感覚だった。

 最終的に200km強を走行し、ガソリンメーターは2メモリ減って、航続可能距離の表示は680km、ガソリン消費は8Lとなり、メーター読みの実燃費は、25km/Lと表示されていた。

 カタログ燃費は34.0km/L(JC08モード)なので、約25%の乖離。とはいえ、この実燃費のよさは本当に驚異的だ。

日産のEV「リーフ」で培った技術があればこそ誕生したe-POWER。エンジンを発電用として、モーター駆動で走らせるシリーズ式ハイブリッドがその正体だ

【いい点3】操舵が一発でスパっと決まる! ステアリング修正の少なさ
 意外にもよく感じたのが、コーナリングシーンでの「きびきび」したハンドリングだ。

 ノートe-POWERはコンパクトなボディに、少し高めの全高、e-POWERシステムとバッテリー搭載による車重アップ、そしてこのクラスでは標準的な185/65R16タイヤ(ブリヂストン製)。

 これらのスペックから、落ち着いたハンドリングを想像していたが、一般道の中低速コーナーでの応答性は、いい意味で予想を越え、操舵が一発でスパっと決まる、気持ちのいい応答を示してくれた。

 コーナリング中に操舵角を探るような「ステアリングの修正」も少なく、きびきびしているが落ち着いた、安心感のあるハンドリングだ。筆者は少し、ノートe-POWERを甘く見ていたようだ。

軽快なハンドリングと、レスポンスのいいパワフルなモーターの組み合わせで、軽快に走る

■ライバルに劣る動的質感がネック

【気になる点1】絶えず聞こえるエンジンの唸り音
  標準のノートに対しては、エンジンがある前方とキャビンの間への遮音対策が追加でされてはいるが、走行中、10分に一度くらいならまだしも、1分に一度くらい「ガーガー」と、芝刈り機のごとくエンジンが発電する音が聞こえてくるのは、質感の面で非常に残念な点だ。

1.2Lエンジン(HR12DE)を、ノートe-POWER専用に改良し搭載している

 ただ、上位グレードの「MEDALIST」では、側方のドアなどにも遮音材対策もしているとのこと。メーカーも「うるさい」のは承知の上で、上位グレード以外は、コストカットのために遮音対策を削るといった、割り切った開発をしているようだ。

 我々のようなメディア側が試乗するクルマは、上位グレードの「MEDALIST」が多いため、試乗レビューに「ノイズは許容範囲」と書いてくれるのを期待しているのかもしれないが、そうはいかない。

 カタログにある「走行時の騒音基準が2クラス上、※e-POWER MEDALISTのみ」の表示は、小さすぎないだろうか。

【気になる点2】段差乗り越し時の、ノイズとヒョコつく乗り心地
 路面の段差やつなぎ目を超える際に聞こえる、「ダンッ」「ドタンッ」という音が、少し大きく感じる。乗り越し時の上下の加速Gは少なく感じるが、段差インパクト時のノイズが聞こえることで、クルマの質感を損ねている、と感じる。

 また、きびきびしたハンドリングを優先したのか、ひとり乗りの場合、ボディが上下にヒョコつくシーンがある。

「ボディの余計な上下のフワ付きを抑制している」と言い換えて表現することもできるが、「しっとりと路面の起伏をいなして滑らかに進んでいく」、より質感の高い乗り心地を、期待したいところだ。

古いプラットフォームを改良しながら使い続けているノート。次世代型プラットフォームを採用しているライバルに後れを取っている

 ノートe-POWERの長所はずばり、「走り」と「燃費」だ。

 クルマに興味がない人でも、5分も試乗すれば、ガソリン車との違いに「あれ? 何かが違う!」と驚き、驚異の燃費で「感動」をして、購入後には「買ってよかった」と満足できるだろう。対する短所は、「質感を損ねている音振(下位グレード)」だろう。

 クルマを作っていた開発エンジニアの視点で試乗をすると、見逃せない弱点は見つかるが、いいクルマの本質は「お客様が喜んでくれるクルマ」に仕上がっているか否かだ。

 上記で上げた、気になる点を覆いつくす「圧倒的な何か」が、このノートe-POWERにあるのだと思う。

 現時点でも、選んで間違いのない「推し」の1台に変わりはないが、そろそろ目新しさがなくなってきたのも事実だ。次期型にも期待したい。

【画像ギャラリー】ノートは3位にランクイン! 2019年8月度販売台数トップ6

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ