【アイデアはよかったが消えていった】日本車 珍技術 珍装備の道程


 1970年くらいからバブル崩壊までは、日本のクルマ業界の成長期で、経済的にも上り調子だった。自動車メーカーは、失敗を恐れず、研究開発費をふんだんに投入することができたので、実に個性的なクルマ&技術が生まれた。

 今回は、よかれと思って投入した新技術&新装備。だがワキの甘さか狙いの甘さか。市民権を得るには至らず、「新」がいつしか「珍」となる。そんな愛嬌あふれるヤツらをご紹介したい。

※本稿は2019年9月のものです
文:清水草一(技術)、渡辺陽一郎(装備)/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年10月26日号

【画像ギャラリー】珍技術&珍装備を搭載していた懐かしのクルマたちが登場!


■技術編

●ハイパーシフト

ホンダ/トランスミッション
採用車/初代シティ

 元祖トールボーイで大ヒットした初代シティに、1985年4月に追加された珍技術。4速MTに副変速機構を加えた7速MTなのだが、この副変速機の面白いところは、そこだけ自動変速(セミAT)だったこと!

 つまり、ドライバーはフツーに4速MTとして操作するんだけど、アクセル開度などから、2〜4速で自動的にハイとローに切り替わって合計7速! でもって主な狙いは省燃費! なんじゃそりゃって感じで、まったくウケませんでした。

ホンダ 初代シティR。ハイパーシフトを初採用した
2速〜4速それぞれに、車速やアクセルの踏み具合などから演算して自動で高速側と低速側に切り替わる副変速機を備えていた。スイッチ操作で高速側に固定することも可能だった

次ページは : ●NAVi5

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ