新型スバルXV 4年目の大幅改良! デザイン刷新 走りも熟成!

 2020年9月4日、スバルはクロスオーバーSUV、XVの大幅改良モデルを発表、10月8日に発売する。

 スバルXVは2016年のインプレッサのフルモデルチェンジから約半年後となる、2017年5月にデビュー。

  2018年5月にはマイルドハイブリッドのe-BOXERを追加。2019年10月の年次改良では2LのNAモデルが廃止され、2Lモデルはすべてe-BOXER搭載車のみとなった。

 また、アイサイトを最新のVer.3.5ツーリングアシストに換装。予防安全性能はそのままに、さらなる運転支援機能を実現。

 そして9月4日、4年目の大がかりなマイナーチェンジで最新型となるE型のXVが発表された。

 スバルは新型車を投入してから段階的に熟成させていくのが得意で、デビュー当時から別物と言っていいくらい長足の進歩を遂げるモデルがこれまでたくさんあった。だから今回も大いに期待できる。

 さて、スバルXVは、どのような進化を遂げたのか、解説していこう。


文/ベストカーweb編集部
写真/スバル

【画像ギャラリー】旧型からどう進化した? 新型XVを旧型と写真で徹底比較!


デザインを刷新し、足回りもブラッシュアップ

新型XVアドバンス。フロント回りはフロントバンパーやフォグランプカバーおよびフォグランプインサートカバーのデザインを変更、グリルも小さくなり、ウイングも太くなった
2019年10月に発表された一部改良モデルのXVアドバンス。クロムメッキ+シルバー金属調のフロントグリル、フロントフォグランプカバー(シルバー金属調)、サイドクラッディング(シルバー塗装)、LEDハイ&ロービームランプ(光輝プロジェクターリング)を採用
新型XVアドバンス。追加された新色のプラズマイエローパール

 今回の大幅改良では、大きなポイントはエクステリアデザインの刷新。一見するとどこが変わったのかわからないが、旧型と見比べると違いがはっきりする。

 フロントバンパーをはじめ、フォグランプカバーの形状が変更され、バンパー下部にある艶消しブラックのパーツも大型化。

 六角形のヘキサゴングリルも若干形状が変更され、グリル中央のロゴから左右に延びるウイングも太くなり、クロスオーバーSUVらしい力強い印象になった。なお、このウイングの基本はシルバー塗装だがグレードにより、クロームメッキ加飾やブルー加飾が施される。

 また17インチと18インチのアルミホイールは新しい意匠に変更され、デザインを強調する切削光輝加工が施されている。

 ボディカラーは「プラズマイエローパール」を設定することで、スタイリッシュさとSUVらしい力強さを感じさせる仕様とした。

2020年9月4日に発表された一部改良モデル、XV1.6i-L
2019年10月11日に発表された一部改良モデル、XV1.6i-L
2020年9月4日に発表された一部改良モデル、XV1.6i-L
2019年10月11日に発表された一部改良モデル、XV1.6i-L

 インテリアでは、1.6i-Lアイサイトおよびアドバンスでカラーコーディネートやシート表皮を見直し、より上質で先進的な印象を高めた。

インテリアは1.6i-Lアイサイトおよびアドバンスでカラーコーディネートやシート表皮を見直しを行った

サスペンションの改良と制御系を変更

足回りやSI-DRIVEの制御が改良され、スポーツ性を残しつつ、さらにしなやかな走りを実現したという

 一方、走行性能では全グレードでサスペンションを改良。一方の走行性能の面ではサスペンションを改良することで、インプレッサのスポーツ性を残しつつ、SUVらしいしなやかさを両立させているという。

 さらにe-BOXER搭載車では、「SI-DRIVE」のスポーツモード選択時にスポーティな走りをサポートする「e-Active Shift Control」を新採用することで、よりスポーティで愉しい走りを実現したという。

 そのほか、新燃費規格WLTCモード値にも対応し、1.6Lエンジンで13.3km/L、2L e-BOXERで15.0km/Lとなっている。

 安全性能では、見通しの悪い交差点や、駐車・発進時にドライバーの視界をサポートする「フロントビューモニター」をメーカーオプション設定した。

 価格は一部改良前XVの価格から据え置きとなり、1.6Lモデルが220万~233万2000円。2Lモデルが265万1000円~287万1000円。e-BOXERが292万6000円。

北米仕様に用意されている2.5LエンジンやPHVの搭載はなし

 ただ残念なのは、2020年6月9日に発表された、北米仕様のクロストレック(ン本名:XV)2021年モデルに用意された、新型2.5L水平対向4気筒エンジンと、2L水平対向4気筒エンジンに2モーターを組み合わせたPHVが用意されなかったこと。

 改めてそのあたりをスバル関係者に直撃すると「日本仕様にはPHVを含め、2.5Lエンジンの導入予定はまったくありません」とのことだった。

2020年6月に発表された北米仕様のクロストレック(日本名:XV)。写真は182hp/24.3kgmのFB型2.5Lを搭載したスポーツというグレード。ハイブリッドというグレードは137hp/18.5kgmを発生するFA20型2L水平対向4気筒に、118hp/20.6kgmを発生する2モーターを組み合わせたPHV
こちらが日本仕様のXVアドバンス。より精悍な印象となり、SUVらしさが増している


■スバルXVラインアップ
●1.6i アイサイト(1.6L水平対向4気筒):220万円
●1.6i-L アイサイト(1.6L水平対向4気筒):233万2000円
●2.0e-L アイサイト(2L水平対向4気筒+モーター):265万1000円
●2.0e-S アイサイト(2L水平対向4気筒+モーター):287万1000円
●Advance(2L水平対向4気筒+モーター):292万6000円

【画像ギャラリー】旧型からどう進化した? 新型XVを旧型と写真で徹底比較!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ