情報掴んだ!! 新型XVと新型インプレッサ今秋登場! ついにインプにe-BOXER初搭載!!

 北米とドイツのスバルが2020年6月に発表した、2台のスバル車に注目したい。

 まず1台は、北米スバルが6月9日に発表した、クロストレック(日本名XV)の2021年モデル。

 新デザインのフロントバンパーやフロントグリルなどエクステリアのデザインを変更するとともに、新グレードのスポーツを追加し、新たに2.5Lの水平対向4気筒エンジンを搭載した。

 そしてもう1台は、6月8日、ドイツスバルが発表した、インプレッサスポーツのe-BOXER搭載モデルだ。これまでマイルドハイブリッドのe-BOXERはXV(海外名クロストレック)やフォレスターには用意されていたが、インプレッサには初搭載となる。

 はたして、日本より先に海外で発表されたXVとインプレッサスポーツは、日本ではいつ発売されるのか? 

文/ベストカーWeb
写真/SUBARU

【画像ギャラリー】新型クロストレック(日本名XV)と新型インプレッサを写真でチェック!


2020年10月、日本のXVもビッグマイナーチェンジで大幅変更

新型2.5L水平対向エンジンを搭載したクロストレック(日本名XV)のスポーツグレード

 まず、北米スバルが発表したクロストレック(日本名XV)の2021年モデルから紹介していきたい。

 エクステリアデザインは、フロントバンパーやフォグランプカバーおよびフォグランプインサートカバーのデザインを変更、グリルもメッキ部分が大きくなった。

 FB型2.5L、水平対向4気筒エンジン(182hp/24.3kgm)が搭載されるのは「リミテッド」と、新しく追加される「スポーツ」というグレード。

 ベースモデルとプレミアムにはFB20型2L、水平対向4気筒エンジン(152hp/20.5kgm)が搭載される。

 そして、もう1つのグレード、ハイブリッドというグレードには、2L、水平対向4気筒ユニットに2つのモーターを組み合わせたPHVユニットを搭載している。

 このPHVユニットは137hp/18.5kgmを発生するFA20型2L、水平対向4気筒に、118hp/20.6kgmを発生するモーターを組み合わせたもので、駆動方式はシンメトリカルAWD。

 新たに追加されたスポーツというグレードは、エクステリアに専用のホイールアーチモールディング、ダークグレー仕上げのスポーツタイプ17インチアルミホイールを装備したほか、フロントグリル、ドアミラー、エンブレムはガンメタリックカラーとなる。

 インテリアは、イエローのステッチが施されたシートには、Starexと呼ばれる軽量ウレタン素材が使われ、カーボンファイバーのインテリアトリムアクセントも装備される。メーターには、カラーLCDとイエローのメタリックフィニッシュトリムリングが備わる。

汚れがつきにくい素材が使われているクロストレックスポーツのインテリア

 また、ヒルディセントコントロール付きの2モードの「X-MODE」をクロストレックシリーズで唯一搭載する。

 X-MODEは、4輪の駆動力やブレーキなどを適切にコントロールすることで、悪路からのスムーズな脱出を実現するシステムだ。

 雪道や砂利道など滑りやすい道を走行する時はSNOW/DIRT」モード、深雪やぬかるみといったタイヤが埋まるような道ではDEEP/SNOW/MUDモードを設定できる。

 さて、気になるのは、この新型2.5Lエンジンが日本のXVに搭載されるのか、ということ。そのあたりをスバル関係者に直撃したが「日本仕様にはPHVを含め、2.5Lエンジンの導入予定はまったくありません」とのこと。実に残念だ。

 ただし、2020年10月に行われる予定のビッグマイナーチェンジで、XVのエクステリアのデザイン変更が行われるとのことだ。スポーツという新グレードも設定される可能性が高い。

クロストレックリミテッド

インプレッサスポーツにe-BOXERを追加

ドイツスバルが発表したインプレッスポーツe-BOXER。日本には2020年10月の年次改良で搭載される見込み

 日本における現行インプレッサスポーツおよびG4は2016年10月にデビューし、2019年10月にフェイスリフトを含むビッグマイナーチェンジが行われた。

 そんななか、ドイツスバルが突如、日本より先に、インプレッサスポーツにe-BOXERモデルを追加したと発表した。

 e-BOXERは、すでにXVやフォレスターに搭載されているマイルドハイブリッドで、145ps/19.2kgmの2L、水平対向4気筒に13.6ps/6.6kgmを発生する電気モーターを組み合わせている。

すでにXVやフォレスターに搭載されているe-BOXERがインプレッサに初搭載された

 ヘッドライトやテールライトはLEDが標準装備となり、L字型のメッキ加飾フォグランプベゼルなど、バンパー回りのデザインも変更され、新しい10スポークのアルミホイールも設定された。

 また、標準装備されるアイサイトは、衝突警報付きの緊急ブレーキシステムとアクティブ車線逸脱警報システムなどを組み合わせたもので、これに坂道での横転を防ぐ自動車両保持システムが加わっている。

 さて、今回ドイツスバルが発表した、インプレッサスポーツe-BOXERは日本では発売されないのか? 

 スバル関係者に話を聞いたが、日本ではe-BOXER比率(XV)が全体の7割に達する人気グレードとなっており、これを受けて日本にも昨年の年次改良から1年後、2020年9月に行われる年次改良でインプレッサスポーツにもe-BOXERモデルが追加される予定。

XVのe-BOXER比率は全体の7割と高いため、インプレッサスポーツにもe-BOXERが追加ラインナップされることになったようだ

【画像ギャラリー】新型クロストレック(日本名XV)と新型インプレッサを写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ