ライズとヤリスクロスどっちを選ぶ? バカ売れコンパクトSUV全面対決


コストパフォーマンス

 どちらも充分安いが、特に装備内容の近いライズZとヤリスクロスGの装備を揃えた価格差は3万円ほどしかなく、車格や安全装備&運転支援システムなども含めるとヤリスクロスの圧勝だ。

ヤリスクロスの価格表。Bパッケージを除いたX、G、Zには予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備

結論

 ハンドリングと乗り心地、安全装備&運転支援システムといったクルマの質、コストパフォーマンスを考えると、勝者はヤリスクロスと言わざるを得ない。

 ただ小ささなどライズのよさもあり、価格は据え置きで評価項目後半のクルマの質が向上すれば、ライズがヤリスクロスと迷える存在となる可能性は充分ある。

 またヤリスクロスも最近の元気なトヨタ車という点やヤリスから想像する期待値に届いていない部分があるのも事実なので、今後の改良に期待したいところだ。

【画像ギャラリー】2020年を席巻したトヨタのコンパクトSUV ライズ&ヤリスクロスの魅力を蔵出し画像で隅から隅までチェック!!

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ