ライズとヤリスクロスどっちを選ぶ? バカ売れコンパクトSUV全面対決


 2019年3月に復活したRAV4以来、ライズ、ハリアー、ヤリスクロスと、トヨタのSUV攻勢は凄まじい。

 どのクルマも順調に販売を伸ばしている中において、どちらも絶好調に売れているコンパクトSUVのライズとヤリスクロスは車格こそ相応に違うわりに価格は意外に変わらない。そのため迷う人も多いようで、当記事ではこの2台を徹底比較してみた。

文/永田恵一、写真/平野学、池之平昌信

【画像ギャラリー】2020年を席巻したトヨタのコンパクトSUV ライズ&ヤリスクロスの魅力を蔵出し画像で隅から隅までチェック!!


ライズは2019年11月デビュー

価格/167万9000~228万2200円

ダイハツロッキー(写真左)とトヨタライズ(写真右)。ライズのボディサイズは全長3995×全幅1695×全高1620mm

 2019年11月にダイハツ主導の開発体制で、ダイハツで販売される本家となるロッキーとともに登場したライズは乗用車ベースの登録車のSUVとしては最小クラスとなる5ナンバーサイズ(全長3995×全幅1695×全高1620mm)のモデルである。

 そういったモデルはライズ&ロッキーが登場するまではありそうでなかったのに加え、昨今のSUVブームも追い風となり、「いかにも売れそうなモデル」だ。

 実際に2020年12月までの月間販売台数ランキングでは新型コロナウイルス禍により生産が滞った4月の7位以外は1位3回、2位6回、3位2回と絶好調となっている。

 ライズはダイハツが現行タントから展開を始めたDNGAコンセプトを盛り込んだ第2弾となるコンパクトカー用プラットホームを使ったコンパクトSUVで、パワートレーンは1L3気筒ターボ(最高出力98馬力&最大トルク14.3kgm)+CVTを搭載。

 バリエーションは4グレードで、それぞれにFFと4WDが設定される。

ヤリスクロス

価格/1.5Lガソリン:179万8000~244万1000円、1.5Lハイブリッド:228万4000~281万5000円

ヤリス(写真左)とヤリスクロス(写真右)。ヤリスクロスのボディサイズは全長4180×全幅1765×全高1590mm

 2020年8月に登場したヤリスクロスは5ドアハッチバックのヤリスから採用が始まったTNGAコンセプトで開発されたBプラットホーム、3気筒エンジンやトランスミッションを使ったヤリスベースのコンパクトSUVで、コンパクトSUVのド真ん中となるモデルである。

 ヤリスベースと言ってもボディサイズは全長4180×全幅1765×全高1590mmと3ナンバー登録となるなど、ヤリスとは別のクルマに近い。

 ヤリスクロスは、2020年12月までに3万2590台を販売。8月31日発表だから9~12月の4カ月の販売となり、月販平均8148台と絶好調だ。

 パワートレーンは1.5L、3気筒ガソリンNA(最高出力120馬力&最大トルク14.8kgm)と1.5L、3気筒ガソリン+2モーターハイブリッド(フルパワーとなるシステム出力は116馬力)の2つだ。

 ライズと迷うのは安価でライズと近い価格となるガソリンモデルと思われるので、当記事では前者を中心にライズと比較していく。

 グレードは1.5Lガソリンが廉価版を含めた4つ、1.5Lハイブリッドが3つで、それぞれにFFと4WDが設定される。

次ページは : 使い勝手

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ