ランエボのルーツはここにある! ランサーEXターボ試乗【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】

 石油ショックの影響でWRC活動を休止していた三菱が、カムバックを果たしたのが1981年のシーズン。参戦車両は4G63、2Lターボだったが、市販車としてはG62B型1.8Lターボを搭載したランサーEXターボを1981年11月に発売した。このモデルこそが1990年代に黄金期を迎えるランエボのルーツとなるモデル。徳さんはこの“羊の皮を被った狼”をどう評価したのか? ベストカーガイドʼ82年1月号の試乗記を振り返ろう。

※本稿は1982年1月に執筆されたものです
文:徳大寺有恒
ベストカー2018年1月10日号「徳大寺有恒 リバイバル試乗」より
「徳大寺有恒 リバイバル試乗」は本誌『ベストカー』にて毎号連載中です


■“羊の皮を被った狼として現れた三菱・ランサーEXターボ

 私が経験したターボカーの中で、“スポーツ”としてベストはなんだろう? すぐに思い浮かぶのはポルシェであるが、正直いって911ターボも924ターボもあまり好きではない。それは、たしかに恐ろしく速いのだけれど。

 ポルシェ924カレラGTやカレラGTS/GTRは、たしかに純粋の“スポーツ”といえる。あれならターボ嫌いの私も文句ない。しかし、ほとんどのターボは快適で速いロングツアラーとしては認めても“スポーツ”とはいえないものが多い。

 これまで国産ターボカーもそれであった。そこへランサーEXターボが登場した。わずか1,000㎏そこそこのボディに1.8L 135馬力のターボユニットをコンバインした快速車だ。ランサーEXはどちらかというと大衆車に属するクルマだ。そのランサーEXに大パワーを与えていわゆる“羊の皮を被った狼”に仕立て上げるのは、古来より法則がある。

 大パワー(それもそのクルマのそれまでの性格からは考えもつかないくらいの大パワーがいい)を与える。次にシャシが負けてしまうからといってサスペンションを変えることはせず、バネレートを上げ、スタビライザーも追加、上質なダンパーを与える手段をとり、オーバーサイズのタイヤを与える。

 3番目は外装、内装である。タコメーターや油温計、オイルプレッシャーを与え、シートをバケットとし、装備を簡略化して軽量化を図る。外装はオーバーフェンダーとエアロフォルムを装着する。これがロードゴーイングカー、あるいは“羊の皮を被った狼”と呼ばれるクルマだ。

 その点、ランサーEXターボは教科書どおりだ。1.8Lターボエンジンはベースの1.8Lが100馬力、15.0kgmだからパワーで約35%、トルクで約33%アップと強力だ。

 このエンジンの中低速トルクはほかの国産ターボよりも秀でている。スロットルオフから再加速時に起こるターボラグだが、小型タービンのランサーEXターボはこれが短い。ただし、サーキットで走らせたり、ラリーを走ったりすると小型ターボはややマイナスになる。高回転域でのパンチに欠けるのだ。5,500回転まではまあまあとしてもそれ以上はついてこない。

 そのいっぽうで、一般公道で、一般ドライバーが走ると、このランサーEXターボは速い。パーシャルスロットル状態が多いからだ。

市販車としてはG62B型1.8ℓターボを搭載して登場。
市販車としてはG62B型1.8ℓターボを搭載して登場。

■スカイラインHT RSと筑波ラップは同タイム

 ランサーEXターボの筑波サーキットラップは1分17秒46だ。これはスカイラインHT RSと同じでスカイラインHT GTターボESの1分19秒89やセリカXX2800GTの1分18秒49よりも速い。これは硬められたサスペンションとアドバンHFタイプDタイヤによる。

 とにかくロールは最小で、常に安定したコーナリングフォースをとる。しかも、タイヤのグリップはとてもこれが公道用のタイヤとは思えないくらい高いから、スティアリングの応答性がすこぶるよい。

 大パワーと硬められたサスペンション、そして比較的限界の低いリアサスペンションの組み合わせは、LSDがついたことで、実に楽しいコンビネーションを見せる。

 アドバンHFDは、コーナリング中にトルクをかけると粘っこく滑り出す。それでカウンターを当て、なおもトルクをかけていくという寸法だ。私が昨年ホッヘンハイムサーキットでトライしたフォード/カプリターボが、まったく同様のクルマだった。とにかくランサーEXターボは“曲がり”に強いクルマだと評価したい。もちろん、そのいっぽうで乗り心地は代償を払わされる。ひどくはないが、かなり荒い。特に低速は辛い。それでも、私はいいじゃないかと思ってしまう。150万円を切る価格で、これだけ楽しめるクルマはそうはない。

 現在の日本のルールでは許されないが、15インチのアルミホイール&タイヤを装着し、樹脂のオーバーフェンダーを付ける、さらに車高もわずかに下げてトランクリッドにラバーのスポイラーでかなり、かっこよくまとまると思う。もちろん、ボディからはターボの文字をすべて取り去りたい。

◎ランサーEX1800GSRターボ
全長:4230mm
全幅:1610mm
全高:1385mm
ホイールベース:2440mm
エンジン:直列4気筒SOHC
排気量:1795c
最高出力:135ps/5800rpm
最大トルク:20.0kgm/3500rpm
トランスミッション:5MT
サスペンション:ストラット/4リンク
車重:1025kg
価格:149万2000円
※グロス表記

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】トヨタ直6モデル増殖計画|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! ついに公式発表されたマツダの直列6気筒エンジンが、トヨタ車にも搭載されるとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、2019年5月にデビューしたスープラ&マツダ3のデザイン…

カタログ