いきなり爆売れ新型ヴェゼル公道試乗!! 大人気で受注3万台!! ライバルよりここがすごい!!


隠れた逸材!! ガソリンモデルの運動性能は凄いぞ!!

 最後に乗ったのは、ガソリンGグレードの4WD、これが「隠れた逸材」だった。

 新開発の1.5L i-VTECガソリンエンジンは、先代モデルよりも出力は下げながらも(129ps/15.6kgfmから118ps/14.5kgfmへとダウン)、先代の素早く元気のあった特性から、リニアで扱いやすい特性へとセッティングを変更、フィットで採用された新開発のCVTのギアレシオも、フィットに対してローレシオ化(4.992から5.436)している。

 e:HEV 2WDよりもさらに軽い(ガソリン4WDは1330kg、2WDはなんと1250kg)こと、特にハイブリッドシステムが搭載されるフロント重量が減ったことで、回頭性に鋭さがあるのだ。

 また、サスセッティングが絶妙で、16インチタイヤ(215/60R16ダンロップENASAVE EC300)に合わせた緩めの足回りは、ボディモーションを感じながら、高い接地性でグイグイとコーナーを曲がっていく。高速直進性の高さもe:HEV 4WD並に高い。

 ヤリスクロスの4WDで感じた「自由自在なハンドリング」と同じ印象だ。同じシチュエーションでヤリスクロスに乗っていないので、直接比較をできないのが残念だが、少なくとも、アップダウンの激しいワインディングをヴェゼルガソリン4WDで走った感想は、「超」気持ち良かった。

 新型ヴェゼルは、受注の9割がハイブリッドらしいが、このガソリン4WDの運動性能は、新型ヴェゼルの全グレードの中で「TOP」だ。

1.5Lガソリンエンジンは、最高出力87kW(118ps)/6600rpm、最大トルク142(14.5)/4300rpm、2WDのWLTCモード燃費17.0km/L(市街地12.8、郊外17.7、高速19.2)を達成
215/60R16サイズの16インチタイヤを装着。メーカーはダンロップENASAVE EC300。また同サイズのハンコックタイヤ(KINERGYエコ2)も併用するそうだ

「先代のあの魅力」を受け継ぐのは大変だった…

 前出の明本氏によると、今回の新型ヴェゼルで、最も苦労した点は、後席シート下のパッケージングだったという。

 先代ヴェゼルは、荷室の使い勝手が秀逸であり、今回の新型でもその点はしっかりと受け継がれているが、低いフロアと後席のダイブダウンシート、そして大型化したバッテリーが重なってしまい、レイアウトにとんでもなく苦労したそうだ。

後席シートを折りたたんだ時に荷室が完全にフラットになる機構は、相変わらずお見事だ。このホンダのパッケージングの巧みさは世界一だと思う。

次ページは : コスパでは敵わない、しかし使い勝手はヴェゼルが上