大人気コンパクトSUVのロッキー&ライズ「本命のハイブリッド車」に感激試乗! 安くて速くて気持ちいい走りに大満足!!

大人気コンパクトSUVのロッキー&ライズに「本命のハイブリッド車」登場! 安くて気持ちいい走りに感激!!!

 2021年11月1日、人気コンパクトSUVのダイハツロッキー&トヨタライズに、エンジンで発電してその電力でモーターを駆動する、シリーズハイブリッド方式を採用したハイブリッドモデルと、新たに1.2Lガソリンモデルを追加するとともに、従来の1Lターボモデルは4WDモデルのみとするラインナップの変更を行った。

 e-スマートハイブリッドと呼ばれるこのシリーズハイブリッドシステムは、1.2LガソリンNAエンジンも含め、新たにダイハツが独自開発したもの。

 シリーズハイブリッドといえば、ノートやキックス、セレナに搭載されているe-POWERが真っ先に頭に思い浮かぶが、ダイハツのe-スマートハイブリッドはどこがどう違うのだろうか?

 今回、ロッキー&ライズのハイブリッド車と1.2Lガソリン車に徹底試乗! ワンペダルの走りは? 1Lターボと1.2LガソリンNAとの価格差は? コスパはいいのか? など多岐にわたって、モータージャーナリストの吉川賢一氏が解説する。

文/吉川賢一
写真/佐藤正勝、ダイハツ

【画像ギャラリー】コンパクトSUVトップクラスの燃費と伸びやかな加速!! ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズに新型登場!!(42枚)画像ギャラリー

■コンパクトSUVクラストップレベルのWLTCモード燃費28.0km/L

ダイハツ独自開発のシリーズハイブリッド、e-スマートハイブリッドを搭載したロッキープレミアムG HEV。28.0km/Lという低燃費と、重量税が免税となり、環境性能割非課税となるのも大きい。3万6900円+3万8400円お得!
1.2Lエンジンは発電用でその電力を使って100%モーターで駆動するシリーズハイブリッドを採用

 ロッキー&ライズはこれまで、2WDも4WDも、1L、直3ターボのモデルのみであったが、今回、2WDに新開発した1.2L直列3気筒NAエンジンと、そのエンジンを発電用としたe-スマートハイブリッドを設定。

 1.2Lエンジン、e-スマートハイブリッドとともに、ダイハツが独自に新開発したものだ。4WDはこれまで通り1L、直3ターボとするラインナップへと再構築された。

 エンジンを発電専用とし、100%モーターのみで駆動するe-スマートハイブリッドは、日産のe-POWER、そしてホンダのe:HEVと同じシリーズハイブリッド方式となる(e:HEVは高速走行時にはエンジン駆動となるが)。発電用エンジンが1.2L直列3気筒エンジン、という点も同じだ。

 また、日産の「e-ペダル」同様の、アクセルペダルだけでスピードコントロールできるワンペダルでの走行が可能な「スマートペダル」も採用。低速域でのクリープ走行も残しており、駐停車時などでギクシャクするような動きになりにくいように配慮されている。

 ダイハツの開発担当者によると、e-スマートハイブリッド開発にあたっては、先代のE12型ノートe-POWERを相当研究したとのことでサイズや排気量、スペックなども多分に影響しているという。

 日産ノートe-POWERのパフォーマンスを上回るよう、「燃費効率」を最優先に突き詰めてたそうで、その結果、ロッキーハイブリッドは、コンパクトSUVクラスではトップクラスとなるWLTCモード28.0km/Lを達成している。

 ちなみにE13型現行ノートe-POWERのWLTCモード燃費は28.4~29.5km/L、コンパクトSUVのキックスe-POWERは21.6km/L。

■各車のWLTCモード燃費
●ロッキー&ライズHV(2WD)1.2L、直3ガソリン+モーター(2WD)/28.0km/L
(82ps/10.7kgm+106ps/17.3kgm)
●ロッキー&ライズ 1.2L、直3ガソリンNA(2WD)/20.7km/L
(87ps/11.5kgm)
●ロッキー&ライズ 1L、直3ターボ(4WD)/17.4km/L
(98ps/14.3kgm)
●ノートe-POWER 1.2L、直3ガソリン+モーター/Fグレード:29.5km/L。S、Xグレード:28.4km/L
(82ps/10.5kgm+116ps/28.6kgm)
●キックスe-POWER 1.2L、直3ガソリン+モーター/全車WLTCモード燃費21.6km/L
(82ps/10.5kgm+129ps/26.5kgm)

 また、この発電用NAエンジンをそのまま使った1.2Lガソリンモデルも登場。こちらはWLTC モード燃費 20.7km/Lを達成、従来型1Lターボの18.6km/Lから約11%も改善している。

 ベースのガソリンモデルは商品力を引き上げながらも価格は抑え、上級のハイブリッドは付加価値を与えて高めの販価とする今回のロッキー/ライズの商品改良は、まさに王道の商品改良だ。

1.2Lの直列3気筒エンジンと駆動用モーターを組み合わせたe-スマートハイブリッドのユニット。狭い車幅に収めるため、エンジンが非常にコンパクトなのが印象的だった
4.3Ahの小型バッテリーは後席シート下に格納される。「バッテリーの寿命は?」と聞くと、10年10万キロは保証されるという回答であったが、バッテリー交換を要するほど劣化してしまう仕様にはなっていない、ということだった

■ガソリンNAでも不足を一切感じない加速パフォーマンス!!

ダイハツが新開発した1.2L、直3NAエンジンを搭載するライズ1.2L。すべて2WD仕様でライズはXが170万7000円、Gが185万7000円、Zが203万9000円。ロッキーの1.2Lの価格はLが166万7000円、Xが181万円、プレミアムGが205万8000円

 まず、新開発の1.2Lの直3 NAエンジン車のライズガソリン Z 2WDから試乗した。今回の商品改良で、2WDについては、これまでの1Lターボから、この1.2L直3NAへと入れ替えとなったため、ロッキー/ライズのラインナップのなかでは、この1.2L、直3NAの2WDが最も売れそうな気がする。

 ちなみに1.2Lガソリン車の価格は、Lが166万7000円、中間グレードのXが181万円、上級グレードのプレミアムGが205万8000円と、戦略的な価格設定となっている。

87ps/11.5kgmを発生する新開発のWA-VE型1.2L、直3NAエンジン。トランスミッションはCVT

 1.2L、直3NAエンジンは、以前1Lターボ車に試乗した時に感じた、あのパワフルなフィーリング(エンジンサウンドも含めてやんちゃだった)ではないが、流れの速い一般道でも、まったく不足のない加速パフォーマンスで、エンジントルクの出方がマイルドで扱いやすいのが特徴。

 アクセルペダルを踏み込むと、「ガー」というエンジンサウンドがよく聞こえるのだが、ロードノイズが比較的静かなこともあって、このエンジンサウンドが「加速フィールの演出」という捉え方もできる。

 今回試乗したグレード(Z)は、ガソリンの最上位グレードであったため、ACCとLKA、そしてオートブレーキホールド機能付き電動パーキングブレーキが標準装備となる。手動式のサイドブレーキがないことで、運転前後の負荷や信号待ちなどで負担が少なくなったことも好印象であった。

1.2LのライズZのコクピット。CVTのシフトレバー後方に電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドのスイッチがある
ロッキーのハイブリッド、1.2LガソリンNA、1Lターボ4WDのスペック比較
ライズのハイブリッド、1.2LガソリンNA、1Lターボ4WDのスペック比較

次ページは : ■路面をなめるようにスーッと進む感覚はとても気持ちいい!