熱いスポーツカーにこそ先進安全装備を… 新型BRZのアイサイトがすばらしい!!

熱いスポーツカーにこそ先進安全装備を… 新型BRZのアイサイトがすばらしい!!

 2021年に登場した新型車の中で最も意義深いモデルだと確信しているのが、トヨタGR86/スバルBRZだ。今後電動化が進む中、ピュア内燃機関の最後のスポーツカーと言える存在だからだ。

 このGR86/スバルBRZがこれからどれくらい新車の販売が続くのかはわからないが、中古車となってからも手頃な価格で買えるピュア内燃機関のスポーツカーとして色褪せないと考えている。

 スポーツカーのGR86/スバルBRZだが、6速AT車には運転支援システムの“アイサイト”が装着されている。50歳を超えるとスポーツカーのハンドルを握ってもアドレナリン全開で走れる時間は短く、高速ぐらいはノンビリと走りたくなるもの。

 そこで、今回はBRZ Sの6速AT車に試乗し、搭載されたアイサイトの実力を、アイサイトver.2を搭載した初代スバルXVオーナーだった筆者が検証してみた。

文、写真/萩原文博

【画像ギャラリー】現行型BRZ6速AT車の詳細を画像で紹介(17枚)画像ギャラリー

変速スピードを速めた6速AT車にはアイサイトが標準装備

BRZ6速AT車の走行シーン
BRZ6速AT車の走行シーン

 現行型BRZの注目ポイントは盛りだくさん。排気量が2.4Lへとアップした水平対向4気筒エンジンは、最高出力235ps、最大トルク250Nmへと出力向上を実現。さらに徹底した吸排気性能の強化とフリクション低減によって、レスポンスも素早くなり、滑らかに高回転まで吹け上がるフィーリングとともに、力強い加速を実現した。

 プラットフォームは先代のキャリーオーバーだが、スバルグローバルプラットフォームの開発から得たノウハウを採用。さらにインナーフレーム構造や構造用接着剤などによりボディを再構築している。

 その結果、先代モデルに対してフロント横曲げ剛性約60%、ねじり剛性を約50%向上、ハンドル操作への応答性を高めて、より軽快な動きを実現させると同時に旋回時のトラクション性能を向上させている。

 そして6速ATはトルクコンバーターを改良し、高出力化に対応しつつ、トップクラスの変速スピードを実現。さらにアダプティブ制御を進化させ、よりドライバーの感覚に合った自然な変速制御を実現しているのだ。

 そのうえ、運転支援システム「アイサイト」を標準装備となった。レヴォーグやアウトバックなどには最新鋭のアイサイトXを搭載しているが、BRZのシステムはアイサイトver.3がベースとなっている。

次ページは : ペダル操作はシステム任せだが、ハンドル操作はドライバーが行う

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ