ホンダ新型CR-Vには北海道の大地とカーフェリーとグルメがよく似合う!

 1995年に発売した初代CR-Vは、青春の匂いがするクルマでした。

 まだ「クロスオーバーSUV」という言葉を日本では誰も使っていなかった時代、「都市型クロカン」と呼ばれていた頃のCR-Vが大好きでした。

 どことなく愛嬌のあるスタイルと、使い勝手のいい室内のレイアウトで大ヒットした初代CR-V。それが2001年に2代目となり、2006年に3代目へ移行、2011年に4代目へチェンジするに至り、徐々にボディサイズが大きくなるにつれて人気も落ち、2016年には日本市場から撤退してしまいました。

 そんなCR-Vが2018年8月30日、日本市場に復帰。

 新型のボディサイズは全長4605×全幅1855×全高1690mm(4WD)。ライバルとなるハリアーやエクストレイルより少しだけ小さく、CX-5よりやや大きいサイズです。

 新型CR-Vの実力はいかほどか。かつての青春の匂いは残っているのか。

 その真価を実感するためには、街中から高速道路まで、じっくり乗れる環境で試すしかない。

 そこでどうせならと、2018年9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震の復興支援(主に食べて応援)もかねて、新型CR-Vを北海道にて試乗してきました!!

(※なお本稿はクルマの写真とクルマの話よりもグルメ情報のほうが存在感がある気がしますが、当サイトはあくまで自動車情報専門サイトです)

文:ベストカーWeb編集部 写真:中里慎一郎


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ