おいおい…燃費も国産並みじゃん!! 新型キャプチャー E-TECHハイブリッド登場! これぞ「走りのHV」大本命!?


 日本車の独壇場だったHVに思わぬ強敵出現!?

 ルノーは9月1日より新型キャプチャー E-TECH HYBRID(ハイブリッド)を発売。アルカナ、ルーテシアに続く同社3車種目の“フルハイブリッド”投入となる。

 これまで輸入車のハイブリッドといえば、モーターの存在感が低い、いわゆる“マイルドHV”が主体。プラグインハイブリッド車の投入も増えてきているものの、やはり燃費は国産勢優位。信頼性も含めて国産勢に総合性能では及ばないというイメージが根強かった。

 そんな折、投入されるのがキャプチャー E-TECHハイブリッド。売れ筋のコンパクトSUVとあって、国産勢ではトヨタのヤリスクロスやホンダ ヴェゼル、日産 キックスなどが競合となるが、果たして輸入ブランド唯一のフルハイブリッドはそれらの対抗馬となりうるのか? 初試乗で見えた実力をレポートしたい。

文/ベストカーWeb編集部、永田恵一、撮影/池之平昌信

【画像ギャラリー】走りの黒船HV登場! 新型キャプチャー E-TECHハイブリッドの内外装&走りをチェック(8枚)画像ギャラリー

キャプチャーにも輸入車唯一の“フルHV” E-TECHハイブリッドが追加

キャプチャー E-TECH HYBRID/全長×全幅×全高:4230×1795×1590mm、パワーユニット:1.6L直4エンジン(94ps/15.1kgm)+モーター(49ps/20.9kgm)、WLTCモード燃費:22.8km/L

 いやはや驚いた。ついに燃費も優れた“走りのHV”が輸入車にも登場したんですね! というのがキャプチャーE-TECHハイブリッドを試乗した偽らざる本音。大変失礼ながら正直に言って予想以上の驚きでした。……そんな走りと燃費の実力はこの後じっくりお伝えするとして、まずはモデルのポイントを改めて紹介していきたい。

 9月1日より発売される新型キャプチャーE-TECHハイブリッドは、ルノーが輸入車唯一のフルハイブリッドとして開発したパワーユニットを搭載した渾身のモデル。

 これまで1.2Lのガソリンターボエンジン車のみのラインナップとなっていたキャプチャーにとっても初のHV投入となり、国産ではヴェゼルやヤリスクロスなど競合ひしめく売れ筋のコンパクトSUVという立ち位置を考えても魅力的なテコ入れといえそうだ。

 肝となるE-TECHハイブリッドは、ルノー独自のハイブリッドシステムで、1.6Lの直列4気筒NAエンジンに、メインモーターとなる「E-モーター」とHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)という2つのモーターを組み合わせたユニット。

 そして最大の特徴は、エンジンとモーターをつなぐトランスミッションに「電子制御ドッグクラッチマルチモードAT」を採用している点。これにより「ダイレクトかつスムーズなドライブフィールと低燃費を実現した」とルノーも自信を持つ。

 WLTCモード燃費は22.8km/Lで、価格は374万円(レザーパックは389万円)となり、従来の1.2ターボ車で装備の近い「インテンス テックパック」と比べると、42万円高、カタログ燃費は5.8km/L低燃費といった具合だ。

キャプチャーでは初採用の10.2インチフルデジタルインストゥメンタルパネルを採用したE-TECHハイブリッドの内装

 装備面では従来モデルにない、バック時の安全性を高める「リアクロストラフィックアラート」と10.2インチのフルデジタルインストゥメンタルパネルの搭載がトピック。

 このほかにも、細かい点を見ればいろいろあるけれど、やはり最も気になるのは走りと燃費の本当の性能。ということで、ここからは走ってわかった長所と課題をさっそくお伝えしたい。

(文/ベストカーWeb編集部)

次ページは : キャプチャーHVの長所は「走りと燃費」

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ