水素エンジンはガソリンよりも乗りやすい! GRヤリス H2concept緊急試乗

水素エンジンはガソリンよりも乗りやすい! GRヤリス H2concept緊急試乗

 スーパー耐久選手権に「カローラH2コンセプト」が参戦して1年。「ラリー親方」こと自動車評論家 国沢光宏氏がGRヤリス H2conceptに試乗! パワーもトルクもベースとなるGRヤリスの1.6Lターボを上回るまでになったというが!? その真価と現在地を問う!

※本稿は2022年6月のものです
文/国沢光宏、写真/TOYOTA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年7月26日号

【画像ギャラリー】モリゾウも自らハンドルを握る! 試乗の様子、トヨタ公式による「GRヤリス H2concept」の画像を見る(14枚)画像ギャラリー

■水素タンクのリアシート部分への搭載が通常のGRヤリスとの唯一の違い

 トヨタがスーパー耐久レースで走らせている水素エンジンを搭載したGRヤリスの試作車に試乗した。

 写真を御覧いただいてもわかるとおり、左ハンドル以外運転席は通常のGRヤリスとまったく同じ。エンジンルームも同じ(編集部註:これらの写真については画像ギャラリーを参照ください)。リアシート部分に水素タンクを搭載しているのが唯一の違い。

 この状態で市販しても問題ないそうな。だからこそ水素エンジン車の販売を考えているのだろう。弱点は航続距離の短さだけらしい。

 エンジン始動も通常のプッシュボタン。短いクランキングで火が入る。ブリッピングしてみると、ガソリンエンジンより乾いた燃焼音です。

ラリー親方、GRヤリス H2conceptに試乗! 排気音は若干乾いたサウンドを放つ

 1速にシフトしてクラッチミートすると、しっかり低速トルクが出ており気持ちよ~く走り出す。アクセル全開にすると、やはり乾いた燃焼音だ。音質としちゃ高い。ガソリンを「ブー」だとすれば「カー」みたいなイメージです。

 トルク感は同等かそれ以上。絶対的な出力も同様と聞いた。

 少しばかり驚いたのは試乗車がラリースペックだったこと。前後LSD付き。サイドもバリバリに効く。

 貴重な試作車のため丁寧な扱いを要求されるかと思っていたが、特に制約なし。6千回転でリミッターを稼働させている程度。

 そんじゃそれなりに走らせてみましょう、ということで短い試乗コースながらパイロンでサイドターン決めてみた! けっこう走り込まれているらしく、サイドターン時のコントロール性よし!

 4WD車でサイドターンをした場合、流れを止めるのはアクセルです。駆動力掛けると横滑りから加速に移る。

 水素エンジンで「へぇ!」だったのがアクセル開けてからトルク出るまでのレスポンス。アクセル開けた瞬間にトルクが出る!

 後で聞いたら燃焼速度がガソリンの8倍と早いため、すぐパワー出るそうな。

 結果、コントロール性は抜群にいい。スーパー耐久レース仕様のカローラも乗りやすいと聞くけれど納得です。

●GRヤリスを100点とすると…GRヤリスH2conceptは150点!!!
※クルマの出来ではなく意欲の評価。

■カローラクロスで市販か?

 エンジンの信頼性はレース参戦で上がったが、市販となると2人乗りがネックとなる。

 SUVのカローラクロスならリアシートと荷室の下にMIRAIの3本目のタンクを配置することで、居住性と積載力が確保できる。

 さらにレイアウトを追究することで、本気で市販を考えているようだ。

カローラクロス H2concept
タンク配置の様子
【画像ギャラリー】モリゾウも自らハンドルを握る! 試乗の様子、トヨタ公式による「GRヤリス H2concept」の画像を見る(14枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ