ミニバン天国に黒船来襲? プジョー「リフター」は日本製ミニバンより凄いのか?

ミニバン天国に黒船来襲? プジョー「リフター」は日本製ミニバンより凄いのか?

 2020年秋に日本導入となったシトロンベルランゴはシトロエン販売の約50%を占める一躍MPVのベストセラーモデルとなった。そのベルランドの兄弟車がプジョーリフターだ。そして2023年1月、シトロエンベルランゴ、プジョーリフターに待望の3列7人乗りのロングが発売となった。はたして日本製ミニバンの脅威となるのか、プジョーリフターロングに徹底試乗!

文/ベストカーWeb編集部、写真/中里慎一、ストランティスジャパン

■一躍輸入車MPVのベストセラーに輝いたシトロエンベルランゴ&プジョーリフター

2020年秋に日本導入となった5人乗りのプジョーリフター
2020年秋に日本導入となった5人乗りのプジョーリフター

 2020年秋に登場した、2列5人乗りのシトロエンベルランゴ&プジョーリフターは、独自の世界観で高い支持を獲得、ベルランゴはシトロエン販売全体の約半数を占めるほどのベストセラーモデルにのし上がった。

2023年1月に発売されたシトロエンベルランゴロング
2023年1月に発売されたシトロエンベルランゴロング

 2022年1月、そのベルランゴ&リフターに、待望の3列7人乗りミニバンのベルランゴロング(443万3000~455万4000円)と、プジョーリフターロング(GT、455万円)が加わった。

2023年1月に発売された、3列7人乗りのプジョーリフターロング
2023年1月に発売された、3列7人乗りのプジョーリフターロング

 今回、プジョーリフターロングを試乗する機会を得たので紹介していきたい。

 約1年前、5人乗りのシトロエンベルランゴが大ヒットしていると聞いた時、日本のミニバンはもう飽きられているのかなとさえ思ったのも事実。確かにデザインも新鮮だし、なによりもオシャレ。ボディカラーもシートもコクピットも、プラスαを求める30~40代にはピッタリだと感じた。ミニバンを買う要素として、乗降性のよさや工夫されたシートアレンジだけじゃないんだよと突き付けられたようにも思えた。

 しかし、2列5人乗りでミニバンじゃないからね……という、逃げがあった。そして、ついにその時がやってきた。そう、3列7人乗り仕様が出てしまったのだ。ベルランゴ&リフターの3列7人乗り仕様が欲しかった人にとっては、やっと出たか、と待ちわびていた人も多いことだろう。

ボディサイズは全長4760×全幅1850×全高1900mm。リアドア後方が伸びているのがわかる
ボディサイズは全長4760×全幅1850×全高1900mm。リアドア後方が伸びているのがわかる

 エクステリアを見ると、2列目以降がビヨーンと伸びていて、写真で見ると「長いな」と呟くほどだが、実際に見るとそれほどでもなかった。

 ボディサイズは全長4760mm(5人乗りリフターGTから+355mm)、全幅1850mm(同サイズ)、全高1900mm(同+20mm)、ホイールベース2975mm(同+190mm)。車両重量は1700kgでリフターから+50kgに抑えられている。

 サイズ感がよくわからないので、アルファードやノアと比較してみた。アルファードは全長4950×全幅1850×全高1950mm、ノアが全長4710×全幅1735×全高1870mm(グレードによって違うがいずれも車種の最大サイズ)だから、リフターロングは全長がノアより少し大きい程度、幅はアルファードと同じ、全高はアルファードとノアの中間といった感じなので、デカ過ぎるというほどでもない。

 エクステリアは細長いヘッドライトを持つベルランゴに対して、リフターはお馴じみの牙状のデイタイムランニングライトが組み込まれたヘッドライトとライオンマーク入りのグリルが特徴。

 ベルランゴにはボディサイドにエアバンプが設けられているが、リフターはSUVテイストを演出する樹脂製サイドモールとフェンダーアーチが装着されている。そのほか、ルーフレール形状やリアライト、エンブレムの取り付け位置など細かいところが異なっている。

次ページは : ■コクピット、肝心の3列7人乗りシート配列は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します