3列目&荷室が一番広い!! 定番ミニバン 使い勝手で選ぶ優良車

 ファミリー層を中心に根強い支持を受ける、3列シートミニバン。なかでも売れ筋は全高1800mm超のスライドドアを備えたクラスで、ボディサイズの割に車内が広い。3列目シートを含めた居住性は快適で、3列目を畳めば大きな荷物も積みやすい。2列目シートの両側に装着されたスライドドアは、開閉時にドアパネルが外側へあまり張り出さず、狭い場所でも乗り降りがしやすい。

 日産 セレナに、トヨタ ヴォクシー/ノア、ホンダ ステップワゴンの3強が鎬を削る同クラスのミニバンは、日常生活の中で便利に、快適に使える機能を備えることから人気を高めた。読者の皆さんが選ぶ時も、同乗者に優しい後席の広さと座り心地、シートアレンジなどに注意していただきたい。

文:渡辺陽一郎/写真:藤井元輔


人気の秘密はプロパイロットだけじゃない!! セレナの高い基本性能

セレナの全長×全幅×全高は
セレナ ハイウェイスター。全長×全幅×全高は4770×1740×1865mm

 冒頭で紹介したミニバンの人気車のひとつが日産 セレナだ。初代モデルはミニバンの先駆的な存在として1991年に発売。以来26年間にわたり好調に売れている。

 2016年に発売された現行セレナは、歩行者を認識できる緊急自動ブレーキや、カメラを用いたスマートルームミラーなどの先進安全装備が充実しており、国が定める予防安全性能アセスメントの最新試験項目で満点を獲得するなど、高い安全性能を有している。これは大切な家族を載せるミニバンとしては大事な要素だ。

 エンジンは直列4気筒の2Lで、実用回転域の駆動力に余裕があるから、車両重量に見合う加速性能を発揮する。

 また、幅広いグレードに『スマートシンプルハイブリッド』が搭載され、エコモーターが減速時を中心にした高効率な充電を行う。エンジン駆動の支援も行われ、JC08モード燃費は16.6~17.2km/Lに達する。スマートシンプルハイブリッドは価格が割安で、車両価格はノーマルエンジン車とほとんど変わらないほか、バッテリーが小型なため、荷室を犠牲にしないことも大きな特徴だ。

 このようにセレナは走りの基本性能を高めながら、ミニバンで重視される多人数乗車時の居住性、荷物の積載性、シートアレンジの使い勝手を徹底的に追求した。

3列目の「広さ」で最も優れるモデルは?

身長169cmのモデル、橘知衣代さんが座っても充分な広さを誇るセレナの3列目
身長170cmのモデルさんが座ってもセレナの3列目は膝元スペースにも余裕がある

 特にセレナの室内空間は、標準ボディが5ナンバーサイズに収まるミニバンでは最も広い。このメリットがよくわかるのは、多人数で乗車した時だ。

 一般的にミニバンの3列目シートは、1/2列目に比べて居住性が低下するが、セレナは足元空間が十分に広い。とりわけ3列目にスライド機能を備えた仕様では、スライド位置を後端に寄せると足元の余裕を大幅に拡大できる。

 身長170cmの大人6名が乗車して、2列目に座る乗員の膝先空間を握りコブシ2つ分に調節すると、その後ろの3列目に座る乗員の膝先には、握りコブシ2つ半以上の余裕が生じる。ライバル車のトヨタ ヴォクシー/ノアとホンダ ステップワゴンで同じ測り方をすると、3列目の膝先は両車ともに握りコブシ2つ分。従ってセレナの膝先空間が最も広い。

 しかも、セレナの3列目は、座面の奥行寸法(前後寸法)にも余裕を持たせて480mmを確保した。ヴォクシー/ノアの435mm、ステップワゴンの415mmに比べて大幅に長く、座面が膝の裏側までしっかりと支える。

■“最も使われる”2列目の居住性にも美点

3列目と助手席に人が空間を最低限確保したうえで、2列目の足もとは広い空間を確保
3列目と助手席に人が座れる空間を確保した状態でも、2列目の足もとは広い空間を確保

 このようにセレナの3列目シートは、頭上と足元の空間、座り心地の両方でライバル車を上まわり、着座位置の高さなども適度だから最も快適だ。1/2列目のシートは、シートがさらに大きくなって座り心地も一層快適になる。ミドルサイズのボディは視界や取りまわし性も優れているから、セレナは運転のしやすさと多人数乗車時の快適性を両立させた。

『荷物』の積載性能で優れるミニバンは?

狭い駐車場で重宝するハーフバックドア
狭い駐車場で重宝するハーフバックドア

 ミニバンで大切な使われ方に、荷物の積載も挙げられる。セレナは全高1865mm(2WD)に達する背の高いボディを備え、荷室高も1483mmでタップリとしている。この数値もライバル車を上まわり、3列目を格納して自転車を積む時も、天井や格納された3列目シートに干渉しにくい。

 3列目は左右に持ち上げて格納するが、低い位置で操作できるから扱いやすく、斜め後方の視界も遮りにくい。

 リヤゲートには、上側だけを開閉できるハーフバックドアを内蔵した。背の高いミニバンのリヤゲートは上下方向の寸法が長く、開閉時には後方へ大きく張り出す。縦列駐車をしているような時は開閉が困難になるが、セレナのハーフバックドアなら簡単に開閉できるから、狭い場所でも荷物の出し入れがしやすい。

 広い車内を便利に使える機能として、セレナはライバル車以上にシートアレンジを充実させた。例えば2列目の中央部分には長いスライド機能が装着され、1列目の中央まで移動させると収納設備として使える。

 この時は2列目の中央に空間ができるため、2/3列目の間を移動しやすい。3列目に座った乗員がスライドドアから乗り降りする時も便利だ。

 そして2列目には左右方向に動かすスライド機能も備わり、中央に寄せると、2列目シートを後方へ大きくスライドできる。3列目の足元空間を大幅に広げることが可能だ。このようにセレナであれば、工夫次第でさまざまな使い方を楽しめる。

写真は2列目+3列目のフルフラットモード。ロングドライブの休憩にも使えるアレンジだ
写真は2列目+3列目のフルフラットモード。ロングドライブ時の休憩にも使えるアレンジだ

運転手だけでなく同乗者に嬉しい装備も

スマホの充電に使えるUSBポートは2、3列目にも装備
スマホの充電に使えるUSBポートは3列目にも装備されている

 すべての乗員の快適性を高めるため、装備も幅広く充実させた。スマートフォンなどの充電が行えるUSB電源ソケットは、すべての乗員が使えるよう車内の6箇所に配置している。グレードに応じて、2/3列目の乗員が使えるパーソナルテーブルも、1/2列目シートの背面に装着した。

 乗降性にも配慮され、2列目のシートベルトは背もたれに内蔵している。そのため、2列目の乗員がいても、3列目に座る人が乗り降りしやすいなどのメリットもある。

 以上のようにセレナは、すべての機能をユーザーの目線で作り込んだ。車を日常的に使うさまざまな場面で、セレナならではの配慮を実感できるだろう。販売店の試乗車で確かめてみたい。

モデル:橘知衣代(オスカープロモーション)

最新号

ベストカー最新号

総勢40台超! 誌上モーターショー2018 ベストカー11月10日号

 2018年10月10日、「ベストカー」最新号(11/10号)が発売。今号は誌上モーターショー2018と題し、イタルデザインが手がけ日本初公開となった「GT-R 50 by italdesign」の生写真、そして国産8メーカーの今後世に出る…

カタログ