驚きのアイディアで死角なし!! 業界初リア2カメラを備えた新しいタイプの3カメラドラレコ


 今やドライブには欠かせないドライブレコーダー。ユピテルから新発売のmarumie Y-3000 / Z-300は、新発想の3カメラが特徴。

 フロントカメラは高画質でクリアに前方の映像を記録。リアにはなんと前後にカメラが取り付けられ、死角なく走行中の映像が記録可能なのだ!

文/ベストカーWeb編集部
写真/池之平昌信、ユピテル【PR】

【画像ギャラリー】新発想の3カメラ! ユピテル新発売のドライブレコーダーを画像でチェック(13枚)画像ギャラリー

■ユピテル独自発想の新ドラレコ登場!

ユピテル全方面3カメラドライブレコーダーmarumie Y-3000(カー用品量販店販売モデル)/Z-300(カーディーラー専売モデル)

 ユピテルから注目の新製品「marumie Y-3000(カー用品量販店販売モデル)/Z-300(カーディーラー専売モデル)」が新登場した。

 「全方面3カメラドライブレコーダー」と名づけられたこの製品の特徴は、フロントカメラユニットに前方用、リアデュアルカメラユニットに前方と後方用の2台、合計3台の高画質なカメラを搭載していることだ。この3台のカメラで前後・左右・車内を広範囲にカバーすることができる。

今回のテストに使用したトヨタカローラツーリング。セダンよりもリアウィンドウが後方にあるため、撮影できる範囲が広い

 車内にはルームミラーに加えて安全運転支援システムが搭載されることが多く、取り付け位置が限られている。

 リアデュアルカメラの恩恵として、フロントカメラをコンパクトに設計できるのでドライバーの視界を遮ることがなく、取り付けの自由度も高いのだ。

■リアデュアルカメラで左右と後方をカバー

3カメラで前後・左右・車内を記録/200万画素のカメラを合計3つ搭載する。フロントカメラで前方を撮影し、リアカメラの前側で車内と左右の様子を記録できる。そしてリアカメラの後側で背後の様子が撮影できる。ユピテルの専用ソフトによって3つの映像を同時に再生しながら確認することが可能だ

 Y-3000 (以下、Y-3000と記載の箇所はZ-300のことも含む)の大きな特徴は、リアデュアルカメラだ。通常リアカメラユニットは後方を撮影するだけとなっているが、Y-3000は前方と後方にそれぞれ2台のカメラを搭載している。

 前方を撮影するカメラは、車内とクルマの左右の映像を記録することができる。例えばクルマと並走する自転車や歩道の歩行者などをカバー。また交差点では、左右から接近するクルマの様子が撮影可能だ。

フロントカメラの背面には2インチの液晶パネルを搭載。3カメラで撮影した映像をその場で確認することが可能だ。各種設定もこの液晶で確認しながらできる

 既存の製品で、前方からドライバーの左右をカバーする360度タイプのドライブレコーダーがあるが、これには大きな弱点がある。

 仕組みとしては、魚眼レンズによって周囲をまとめて撮影するのだが、例えば前方の画像など必要な部分を取り出すと、全方位を撮影した画像の一部を切り出すことになる。その結果、たとえ高画質なカメラを採用していたとしても、切り出した画像は低画質となってしまい、不鮮明なのが欠点である。

歪みの少ない高画質なフロントビュー/200万画素のフロントカメラによって精細な映像が記録される。信号の色やナンバープレートもばっちりだ

 しかし、Y-3000はすべてのカメラ映像を200万画素で撮影しているため、鮮明な画像の取り出しが可能だ。さらにすべてのカメラが高感度センサーSTARVISを搭載しているため、夜間でも鮮明に記録できる。

ユピテルならではの独自のアイディアが、このリアカメラユニットの前方に取り付けられたカメラだ。フロントカメラには収まらない横方向の映像が撮影可能だ。交差点では横から迫る車も撮影できる。もしもの事故の時には、フロントカメラの映像とあわせることによって他車の様子が再現可能

 薄暗いトンネル内や深夜の住宅街といった悪条件でも問題なく使うことができるのだ。この機能は、夜間駐車記録など防犯目的で使用する際にも心強い。

3カメラとも高感度センサーSTARVISを搭載しているため、夜間の映像でもナンバーがしっかりと確認できる。映像が不鮮明になりがちな薄暗いトンネルの中や深夜の住宅街などでも頼りになる。夜間駐車記録を撮影する際にも鮮明な記録が可能だ

 リアデュアルカメラは、後方の防備も万全だ。後ろのクルマが異常接近し、いわゆるあおり運転を行うと、ドライバーに注意喚起してその映像を自動保存してくれる。この動画はプロテクトされるので、上書きによって消えるようなことはない。

リアカメラユニットの後方のカメラで、背後から迫るクルマの映像がくっきりと撮影可能。後方のクルマが急接近して車間が縮まると、自動的にイベント録画が始まる

 なお、Y-3000には安全ドライブサポート機能として、「前方車接近警告」「車線逸脱警告」「前方車発進警告」などが搭載されているので安心して使うことができる。

 3つのカメラが撮影する映像についての詳細は、下記の動画をぜひチェックしてほしい。ドライバーの左右までカバーする撮影範囲の広さが実感できるはずだ。

 


 これから年度末にかけて新車が売れるシーズンとなるが、大切な人を守るためにも、この高機能なドライブレコーダーの装着をおすすめしたい。ぜひユピテルのホームページをチェックしよう!

ユピテル marumie Y-3000

Yupiteru marumie Y-3000
オープンプライス/実勢価格 4万7080円(税込)
・記録解像度:3カメラすべて200万画素
・ディスプレイ:2インチ
・安全運転サポート:後方異常接近記録・警告、前方車接近警告、車線逸脱警告、前方車発進警告
・主要機能:STARVIS対応、駐車記録時にタイムラプスモード・動体検知モード対応、最大128GBのSDカードに対応
製品ホームページ https://www.yupiteru.co.jp/sp/y-3000_z-300/

横断歩道を渡る自転車の様子をmarumie Y-3000で撮影
リア車内カメラでは右から近づいてくる様子がかなり手前から撮影できる
広角な前方カメラでも自転車が渡る様子がはっきりわかる
【画像ギャラリー】新発想の3カメラ! ユピテル新発売のドライブレコーダーを画像でチェック(13枚)画像ギャラリー