インプレッサ、スイフト……2016年新車 ベスト&ワーストモデルチェンジは?


片岡英明のワーストFMC……NSX

 プロパイロットを採用して注目を集めた日産のセレナは安全装備に関していま一歩の頑張りが欲しかったというのが率直な印象。

 欧州勢がすばらしいものを出しているだけに、もう少し実用的で安心して使えるものを出してほしかった。そうすれば、もっと高い評価を獲得できたはずだ。

 セレナ以上に残念だったのは、鳴り物入りで登場したNSXである。

 初代モデルは軽量化に並々ならぬ努力を払っていた。今度のNSXはハイブリッドシステムを採用したこともあり、クルマが重い。また、デザインもインパクトを欠くなど、スーパーカーとしてのオーラが感じられないのが弱点だ。

片岡英明のワーストFMC『NSX』 ■選出理由…初代に比べて重くなってしまった点、スーパーカーとしての存在感も弱い

 片岡英明の進化度評価

インプレッサスポーツ&G4 82点
スイフト 82点
セレナ 77点
フリード/フリードHV 75点
CX-5 75点
NSX 72点
フリード+/フリード+HV 70点
パッソ/ブーン 65点

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ