新型eKスペースは安全で快適な“いい軽”なのか? 家族&若い世代も喜ぶ!?


 6年ぶりにフルモデルチェンジした三菱のスーパーハイトワゴン『新型ekスペース』が、2020年2月6日に発表され、3月19日から発売される。eKスペースは、今回も日産と共同開発されている。

 ラインナップは標準ボディが『eKスペース』、デリカD:5やeKクロスと同様のダイナミックシールド顔を採用したSUVスタイルの『eKクロススペース』という2種類となる。

 今回は、ファミリーユースが想定される新型eKスペースを家族目線(という設定)で紹介していきたい!

※本稿は2020年2月のものです
文:ベストカー編集部/写真:平野 学、奥隅圭之
初出:『ベストカー』 2020年3月10日号

【画像ギャラリー】家族にも若い世代にもフィットするeKスペース! ”いい軽”の詳細を紹介!!


■eKazoku(いい家族)がeKスペースに遭遇!

 三菱『eK space(スペース)』の「eK」は「いい軽」の意味。冗談ではなく本当の話。その新型が登場したばかりだが、標準のeKスペース以上に注目されているのがeKクロススペースのデザイン。デリカD:5、eKクロスに続きダイナミックシールド顔をまとう。ほら、写真のとおり。

標準車のeKスペースと、SUVスタイルのeKクロススペースの2タイプがある。2019年登場したeKクロス(左)も格好いいが、eKクロススペース(右)もなかなかの顔だ。eKクロスはタテ目がヘッドライトだが、eKクロススペースは上部のヨコ目がヘッドライト
左から「eKスペース(NA)」「eKスペース(ターボ)」「eK X(クロス) スペース」。ホイールベースが先代より65mm伸びて2495mmに。タイヤが四隅に置けて、安定感と踏ん張りを感じさせる

 そのeKクロススペースに吸い寄せられるように近づいてきたのが、都内在住のeKazoku(いい家族)の4人。

「軽スーパーハイトワゴンなのにSUVぽいデザイン。初めてかもね」(パパ)
「室内が広そう。子どもの着替えもできそうね」(ママ)

 そう、eKクロススペースは他社ライバルにはないSUVに振ったスタイルで「先代のカスタムという名称に決別した」(三菱側)というほど力を入れたモデルだ。

「この力強い顔とアウトドアテイスト、僕ら男性陣もつい惹かれちゃうよ」(パパ)
 パパさんが言うように、好奇心旺盛で何かを始めたいという人に刺さるのです。

■ママも喜ぶ使って嬉しい装備は?

 また、ママさんの感想どおりこのモデルは広い!

 2019年春誕生したeKクロスに採用された新開発プラットフォームが土台となり、考え抜かれたパッケージングが自慢。後席スライドドアの開口幅が650mm、後席スライド長が320mmなど、“4つのTOPクラス”がある。TOPクラスの開口部なのでチャイルドシートへの乗せ降ろしがラクだし、1400mmある室内高は子どもの着替えもラクラク。ママさん、大正解!

eKスペースの後席。身長175㎝の担当が座ってもこの広さ。この状態から後席をスライドすると……
後席を最大320㎜スライドした状態。足元に広い空間ができる。スライドレバーも操作しやすい位置に

 先代にはなかったマイルドハイブリッドが全車に搭載。これもウリ。eKクロスと同じシステムで、それを愛車にする三菱デザインマネージャー・大石聖二氏は「アイドリングストップ時からの再始動が静かで、走りだしの加速もアシストする感覚。必要以上に踏まないので燃費に貢献しますよ」と実感を述べる。

「走りが快適なのはわかったけど、それ以外の快適装備はないの?」(ママ)
 あります。後席に風を送るリアサーキュレーター、先代はナノイーだったが新型はプラズマクラスターへと進化。空気清浄や脱臭などの効果がある。

後席上のサーキュレーターはプラズマクラスターを採用
切り替えにより「デジタルルームミラー」も使える

 ほかにも、スマホが充電できるUSBポートが前席裏にあるなど、室内は工夫の宝庫。さらに、ボディ下に足先を入れるだけでドアが開く、ハンズフリーオートスライドドアも。快適ですよ。

次ページは : ■「マイパイロット」搭載など安心を乗せて走る

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ