アウディQ3&アウディQ3スポーツバックが新登場!! 着こなすライフスタイルSUVへ


FFのガソリンか四駆のディーゼルか

 パワートレインの設定は、Q3シリーズで共通。ガソリン車ならFFとなり、クリーンディーゼル車なら4WD「クワトロ」となる。

 ガソリン車となる「35 TFSI」モデルは、1.5Lの直列4気筒DOHCターボエンジンを搭載し、最高出力150ps/5000~6000rpm、最大トルク250Nm/1500~3500rpmを発揮する。

 燃費性能を高めるべく、気筒休止機能「シリンダーオンデマウンドシステム」を備える。燃費消費率は、Q3が14.2km/L、Q3スポーツバックが14.3km/L(共にWLTCモード)となる。

 クリーンディーゼル車となる「35 TDI」は、2.0Lの直列4気筒DOHCターボエンジンで、最高出力150ps/3500~4000rpm、最大トルク340Nm/1750rpm~3000rpmを発揮。

 ディーゼルならではの高トルクを活かし、4WDと組み合わせながら、燃費消費率は15.4km/L(WLTCモード)と優秀だ。

 トランスミッションは、全車で7速DCTとなる「7速Sトロニック」を組み合わせている。

Q3の初導入した2.0Lクリーンディーゼルターボ。低回転からの高トルクはSUVには、最適だ

アウディもクーペSUVを加速させる!?

 全面刷新されたアウディQ3は、質感や機能性を高めたこと。そして日本でも大きすぎないサイズであることから、更なる支持を集めると見られる。そこで注目されるのが、新たに登場したQ3スポーツバックの活躍だ。

 アウディSUVは、ラージサイズのQ8が登場したことで、クーペSUVというジャンルに切り込んだ。

 その第2弾といえるのが、Q3スポーツバックな訳だが、名称をスポーツバックとしたことは、Q3の美点を最大限活かしたクーペSUVであるという意気込みとも受け取れる。

 様々なモデルが登場した輸入車クーぺSUVだが、意外とコンパクトクラスは限定的だ。またBMW X2よりも大きく、メルセデス・ベンツGLCクーペよりも小さいサイズは実用的でありながら、日本の道路事情にもマッチする。

 しかも価格もGLCクーペよりもぐっと身近なのだ。Q3との価格差も小さめなこともあり、販売比率は高めとなりそうだ。

アウディSUVの将来にも影響を与えると思われる「Q3スポーツバック」。欧州ブランドが熱心に取り組むクーペSUVにアウディも本格参戦か!?

【画像ギャラリー】第2世代は選ぶ楽しさアップ!アウディQ3&Q3スポーツバッ

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

それでも軽トラLOVEなのか!? ああ! LOVEだわさ!  斬新なタイトルですが、企画内容はいたっ…

カタログ